【就職難易度】大阪メトロ(Osaka Metro)の倍率は20~100倍!

大阪メトロ

大阪市高速電気軌道、あるいは大阪メトロ(Osaka Metro)の新卒採用の倍率は、事務系総合職が約100倍、技術系総合職が約50倍、プロフェッショナル職が約20~30倍と推定。就職難易度はそれぞれ「最難関」「やや難」「ふつう」に該当。

採用人数は、総合職が20人前後、プロフェッショナル職が70人前後。

JR3社と比較すると大幅に少ない人数。私鉄としては多くも少なくもない範囲だが、それでも大手企業としては大幅に少ない人数。したがって、入社が困難な企業と判断。

書類選考、そして1次面接から最終面接まででほとんどは落とされ、内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系総合職 ★★★★★ 50倍、かなり難
事務系総合職 ★★★★★+ 100倍、最難関
プロフェッショナル職(運輸系専門職) ★★★★ 30倍、やや難
プロフェッショナル職(技術系専門職) ★★★ 20倍、ふつう

大阪メトロ(Osaka Metro)の各職種の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒と仮定。

最も激戦なのは事務系総合職。幹部候補であり、しかも専攻分野の制限がないことで、特に供給過剰(応募者数が募集人数を大きく超過する状態)な傾向が見られる。

《参考:鉄道会社の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

総合職

総合職という括りでも、実際には理系限定の技術系と、文系を中心とする事務系で区分される。

就職難易度は「事務系>技術系」という構造。

技術系

技術系総合職

大阪メトロ(Osaka Metro)の理系を対象とする技術系総合職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍程度と推定。

基本的に機械系、情報系、建築系などの理工学系の学部学科を対象とする。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

ただし、採用人数も若干名にとどまる。採用そのものがない年度もある。

こうした背景を考えると、就職難易度は「かなり難」、倍率はおよそ50倍と判断。

理系の就職事情としては極めて入社が困難な企業といえる。

事務系

事務系総合職

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。

このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など。これらだけでもかなりの数になる。

鉄道に興味関心のある学生だけでなく、インフラ業界などの安定した企業を目指す学生も殺到することもあって、数ある企業の中でも特に応募者数が多い。

こうした事情から、大阪メトロ(Osaka Metro)の事務系の倍率は100倍と推定。就職難易度は「最難関」との表現が妥当と判断。

プロフェッショナル職

鉄道会社の現業部門にあたるプロフェッショナル職は、下記のコースに分かれる。

  • 運輸系専門職(駅員・車掌・運転士)
  • 技術系専門職(保線、車両、電気、土木等)

就職難易度は「運輸>技術系専門職」という構造。

運輸系専門職

大阪メトロの乗務員

大阪メトロ(Osaka Metro)のプロフェッショナル職のうち、運輸系専門職 (駅員・車掌・運転士)の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

事務系総合職と同じく、専攻分野の指定はない。全学部全学科を対象とする。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など。

鉄道に興味関心のある理系学生はかなり多い。駅員・車掌・運転士などになりたいという学生は相当な数にのぼり、就職難易度は「やや難」、倍率はおよそ30倍と判断。

技術系専門職(保線、車両、電気、土木等)

保線作業を実施する技術系専門職(プロフェッショナル職)

技術系専門職(保線、車両、電気、土木等)の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。同じ専門職でも、駅員・車掌・運転士とは対照的に内定獲得が難しい。

募集の対象とする専攻分野は下記の通り。

電気系、土木系、建築系、機械系の技術系専門職部門に携わるコースだが、鉄道に興味関心のある学生はまだまだ多く、理系の多くは技術サービスに応募。

それでも、対象となる学部学科が限られていることもあって、駅員・車掌・運転士ほどの倍率にはならない。

こうした事情から、大阪メトロ(Osaka Metro)の技術サービスの倍率は20倍と推定。就職難易度は「ふつう」との表現が妥当と判断。

他社と比較して

大阪メトロ(Osaka Metro)と併願する会社となるのは、おそらくJRグループまたは関東私鉄ではないか。

他社と比較した場合、基本的に就職難易度はほとんど同じ。

《参考:大阪メトロ(Osaka Metro)の採用大学を公開

鉄道会社と比較

JR西日本

併願先となる鉄道事業者の具体例を挙げるなら、下記の企業だろう。

  • JR西日本
  • 阪急電鉄
  • 京阪電気鉄道
  • 近鉄

いずれも大阪メトロ(Osaka Metro)を応募する学生たちの併願先となりやすいところ。

前述の通り、就職難易度は各社で異なるものの、西武鉄道と大差ないと感じる。

採用人数

大阪メトロ(Osaka Metro)の過去3年間の採用人数の実績は下記の通り。

新規採用者数(新卒)
総合職  プロフェッショナル職
2018年度  15名      50名
2019年度  17名      104名
2020年度  20名      85名

マイナビ2022「大阪市高速電気軌道(株)」

総合職は約15名前後、プロフェッショナル職は70名前後で推移。

なお、プロフェッショナル職は大卒のみならず、短大卒、専門学校卒も採用の対象としている。


広告

おすすめ記事