大阪メトロ(Osaka Metro)の採用大学を公開

大阪メトロ(Osaka Metro)の採用大学は、京大、大阪大、神戸大、大阪市立大、兵庫県立大、関大、関学大、同志社大、大阪工業大、大阪産業大、大阪樟蔭女子大、大阪商業大、大阪女学院大、大阪電気通信大、京都女子大、神戸女学院大、奈良女子大、佛教大、桃山学院大、立命館大、京産大、近大、龍谷大、青学大、中央大、早稲田大など。

総合職では難関大学への偏りがあり、学歴フィルターの傾向が見られる。

プロフェッショナル職(現業職)は偏差値は不問。いわゆる「Fランク大学」からも採用実績がある。


主な採用大学

大阪メトロ(Osaka Metro)

大阪メトロの主な採用大学は以下の通り。

<大学院>
大阪大学、大阪市立大学、関西大学、九州大学、京都大学、神戸大学、筑波大学、東京工業大学、名古屋大学、和歌山大学

<大学>
青山学院大学、岩手大学、大阪大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪樟蔭女子大学、大阪商業大学、大阪市立大学、大阪女学院大学、大阪電気通信大学、お茶の水女子大学、関西大学、関西学院大学、京都大学、京都産業大学、京都女子大学、近畿大学、神戸大学、神戸女学院大学、国士舘大学、宝塚大学、中央大学、都留文科大学、同志社大学、奈良女子大学、兵庫県立大学、広島文化学園大学、佛教大学、名城大学、桃山学院大学、立教大学、立正大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学

出典:マイナビ「大阪市高速電気軌道(株)」

上記の採用実績校はマイナビにて公開。なお、上記は総合職・一般職いずれも含む。

《参考:鉄道会社への就職で有利/不利になる大学! 学歴フィルターを考察

近畿地方の大学が主流

近畿地方

毎年30人程度の採用人数があるが、総合職・プロフェッショナル職それぞれ15名ほど。

総合職・プロフェッショナル職いずれも近畿地方の大学が多め。

大阪メトロで最も偏差値が低い大学は、採用実績校一覧では学習院大学。これでもGMARCHの1校。

上記の採用実績校からは、大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」があるとは言えない。

京大、阪大、神戸大など近畿圏の最上位大学から、大阪産業大学、大阪電気通信大学、桃山学院大学などの下位大学まで並んでいる。

職種ごとの採用大学の傾向

大阪メトロのプロフェッショナル職

次に各職種ごとの採用大学の傾向について。

特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルター。

一般的な企業では、学歴フィルターは総合職>プロフェッショナル職の構図。

これは他の鉄道会社でも同じ。

<主な鉄道会社の採用大学の参考例>

総合職は学歴フィルター有り

大阪メトロの総合職で採用事例が多い阪大

総合職は幹部候補の社員の採用ということもあって、出身大学はハイレベル。学部学科に関係なく旧帝大、早慶上智クラスばかり。

具体的には、京大、阪大、神戸大、九大、名大、東工大、筑波大、大阪府立大、大阪市立大、同志社大、早稲田大、慶応義塾大など。

MARCH、関関同立クラス、あるいは上位国公立に当たる大阪府立大学、大阪市立大学などがボーダーライン。

日東駒専・産近甲龍クラスの大学からの採用はゼロに近い。地方国公立大学でも若干名いる程度にとどまる。

よって、大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」があると推測できる。

給料水準が最も高い職種だが、それと同時に学歴も高いのが総合職と言える。

プロフェッショナル職は大学名不問

学歴フィルター無し

プロフェッショナル職は旧帝大・早慶上智限定というわけではない。偏差値に関係なく、幅広く採用されている。

関関同立から産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)、摂神追桃(摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学)。

単純に学生数が多い近畿地方の大学からの採用が多くなる。

これは、JR西日本やJR東海のプロフェッショナル職でも同じ傾向。

おすすめ記事