SMBC信託銀行の倍率は10~20倍! 採用大学と就職難易度

SMBC信託銀行

SMBC信託銀行(プレスティア)の新卒採用の倍率は総合職で約20倍、地域限定コースで約10倍と推定。就職難易度はそれぞれ「ふつう」「やや易」に該当。

三井住友銀行こそは知っている大学生が多いものの、SMBC信託銀行はあまり知られていない。三井住友フィナンシャルグループ傘下の子会社という立ち位置なこともあって、やや不人気。

院卒・大卒いずれも大きな違いはない。同じメガバンク系列の三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行に比べてもやや難易度は下がる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★ 20倍、ふつう
地域限定コース ★★ 10倍、やや易

総合職、地域限定コースの就職難易度はこのような形になる。

どちらかと言うと、前者の総合職の方が人気度が高い。ゆえに、就職難易度はいずれも高く、かなりの倍率になる。

倍率および就職難易度は親会社の三井住友銀行に比べるといずれのコースでも低め。

社名が「三井住友」ではなく、「SMBC」になっていることも多少影響しているかもしれない。

※「三井住友信託銀行」とは別会社。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

総合職

総合職の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もある総合職の就職難易度は、SMBC信託銀行の花形となる職種である。

一方、前述のように三井住友フィナンシャルグループの子会社のため、総合職とはいえそこまで難しいというほどではあに。

金融業の中でも信託銀行に就職したいと考えている学生が応募者の中心。誰でも受けてくるわけではない。

ただ、給料が最も高い職種であることも影響。40歳前後では1,000万円に達する。

こうした事情から、三井住友銀行の総合職の倍率は20倍と推定。就職難易度は「ふつう」との表現が妥当と判断。

地域限定コースは倍率10倍、難易度は「やや易」

兼松の事務職(一般職)

地域限定コースの就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

前述の総合職は全国転勤が存在する一方、地域限定コースはエリア限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。

したがって、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

基本的にはずっと支店での勤務になりやすいこともあって、地域限定コースを敬遠する人も少なくない。

ゆえに、就職難易度は「やや易」、倍率は約10倍と判断。

エリア限定採用でもは女性社員の割合は大きい。男性はかなり少ない。

採用大学

SMBC信託銀行の採用大学は以下の通り。

採用大学

東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、一橋大学、東京工業大学、神戸大学、東京外国語大学、千葉大学、筑波大学、横浜国立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、国際基督教大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、日本大学、東洋大学、近畿大学、甲南大学、南山大学、西南学院大学、福岡大学

SMBC信託銀行での採用実績校は非公開。

各大学のホームページにて掲載されている就職先実績で確認できる限りでは、上記の大学が該当。