【会社別】鉄道事業者の年間休日を一覧化! 全体的に少ない

鉄道事業者

鉄道事業者の年間休日は104~120日。他の業界と比べるとかなり少ない日数。インフラ企業でも、電力、ガス、通信などに比べて大幅に劣る。

細かくみていくと、JRグループは112日ほど、私鉄は総合職で120日、現業職で104日と分かれる。


主な鉄道事業者の年間休日

鉄道事業者 年間休日
JR東日本 114日
JR東海 120日
JR西日本 119日
JR九州 110日
JR四国 120日
JR北海道 112日
JR貨物 108日
東武鉄道 112日
西武鉄道 104日
西武ホールディングス 120日
京王電鉄 104日
小田急電鉄 126日
東急(総合職) 120日
東急電鉄 104日
京浜急行電鉄 104/120日
相模鉄道(相鉄) 104日
京成電鉄 104日
首都圏新都市鉄道 122日
東京モノレール 111日
東京メトロ 120日
阪急電鉄 104日
阪神電気鉄道 104日
阪急阪神ホールディングス 120日
京阪電気鉄道 104日
京阪ホールディングス 120日
近畿日本鉄道 104日
近鉄グループホールディングス 120日
南海電気鉄道 104日
大阪メトロ 104/120日
山陽電気鉄道 104日
京福電気鉄道 104日
大阪モノレール 122日

※京浜急行電鉄、大阪メトロは現業部門が104日、総合職が120日。

《参考:【階級別】年間休日の目安とは!? 日数ごとにランク分けすると!

大まかな傾向

鉄道事業者の年間休日は全体的に少ない傾向。《年間休日の平均日数を業種・会社規模ごとに調査!

世の中全体では、年間休日の平均日数は120日とされている。1年間にある土曜日+日曜日+祝日+年末休暇を合計した日が120日前後。

「完全週休2日、祝日・年末休暇」という会社なら、最低でも120日には到達するため、どこかで休みがないということになる。

鉄道会社の場合は年中無休のため、カレンダーに関係なく出勤することとなる。

1か月間に休みが8日という場合が主流。つまり、カレンダーから祝日や年末年始分を取り除いた日数が年間休日になる。

JRグループは各社で対応が異なる

JRグループ

JRグループは元国鉄で、30年超前に民営化して誕生したものの、年間休日はバラバラ。

  • JR東日本:114日
  • JR東海:120日
  • JR西日本:119日
  • JR九州:110日
  • JR四国:120日
  • JR北海道:112日
  • JR貨物:108日

JR東海とJR四国は120日、JR西日本は119日と鉄道会社の中でも特に休みが多い。

JR東日本は114日、JR北海道は112日で、これら2社は並み。

JR九州の110日、JR貨物は108日と、これらはかなり少ない水準。

私鉄は総合職と現業職で異なる

私鉄

私鉄の場合は、総合職と現業職では年間休日の日数が異なる傾向。

総合職の休日は、土曜日、日曜日、祝日、そして年末年始が主流。カレンダー通りの勤務になりやすい。

現業職はカレンダーに関係なく、4週間で8日間の休日がある。

年末年始などの長期休暇はないため、年間休日が少なくなりがち。

おすすめ記事