【要注意】リクルーター面談の服装は基本的にスーツ!

リクルーター面談の服装に関する注意点

就職活動のリクルーター面談の服装は、特に指定なしの場合はスーツが基本。本格的な面接と同じと考えてよい。

仲には「私服でお越しください」という指定がある場合がある。この場合は、カジュアルシャツにジャケット、ズボンはチノパンが好ましい。

なお私服指定の場合には、企業側から服装について明確な指示が入っているということでスーツで行くのは好ましくない。


リクルートスーツが基本

企業からの服装に関する指示 着るべき服装
指定なし リクルートスーツ
スーツ リクルートスーツ
私服 オフィスカジュアル

服装は社会人の世界では完全に第一印象が決まる。大学生でも就活の場合に特に気をつけておきたい内容。

リクルーター面談とは、名目上は選考活動ではないこともあるが、実際のところは選考の一環。正規ルートか裏ルートかの違いでしかない。

企業側から服装の指定があった場合は、必ずその指示に従うことが必須。

指定なしならスーツ

リクルートスーツ

「スーツでお越しください」と案内メール等に書かれてあれば、面接などと同じようにリクルートスーツを着ていくことが求められる。

特に指定がない場合も同じようにリクルートスーツで行くのが原則ルール。

服装に関する指定なし=スーツ

このように捉えてよい。

面談とはいっても相手はサラリーマンで、マナーなどはあまり問われない学生とは違う。社会人としてのルールやマナーを守って臨まないと、本当は優秀な人材なはずのところを低評価されてしまう。

リクルートスーツとは?

リクルートスーツとは、就活のためのスーツで、色は黒または紺。

洋服の青山、スーツのAOKIなどが大々的に販売している。

イオンなどの大型スーパーでも販売されている。

ワイシャツ・ブラウスは白色

そして、リクルーター面談で重要な服装の要素がもう1点存在。ワイシャツ・ブラウスの色。

就活で着用するのは白の無地が基本。

白の無地は印象的に清潔感があり、他の色や柄と比べて最もフォーマルな色ということで好印象を与えやすい性質があるのが理由。

薄い青色、グレー、ピンクなどの有色シャツは禁止と考えてよい。ストライプやドット柄が入っているのも禁止。

私服を指定されている場合

原則オフィスカジュアル

上に着るもの:シャツ+ジャケット・カーディガン

下に着るもの:チノパン・スカート

企業によっては、リクルーター面談では私服を指定されているところもある。

電話やメールで事前に「当日は私服でお越しください」と言われている場合は、スーツはOUT。

就活生にとっても悩んでしまうポイントなのが、私服を指定された時ではないだろうか。

注意しなければならないのが、だからといって、どんな服装もよいというわけではない。

私服はさらに第一印象を判断する要素。就活として相応しいものでなければ低評価の原因になる。

実際のところ、私服を指定する場合は「服装検査」の意味を込めている場合がある。

オフィスカジュアルが基本

オフィスカジュアル

私服なら「オフィスカジュアル」と呼ばれる服装が基本。

定義としては、以下のように記載されている。

「オフィスカジュアル」とは、“オフィスワークにふさわしいカジュアルファッション”のこと。かっちりしすぎず、キレイめに着崩すのがポイント。基本的には、シャツやブラウスにジャケットを羽織り、シンプルなパンツやスカート、パンプスを合わせるのがベター。

引用:airClosetStyle「【コレで安心!】オフィスカジュアルの基本ルールとNGチェックリスト

オフィスカジュアルとは、「カーディガンまたはジャケット+シャツ+パンツまたはスカート」という服装。