【理系編】学歴フィルターの基準! 就職で問われる出身大学

理系の学歴フィルターの基準

理系の学部学科に所属する人たちの就職における学歴フィルターの基準について。出身大学で有利・不利が決まる学校名の具体的な目安を考察する。

人気度が高い大手企業での新卒採用の選考では、文系と同じく難関大学に所属する学生が有利になる。中途採用でも傾向は同じになる。

ただ、理系の人口は文系と比べて少ないことから、必ずしも偏差値が上位レベルの大学の人たちだけが通るというわけではない。中堅レベルでもチャンスは十分にある。


理系の学歴フィルターの基準

理系学生の具体的な大学別の「学歴フィルター」の基準は以下の表のような感じになる。国公立と私立それぞれで分けてみるとこうなる。

 国公立大学 私立大学
最上位 旧帝大  早慶上智
上位 主要都市の国立大 MARCH・関関同立・東京理科大
中の上 地方国公立 学習院大、成蹊大、南山大
 中堅 公立単科大学 日東駒専・産近甲龍
<ボーダーライン>
下位 該当なし 大東亜帝国・摂神追桃
Fランク 該当なし その他、無名大学

文系・理系を問わない学歴フィルターの基準はこちらで解説する。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

理系学生の場合は需要と供給の関係から、就活中の学生側にとってはややメリットが大きい・

旧帝大・早慶上智は楽勝

理系の旧帝大卒の就職

難関大学に分類される具体的な学校は、国公立であれば旧帝大クラスである。

<学歴フィルターを余裕でクリア>

  • 旧帝大=東京大、京都大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、東京工業大、神戸大
  • 早稲田大、慶応義塾大、上智大

東京・京都・北海道・東北・名古屋・大阪・九州がいわゆる7帝大に入る。これに加えて東京工業・一橋・神戸の3校を合わせて「旧帝大+3」というグループに入る。

私立の難関大学といえば、早稲田・慶應義塾・上智の3校である。こちらもまた学歴フィルターは余裕でクリアできるレベルであり、旧帝大と肩を並べる。

いずれの大学も理系のみならず文系でも学歴フィルターは余裕でクリアできる。出身大学としての価値はかなり大きい。

もし仮に超大手企業にエントリーしてみたものの、書類選考の段階で不採用になった場合、その原因は学歴フィルター、つまり大学名ではない。ESの内容に理由があると考えられる。

割合的には面接にまで進める人が多く、スタートの段階では優秀だとみられやすい大学である。

上位ランクも良好

MARCH、関関同立の理系の就職事情

上位ランクに入る東京理科大

上位ランクに来るのは、国公立大学であれば大都市周辺に立地する学校になる。東京と大阪周辺は全体的に偏差値が高い傾向にある。

また、政令指定都市に立地する国公立大学もこの「上位」に分類される。具体的には、以下のような大学がここに分離される。

 国公立大学 私立大学
東日本 千葉、筑波、埼玉、横浜国立、横浜市立、首都大(都立大)、新潟、お茶の水女子 明治・青学・立教・中央・法政(MARCH)、学習院、東京理科
中日本 名古屋市立、名古屋工大、静岡 該当なし
西日本 大阪府立、大阪市立、京都府立、広島、金沢 関西・関学・同志社・立命館(関関同立)

大都市圏の国公立大学では、旧帝大までは偏差値が高くないものの、駅弁大学と呼ばれる地方の国公立大学より偏差値が高いところが「上位」に区分けされる。

私立大学では、MARCH、関関同立クラスの各大学がここに入る。さらに、東京理科大や学習院大学などもここに分類される。

文系は最大手企業だと難しくなる可能性が否定できないが、理系だと特に工学部、理学部系は学歴フィルターでは概ねクリアできる。

大学別でのネームバリューで不利になる立ち位置になることはほとんどないと考えてよい。

>>MARCHは就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

>>関関同立なら就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

中の上レベル

中の上レベルとは。国公立大学は地方部の県庁所在地に立地する大学(駅弁大学)が該当する。大都市圏から離れていることもあって、若干就職事情は下がる。

私立大学では、学習院大学、成蹊大学、南山大学辺りがここにランクインする。MARCH、関関同立クラスよりも一歩下がるため、就職事情のイメージも若干下がる。

文系の場合だと出身大学で完全にエントリーシートの可否を決めているような会社だとアウトになることが予想される。

一方の理系は異なる。技術職の人材確保が少しでも余裕がないところでは、積極的に選考を行おうとする。この辺りの大学の学生にも門戸開放するところが文系より多い。

>>地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

中堅レベル

 公立大学 私立大学
東日本 北見工業大、室蘭工業大、公立はこだて未来大、秋田県立大、前橋工科大、長岡技術科学大 日本大、東洋大、駒沢大、専修大、東京都市大
中日本 豊橋技術科学大、石川県立大 中部大、中京大、名城大、愛知工業大
西日本 公立鳥取環境大学、高知工科大 京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大

中堅レベルの大学群を代表するのが首都圏の日東駒専、近畿圏の産近甲龍である。偏差値は高くはないが低くもないというレベルになるだろう。

公立大学では、地方の小規模の学校がこの辺りにランクインする。日東駒専・産近甲龍の各校と比べると知名度は大都市部では小さいものの、公立という点で評価が維持されやすい。

理系の就職では、最大手企業の一部以外では学歴フィルターでアウトになる可能性は低い。

理系人材の人手不足の背景があるため、門戸開放がされやすい。過剰気味の文系とは対照的に有利に働くことも。

学歴フィルターの理系編としては、大手企業への就職では中堅レベルの大学群がボーダーラインの目安と考える。

ここから下位クラスの大学だとさすがに理系でも大手では出身大学の名前が不利に働くかもしれない。

>>日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

超大手企業で問われる理系の出身大学

超大手企業の理系の学歴フィルター

理系の学生にとっても、就職が難しい企業の特徴は文系と同じ。人気の会社はどちらでも変わらない。

TVCMを放映しているような超大手企業だと、学歴フィルターの基準は上の表が1つの目安になると考える。

もちろん、すべての会社がこのような目安を実施しているわけでなく、具体的な明文化された基準は存在しないのは事実である。

それでもマクロで就活市場を見てみると、上場企業かつ業界トップに君臨する有名企業だとこうなる。

難関大学に分類されて学力が高いと評価された大学生が内定を獲得できる傾向は確かにあり、書類選考での出身大学による分別もあるのは無視できない。



広告

おすすめ記事