ロームの採用倍率は10~20倍程度、職種別の就職難易度も考察

ローム

ロームの大卒・院卒の新卒採用の倍率はおよそ10~20倍。職種別では事務系が約20倍、技術系が約10倍くらいと推定。

就職難易度は事務系が「ふつう」、技術系が「やや易」に該当。一般職は事務系に準ずる。

採用人数はここ数年は100~150人前後で推移。内訳は事務系が約60人、技術系が約90人。会社の知名度がやや低いこともあって、応募者が大幅に殺到するわけではない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系(文系) ★★★ 20倍、ふつう
技術系(理工系) ★★ 10倍、やや易

ロームの事務系・技術系新卒採用の就職難易度はこのような形になる。

募集状況から、事務系の方が技術系よりも就職難易度が高く、倍率が上がりやすい。

ただし、総合電機メーカー他社(特に日立製作所・ソニーなど)に比べると、同じ東証一部上場企業としては文系・理系ともにやや倍率が低め。

《参照:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

採用人数は確かに少ないものの、応募者数もまた少ない。エントリーシートを実際に提出するのは、電機メーカーを目指している学生でも一部に限られるだろう。

技術系の倍率は10倍、難易度は「やや易」

技術系の就職難易度はやや易

技術系の就職難易度は全社採用で「やや易」レベル。倍率は約10倍と推定。院卒、大卒いずれもほぼ同水準。

仕事内容は以下の通り。

  • 研究開発
  • LSI商品開発
  • 個別半導体技術開発(ディスクリート半導体、光半導体、電子部品)
  • 製造技術開発
  • 生産システム(装置)開発
  • 情報システム開発
  • 品質保証

ロームの中では最も給料が高い職種。他社では、総合職である限りは事務・技術どちらも同じ体系のところがほとんどだが、ロームはそれぞれで異なる。

応募できるのは理工学系の学部学科に所属している学生に限定。募集要項でも「電気・電子、機械、情報、物理、化学・材料など」が1つの募集の目安とされている。

理系という括りの学部学科でも機械系、情報系の専攻が主な対象者で、生物・バイオ系では残念ながら採用の対象ではない。

こうした点から、推定倍率は約10倍が限度で、就職難易度は「やや易」という表現が妥当ではないか。

各部門ごとの就職難易度

ロームの技術職の各部門ごとの就職難易度は以下と予想。

部門 就職難易度
研究開発 やや易
LSI商品開発 やや易
個別半導体、技術開発 やや易
製造技術開発 やや易
生産システム、装置開発 やや易
情報システム開発
品質保証 やや易

上記はあくまでも個人的な見解ではあるものの、対象となる専攻分野や仕事内容の人気度から考えると、このようになるだろう。

事務系は倍率が20倍、難易度が「ふつう」

倍率が約20倍の事務系

事務系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。営業系と管理系が該当。

  • 営業
  • 生産管理
  • 人事
  • 総務
  • 調達、経理、法務、知的財産
  • 広報・宣伝
  • 環境管理

採用人数は毎年60人ほど。技術系と比較して大幅に少ない。

一方、ロームの事務職に応募できる条件上で学部学科の限定はない。営業でも管理部門でも「全学部全学科」と募集要項に記載されている。

このような条件により、事務系では不特定多数の学生がエントリーしてくる。理系限定のような制限がないことで、応募者が殺到して倍率が増加。

実際に応募してくる学生は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など様々だが、文系人口は大きく、これも競争激化に拍車をかける。

こうした事情から、ロームの事務系の倍率は20倍と推定。就職難易度は「ふつう」との表現が妥当と判断。

各部門ごとの就職難易度

ロームの事務系(営業、管理系職種)の各部門ごとの就職難易度は以下と予想。

部門 就職難易度
営業 やや易
生産管理 ふつう
人事、総務、調達 ふつう
経理・IR ふつう
法務、知的財産 やや易
広報・宣伝、環境管理 ふつう

同様にあくまでも個人的な見解ではあるものの、対象となる専攻分野や仕事内容の人気度から考えると、このようになるだろう。

エリア限定職(一般職)

ロームのエリア限定職(一般職)

ロームのエリア限定職(一般職)の就職難易度は「ふつう」。倍率は総合職と同じく約20倍程度と推定。

各職種ごとの難易度は以下の通り。

部門 就職難易度
事務 ふつう
受付 ふつう

事務・受付のどちらも志望人数の差はほとんどないと思われる。

なお、エリア限定職(一般職)は多い部分の社員が女性社員。男性はかなり少ない。

おすすめ記事