【採用大学】ロームの実績校を一覧化、学歴フィルターに関しても

ロームの採用大学は、東大、京大、阪大、名大、九大、早大、大阪府大、大阪市大、岡大、広大、金沢大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、関西大、関学大、同大、立大、東京理科大、静岡大、宮崎大、九工大、京都府大、三重大、神戸市外大、滋賀大、滋賀県立大、島根大、長岡技術科学大、日大、芝工大、大工大、愛知大、名城大、近畿大、甲南大、京都女子大、同志社女子大、立命館アジア太平洋大、龍谷大、京産大、関西外国語大学など。

難関大学に偏った「学歴フィルター」は若干存在する傾向があるが、完全にあるレベルではない。

東証一部上場企業の中ではそれほど知名度が高いわけではなく、電機メーカー大手のような形ではない。


主な採用大学

ローム

ロームの主な採用大学は以下の通り。

<大学院>
大阪大学、大阪工業大学、大阪府立大学、大阪市立大学、岡山大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、神戸大学、芝浦工業大学、静岡大学、上智大学、中央大学、東京大学、東京工業大学、東京農工大学、東京理科大学、同志社大学、長岡技術科学大学、奈良先端科学技術大学院大学、日本大学、広島大学、宮崎大学、名城大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学、京都工芸繊維大学

<大学>
愛知大学、愛知淑徳大学、青山学院大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪市立大学、大阪府立大学、大谷大学、大妻女子大学、岡山大学、金沢大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、九州大学、京都大学、京都女子大学、京都ノートルダム女子大学、京都府立大学、近畿大学、甲南大学、神戸市外国語大学、神戸松蔭女子学院大学、神戸女学院大学、神戸女子大学、滋賀大学、滋賀県立大学、静岡大学、島根大学、昭和女子大学、中央大学、同志社大学、同志社女子大学、名古屋大学、広島大学、三重大学、武庫川女子大学、明治大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、早稲田大学、京都産業大学

出典:マイナビ「ローム(株)」

上記の採用実績校は、各大学の就職先を示したナビサイトにてロームが明記されている大学。

参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

大学ランク別の採用実績校

大学ランク帯 採用実績校
S 東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、早稲田大
A 大阪府立大学、大阪市立大学、岡山大学、広島大学、金沢大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、東京理科大学
B 静岡大学、宮崎大学、九州工業大学、京都府立大学、三重大学、神戸市外国語大学、滋賀大学、滋賀県立大学、島根大学、長岡技術科学大学、奈良先端科学技術大学院大学
C 日本大学、芝浦工業大学、大阪工業大学、愛知大学、名城大学、近畿大学、甲南大学、京都女子大学、同志社女子大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、京都産業大学、関西外国語大学
D 愛知淑徳大学、昭和女子大学
F 大阪学院大学、大阪経済大学、武庫川女子大学、京都ノートルダム女子大学、神戸松蔭女子学院大学、神戸女学院大学、神戸女子大学

ロームの採用実績校を大学ランク帯ごとに分類すると、上記のようになる。

S,A,B,Cランク帯までの大学が多く並んでいるが、偏差値が低いD,Fランク帯も並んでいる。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

若干「学歴フィルター」あり

ロームの新卒採用で内定獲得を目指す大学生

毎年150人前後の採用人数があるが、上記の採用実績校からは難関大学出身者が目立つ。

ロームでは学歴フィルターが若干だがあるかもしれない。全員ではないとはいえ、偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生だと、書類で落とされる可能性が上がる。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)

※国公立は大都市部立地、私立はMARCH、関関同立以上

GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)からの採用もある。

一方、在籍する学生が多いマンモス校である日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラス、南山大学、あるいは愛愛名中(名古屋都市圏の中堅私大)からもある程度の採用がある。

本当に学歴フィルターがある企業であれば、これらの大学からの採用事例はほとんどないはず。100%高学歴で占められているわけではないのがわかる。

職種ごとの学歴

技術、営業は高学歴ばかりか

学歴重視になりやすい技術職、営業・管理職

文系でも他社でいう「総合職」に該当する営業、管理系の職種は高学歴に偏りやすい。

仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

理系を対象とする技術系職種も下限は中堅大学ではないか。同じく高度な仕事内容であることが影響。

国公立大学であれば、大都市部の上位校ばかりでなく、「駅弁大学」と呼ばれる地方の大学からも多数の採用がある。

私立は早慶からMARCH・関関同立、そして日東駒専・産近甲龍、中堅の工業系私大かまで。

一般職は学歴不問

学歴不問の一般職

一方、一般職は大学名は関係ないと思われる。

仕事内容が一般事務や受付などで、業務内容は総合職ほど高度ではないことが影響。

大東亜帝国、摂神追桃クラスの大学群からも採用されるだろう。エントリーシートの時点で在籍する大学名だけで落とされる可能性は低い。

むしろ、早慶上智、旧帝大からの採用例が少ない可能性もある。

おすすめ記事