産近甲龍の序列を順位にすると!? ランキングにしてみた!

産近甲龍

産近甲龍と呼ばれる4つの大学群の序列を順位化すると「近畿大学>龍谷大学>京都産業大学>甲南大学」の順番になる。ただし、偏差値のレベル、知名度、就職のしやすさの点でランキングにすると、総合判定とは異なる。

関西圏では、関関同立よりはワンランク下、摂神追桃の上という立ち位置。首都圏では日東駒専と同じランク帯。

世間一般ではいずれも同じ程度のレベルで、そこに所属する学生としての身分は同じと捉えられやすい。

確かにその差はわずか。それでも詳細に見れば、若干ではあるが優劣の差は存在する。最も、この順番は気にするほどの問題ではなく、気分的な問題として重要かもしれない。


産近甲龍の序列

中堅大学に当たる産近甲龍

産近甲龍の序列は以下のようになる。

  1. 近畿大学
  2. 龍谷大学
  3. 京都産業大学
  4. 甲南大学

微妙なラインとしては、龍谷大学と京都産業大学が学部によっては順番が入れ替わる。ただ、総合的に見るとこのようなランキングが出来上がる。

近畿大学が首位、甲南大学が最下位なのはほぼ固定と考えてよい。

なお、かつては同じ産近甲龍でも順番は、特に1990年頃は「甲南大学>京都産業大学>龍谷大学>近畿大学」という順番だった。

現在の序列は大幅に入れ替わっているのがわかる。

参考:私立大学の序列とは!? レベルごとの「階級」を順位化

近畿大学

近大

受験者数日本一を誇る近畿大学は、産近甲龍では序列で第1位。関西、あるいは西日本の中堅大学の代表的な存在。

養殖マグロ「近大マグロ」で全国的に有名なこともあって、近年は難化して偏差値が上昇。龍谷大学・京都産業大学・甲南大学の3校より一歩リード。

東大阪市にある本部キャンパスには法学部、経済学部、経営学部、文芸学部、総合社会学部、理工学部、建築学部、薬学部が所在。

近鉄大阪線長瀬駅から徒歩10分程度のアクセスのため、立地面でも恵まれている。

農学部は奈良キャンパス、医学部は大阪狭山キャンパス、生命理工学部は和歌山キャンパスとこれらはやや大阪市中心部からのアクセスが不便だが、メジャーな学部の立地が良いことで偏差値も高め。

一方、工学部は広島県東広島市(広島キャンパス)、産業理工学部は福岡県飯塚市(福岡キャンパス)に立地。近畿地方から遠く離れた地域になることで、学生から不人気。偏差値も東大阪キャンパスの各学部よりも低い。産近甲龍の中でもやや低めの数値になる。

なお、「早慶近」という早稲田大学・慶応義塾大学・近畿大学をまとめた大学群も存在するようだが、偏差値の面では早慶レベルには遥かに及ばないのは言うまでもない。

龍谷大学

龍谷大学は仏教系の私立大学。「実学教育」と「人格の陶冶」を建学の精神とし、教育の目的として「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人を育成することにある。」と掲げている。

深草キャンパス、大宮キャンパスは駅から徒歩5~10分と立地も良く、電車のみで通学できることで交通の便が良い。

しかし、理工学部・社会学部・農学部がある瀬田キャンパスはJR琵琶湖線(東海道本線)瀬田駅からバスで10分ほどのため、徒歩移動が難しい。交通の便が悪い。

受験生から人気になるほどの話題はない。ゆえに、近畿大学よりは難易度が下がり、世間一般のイメージも低め。

京都産業大学

開校が1965年と比較的新しいのが京都産業大学。

コロナウイルスによる自粛が呼び掛けられる中(緊急事態宣言が発令される以前)でゼミやサークルの懇親会を開催したことで集団感染したことで問題になった。

ただ、偏差値の面では産近甲龍の他の大学と同ランク。

キャンパスの立地も悪く、叡山電鉄鞍馬線の二軒茶屋駅からシャトルバス、もしくは地下鉄烏丸線国際会館駅から市バスに乗らないとたどり着けない。

鉄道のみでの通学ができないこともあって受験生からはやや不人気。

甲南大学

産近甲龍の序列では最下位に入るのが甲南大学。

岡本キャンパス、ポートアイランドキャンパスは神戸市、西宮キャンパスは西宮市にある。最近では「ミディアムサイズの総合大学」を唱っている。

ただ、他の大学に比べて人気度が低く、その分入りやすい傾向。

立地の面では、いずれも徒歩5~10分程度のため、交通アクセスには恵まれている。

その一方で、規模がやや小さいこともあって大学そのものが話題に取り上げられることは少ない。ゆえに受験生からも注目されにくく、受験難易度は低め。

偏差値の順位(平均値)

偏差値

各学部ごとの偏差値を平均した数値で序列化すると、理工系や医学部の有無で大きく違ってきてしまう。

今回はそのような特徴を避けるため、数ある学部の中でも代表的な4学部をもとに偏差値を平均にして順位をランキングにすると、以下のようになる。

大学名 平均偏差値
近畿大学 54.4
龍谷大学 50.6
京都産業大学 50.6
甲南大学 51.3

主要4学部ともいえる、法学部、経済学部、文学部、理工学部の偏差値を平均すると上記のようになる。

このように偏差値でレベル別に順位化すると、近畿大学はダントツトップだが、それ以外の3つはいずれも同じくらい。

一般入試の難易度に限った話であるため、推薦入試は除外されている。しかし、学力で入る難しさという点では、このような序列が出来上がる。

偏差値が低い新興学部

最も学部学科の種類が影響しているもの確かだろう。新興学部の有無が偏差値の平均を左右している。

大学 主な新興学部
近畿大学 産業理工学部(福岡)、工学部 (広島)
龍谷大学 社会学部
京都産業大学 生命科学部
甲南大学 フロンティアサイエンス学部、マネジメント創造学部

これらの新しい学部は実績が少ないため、偏差値も従来のところと比べると低い。これの有無が産近甲龍の中でも序列を左右させる。

偏差値の数値そのものは従来から存在する学部学科と同じでも、入試科目数が異なるなど、実際の難易度は新興学部の方が下がるのは一般的。

立地も偏差値を左右

鉄道の利便性

さらに、立地場所も大きく関係している。大阪市や京都市などの都心部に立地する大学は全体的に偏差値が高く、郊外に立地する大学は偏差値が低い。

交通の利便性(アクセスの良さ)も影響。駅近くにある大学の方が偏差値はやや高め。

学部学科ごとに見ても、駅前にあるところはレベルが高いが、バスでの移動が必要なキャンパスだとレベルがいまいちな例が多い。

特に顕著なのは近畿大学。全学部関西圏に立地すると思っている人は多いが、実際はそうではない。

京阪神地区以外の地域にもキャンパスがある。工学部の広島キャンパス、産業理工学部の福岡キャンパスは完全に近畿地方の圏外。

これらの学部は単純に立地面で人気度が下がるため、偏差値がやや低めに出る。

知名度の順位

知名度の順位にすると、特定の分野で広く知られいたり、一般人にも関わりのある学部、スポーツが盛んでテレビで取り上げられることが多い学校が上位に来る。

このように第一印象のイメージにする知名度を序列化すると、以下のランキングのようになる。

各大学 イメージ
近畿大学 近大マグロで有名。就職に強いなどのイメージも。
京都産業大学 コロナウイルス集団感染(クラスター)でニュースに。
龍谷大学 特徴に乏しい。
甲南大学 特徴に乏しい。

全体的に見ると、圧倒的に近畿大学が産近甲龍の中でトップに君臨。

前述のように「近大マグロ」で世間一般で知られる他、就職に強い、受験者数日本一などのイメージも大きい。

産近甲龍の中で志望校を選ぶ場合は、「まずは近大」と考える高校生が多い。

その次に京都産業大学が来る。名前に「京都」と付くように京都にある大学として広く知られている。ただし、世間一般でのイメージは近大とは性質的に異なる。

最近ではコロナウイルスの自粛が求められる世の中で、学生同士で懇親会を開催して集団感染源「クラスター」が発生したことで問題化。京産大生が入店拒否されたり、アルバイト先から出勤拒否されるなどの出来事に至った。

プラスの印象よりもマイナスの印象が強くなってしまったのは近大とは対照的。

一方の龍谷大学と甲南大学は下位。世間でのイメージが薄い。

産近甲龍という同じ括りの中でも、龍谷大学と甲南大学は話題性に欠ける。

就職のしやすさ

就職活動を行う大学生

就職のしやすさは知名度に準ずる。

ただし、実際には産近甲龍の中での差はほとんどない。就職の世界になると、偏差値のちょっとした違いは関係ないといえる。

近畿大学こそは「就職に強い」と唱っている。しかし、これは学生数が多いことが大きく影響している。

就職する学生の総数が多いことで、就職実績に有名企業が並んで、他の大学に優れるように見える。だが、実際には割合的に考えると他の産近甲龍を圧倒するほどの内容ではない。

関関同立の各大学と比べると劣る。民間企業の採用担当者の目線でも、近畿大学よりは関関同立の方が「勉強ができる」という印象が強く、優秀な人材の候補として捉えられやすいのは否定できない。

なお、大手企業では「学歴フィルター」という学校名が選考に影響を与えるような制度があることが多いが、産近甲龍はいずれも中堅私立大学という部類に入るため、これに引っかかる可能性はやや高い。

テレビCMを放映する人気企業だと書類選考の時点で落とされることがよくある。

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?


広告

おすすめ記事