シャープの新卒採用の倍率は推定10~20倍、就職難易度も考察

就職先としてはやや不人気のシャープ

シャープの大卒及び院卒の新卒採用の倍率は全体では10~20倍程度と推定。職種別では事務系が約20倍、技術系が約10倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「ふつう」、技術系が「やや易」に該当。

採用人数はここ数年は300人前後で推移している。このうち、事務系が50~100名、技術系が150~300名ほど。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系 ★★★ 20倍、ふつう
技術系 ★★ 10倍、やや易

シャープの事務系・技術系新卒採用の就職難易度はこのような形になる。

就職難易度は、技術系より事務系の方が競争が激しい。倍率もそれに伴ってやや高い数値となっている。

募集人数の面で、技術系は事務系の2,3倍に達する一方、専門性(大学で学んでいる専攻分野)の有無で条件が異なることが影響。

ただし、他社に比べると大手企業の割には文系・理系ともにやや倍率が低め。

《参照:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

技術系の倍率は10倍、難易度は「やや易」

就職難易度がやや易の技術系

技術系の就職難易度は全社採用で「やや易」レベル。倍率は約10倍と推定。院卒、大卒いずれもほぼ同水準。

全体で毎年150~300ほどの募集をかけているが、入社する社員の3分の2ほどは技術職に該当。

その年の内定者の数や世の中の景気によって変わってくるものの、平均するとこれくらいになると考える。

仕事内容は、回路設計、機械構造設計、デバイス開発、プロセス開発、材料開発、光学設計、ディスプレイ開発、通信システム開発、映像・放送開発 、クラウド技術開発、ソフトウェア開発、エネルギー変換開発、生産技術開発 、生産システム設計 、社内ITインフラ開発、デザインなど。

応募できるのは基本的には理系の学生がメイン。その中でも工学系の学部学科に所属している学生が多く採用される。募集要項でも「理工系学部学科」と指定が入っている。

理工学系統の理系の学生の中での内定の争いとなり、加えて採用人数もかなり多いことから、倍率は大手企業でも低い水準。

こうした点から、就職難易度は「やや易」という表現が妥当ではないか。

>>シャープの採用大学を公開! 学歴フィルターは若干存在

事務系は倍率が30倍、難易度が「やや難」

就職難易度が若干高い事務系

事務系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

事務職の仕事内容は以下の通り。

  • 営業 (国内営業・グローバル営業)
  • 法務
  • 経理
  • 調達
  • 人事・労務

採用人数は技術職と比較して大幅に少ない。毎年50~100人ほど。製造業の事務系職種としては多いものの、技術系と比較すると3分の1にとどまる。

一方で、シャープの事務職に応募できる条件上で学部学科の限定はない。法務は法学部限定であるが、それ以外は全学部全学科を対象としている。

このため、事務系では不特定多数の学生が全国からエントリーしてくる。理系限定のような制限がないことで、応募者が殺到して倍率が高くなっている。

日本国内の大学生の文系・理系の比率を見ても、7割近くは文系に属する。母数(就活中の学生)そのものが多いこともあって、技術系よりは確実に難しい。

ただ、シャープは総合電機メーカーをはじめ、大手製造業では就職先としての人気度は低い。経営状況は良いとは言えず、一時期は経営破綻の可能性もあった。

こうした事情から、シャープの事務系の倍率は20倍と推定。就職難易度は「ふつう」との表現が妥当ではないか。

他社と比較して

シャープの就職難易度を他社と比較すると、以下のようにまとめられる。

  • 総合電機メーカーでは難易度低
  • 近年はやや回復傾向

シャープは総合電機メーカーの中でも社名はかなり有名。知らない人はおそらくいないはず。

しかしながら、就職先として検討するにあたってはマイナスの要素がある。

テレビCMも放映されていることから、総合電機メーカーをはじめとする製造業ではあまり人気がない。

参考:シャープの平均年収は750万円、賞与は3~5ヶ月分だが

経営危機があった

シャープは特にリーマンショック後から2015年度までは大きな損失を出した。

2013年3月期までの2期で合計9,214億円の純損失を出して、経営危機を迎えた。さらに2015年3月期にも2,223億円の純損失を計上し、再び経営危機をもたらした。

背景にあるのが、主力事業だった液晶ディスプレイの売上不振。サムスン電子などの海外メーカーとの競争で劣勢に立たされ、シャープの売上が落ち込んだことが理由。

総合電機メーカーで並み

総合電機メーカー

シャープよりも就職先ランキングで上位に来るところと言えば、以下の企業が代表的。

  • 日立製作所
  • ソニー
  • 三菱電機
  • パナソニック

そもそも、いずれもシャープとは違って経営状況は安定している。

当然ながら、新卒採用の世界でも多くの大学生はこれらの企業の方を好むだろう。シャープに入社する学生となると、これらで不採用になってしまった「滑り止め組」と言っても過言ではない。

それでも、会社名の知名度が高いのは否定の余地がない。

経営状況に懸念を持つ学生がいるのは確かとはいえ、そもそも業界の知識に乏しい新卒の学生にとっては、エントリー先を決めるにあたって、会社名は重要事項にになるだろう。

おすすめ記事