シャープの採用大学を公開! 学歴フィルターは若干存在

シャープの採用大学は、神戸大、京大、東大、早稲田大、立命館大、大阪府立大、東工大、同志社大など。

総合電機メーカー及び製造業でも比較的「学歴フィルター」は少しだけある。偏差値が高い大学が多く、主流派だとMARCH、関関同立以上だが、中堅私大からもある程度の採用はある。

大学名だけでES審査や面接で有利・不利が確定するわけではない。


主な採用大学

シャープ

シャープの主な採用大学は以下の通り。

北海道大学、室蘭工業大学、弘前大学、東北大学、秋田大学、山形大学、埼玉大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、電気通信大学、信州大学、名古屋大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、三重大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、神戸大学、和歌山大学、鳥取大学、岡山大学、広島大学、山口大学、香川大学、愛媛大学、高知大学、九州工業大学、熊本大学、大分大学、琉球大学、北陸先端科学技術大学院大学、奈良先端科学技術大学院大学、金沢美術工芸大学、愛知県立大学、愛知県立芸術大学、名古屋市立大学、京都府立大学、大阪市立大学、大阪府立大学、神戸市外国語大学、岡山県立大学、広島市立大学、千葉工業大学、青山学院大学、学習院大学、工学院大学、国士舘大学、芝浦工業大学、上智大学、創価大学、中央大学、東海大学、東京電機大学、東京理科大学、日本大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、早稲田大学、神奈川工科大学、湘南工科大学、福井工業大学、愛知工業大学、中京大学、同志社大学、立命館大学、龍谷大学、大阪学院大学、大阪工業大学、関西大学、近畿大学、関西学院大学、福岡工業大学、同志社女子大学、函館工業高等専門学校、旭川工業高等専門学校、一関工業高等専門学校、東京都立産業技術高等専門学校、岐阜工業高等専門学校、奈良工業高等専門学校、宇部工業高等専門学校、高知工業高等専門学校、佐世保工業高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校、大阪府立大学工業高等専門学校、国際高等専門学校、前橋工科大学、公立はこだて未来大学、東京海洋大学、首都大学東京、筑波技術大学、マヒドン大学

出典:マイナビ2021「シャープ(株)」

上記の採用実績校はマイナビにて公開。

以下の企業が含まれているが、傾向は基本的に同じ。

主な大学別の採用人数は以下の通り。

  • 神戸大:13名
  • 京大:12名
  • 東大:10名
  • 早稲田大8名
  • 立命館大:8名
  • 大阪府立大:7名
  • 東工大:6名
  • 同志社大:6名

上記はヒューマンデザイン研究所による2017年度入社の大学別採用人数による数値。東大、京大、神戸大から10名以上の実績が出ている。

>>シャープの新卒採用の倍率は推定10~20倍、就職難易度も考察

学歴フィルターは弱め

学歴フィルター無し

毎年グループ全体で約300人の採用人数があるが、少なくとも半数程度は有名大学。

書類(エントリーシート)で落とされる可能性はやや低いものの、難関大学だとそれだけでやや有利に働く可能性は否定できない。

大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」がゼロとは考えにくい。

よくある採用大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
  • 上位国公立(筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、電気通信大学、東京農工大学、名古屋市立大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学)
  • その他国公立(駅弁大学等)

上記は採用されやすいと思われる大学の一覧。

旧帝大を含んだ大都市圏の上位国公立大学と早慶上智、MARCH、関関同立で大部分が埋まる。

日東駒専・産近甲龍もゼロではないが

日東駒専

シャープで採用実績がある大学では、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)も含まれる。

しかし、人数の面では少ないと言わざるを得ない。各校から確実に採用があるわけではない。

2020年度の実績では、日大、中京大、近畿大からの採用はあるが、東洋大、駒澤大、専修大、および京産大、甲南大、龍谷大からはゼロ。

同一の大学から複数名の採用があるところといえば、GMARCH、関関同立以上のランクになる。

工業系の中堅私大も同じ傾向。芝浦工業大学、東京都市大学、工学院大学、東京電機大学、大阪工業大学などからも採用があるが、人数はそう多くはない。

国公立大学は地方からも

国公立大学

国公立大学についても、まとまった人数の採用があるのは旧帝大クラスとその他大都市圏の上位勢の大学。

具体的には、東大、一橋大、東工大、名大、京大、阪大、神戸大、九大、東北大、北大、および筑波大、横国大、千葉大、東京都立大、電気通信大、東京農工大、名市大、大阪府大、大阪市大、広大、岡山大、金沢大などが多め。

一方、地方の国公立大学(駅弁大学と呼ばれるところ)も一定数の採用はある。ただし、人数ではやはり少ない。

地方の駅弁大学からは、各校で1名あるかないかのレベル。旧帝大クラスのように5名以上の採用があるわけではない。

参考:シャープの平均年収は750万円、賞与は3~5ヶ月分だが

職種別の大学名と学部学科について

学部学科に関しては、事務系と技術系という2つの職種で異なる。

ただし、採用大学はどちらも同じ傾向。特に文系はMARCH・関関同立以上のランクがほとんど。

それ以外の大学からの採用はゼロではないにしても、割合的に小さい。

理系は日東駒専・産近甲龍クラスからも採用があるが、やはり人数は少なめ。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

事務系

MARCH・関関同立以上がほとんどの事務系

事務系にて応募者の在籍する専攻は、法学部、経済学部、文学部、外国語学部、社会学部、商学部などのいわゆる「文系」全般。

「全学部全学科」のため理系学部でも応募は可能だが、実際にはほとんどが文系出身者。

文系の学部学科の出身者かつ旧帝大、早慶上智のいずれかの出身者が中心。MARCH、関関同立とそれ未満のランクの大学からの内定者は少ない。

技術系の方が学歴フィルターの色合いは遥かに弱い。

参考:学歴フィルターは学部・学科で異なります!

技術系

日東駒専・産近甲龍以上がほとんどの技術系

理系の中でも工学部、理学部(物理系)、情報学部がほとんど。文系が主流の事務系とは違って、技術系は募集の段階で対象の学部学科が指定されている。

理系の中でも機械系の専攻に限られる。同じ理系でも農学部、看護・保健学部、生物系は対象外。

出身大学も様々になりやすい。芝浦工業大学、東京都市大学、工学院大学、東京電機大学、大阪工業大学、そして日東駒専・産近甲龍の理工学部など中堅私大からも採用実績が豊富。

文系の事務系よりは偏差値が低い大学からもある程度の採用がある。

とはいえ、主流派という点では国公立大学全般とMARCH、関関同立以上の私大。中堅私大の大学名こそは実績校に並んでいるが、各校1名程度に収まるだろう。

>>【理系編】学歴フィルターの基準! 就職で問われる出身大学

まとめ~各大学ごとの有利・不利判定

学歴フィルターでは最低限度のGMARCH

シャープの各大学ごとに、書類選考等での学歴フィルター上で有利・不利になる基準を示すと、結果は以下のようになる。

大学群 判定 具体的な該当大学
東大、京大 多数あり 東京大学、京都大学
旧帝大 多数あり 大阪大学、神戸大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、一橋大学、東京工業大学
早慶上智 多数あり 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
筑横千、大阪公立大学 多数あり 筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、大阪公立大学(大阪府立大学、大阪市立大学)
駅弁大学 多数あり 地方国立大学
GMARCH 多数あり 明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学
関関同立 多数あり 関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学
成成明学 若干あり 成城大学、成蹊大学、明治学院大学
東京女子大御三家 若干あり 津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学
日東駒専 若干あり 日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学
産近甲龍 若干あり 京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学
工業系中堅私大 若干あり 芝浦工業大学、東京都市大学、工学院大学、東京電機大学、大阪工業大学

ボーダーラインを引くならば、以下のようになる。

事務系(文系)=MARCH、関関同立

技術系(理系)=日東駒専・産近甲龍

日東駒専・産近甲龍のワンランク下の大学群に当たる「大東亜帝国」「摂神追桃」クラスの大学からの採用はかなり少ない。


広告

おすすめ記事