新生銀行の新卒採用の倍率は50倍、職種別の就職難易度を公開

新生銀行

新生銀行の新卒採用の倍率はGP職で約50倍、GPR職とBP職で約30倍と推定。就職難易度はそれぞれ「かなり難」「やや難」に該当。

3大メガバンクほど規模が大きいわけではないものの、それに次ぐ規模という立ち位置にあるのが新生銀行。

同じく日本を代表する銀行であることから、新卒の倍率はかなり高いのは確実。

ESの段階では30~50倍には到達。1次面接の段階でも数十倍はあると思われる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
GP職(ジェネラルプロフェッショナル職) ★★★★★ 50倍、かなり難
GPR職(ジェネラルプロフェッショナル地域限定職) ★★★★ 30倍、やや難
BP職(ビジネスプロフェッショナル職) ★★★★ 30倍、やや難

GP職、GPR職、BP職の就職難易度はこのような形になる。

最も人気なのは総合職に該当するGP職。就職難易度は特に高く、かなりの倍率になる。

それ以外の職種も全般的に難易度が高い。

倍率および就職難易度は同じメガバンクである三菱UFJ銀行や三井住友銀行とほぼ同じ。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

GP職の倍率は50倍、難易度は「かなり難」

総合職

GP職(ジェネラルプロフェッショナル職)の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もある。他行では「総合職」と呼ばれる職種。

金融業界の中でもメガバンク3行に次ぐ代表的なメガバンクの1つが新生銀行。銀行を志望する学生の多くは応募する傾向。

銀行に就職したいと考えている学生だけでなく、金融業界全般を志望している学生も受けてくる。本当に優秀な人材しか採用されず、しかも運の要素も必要になる。

銀行で具体的にどんな分野に携わりたいか明確でない学生たちも、まずはGP職を目指すだろう。

ゆえに、倍率は50倍程度にはなると考えられる。就職難易度は「かなり難」。

ただし、下記の専門分野は上記の限りではない。

  • 資産運用コンサルタントコース(全国型)
  • 金融IT・システムコース
  • データサイエンティストコース

いずれも専門分野のため、応募者は限られる。特に「金融IT・システムコース」「データサイエンティストコース」は理系のみを対象。

採用対象の学生が指定された専攻を大学で学んでいることが条件のため、必然的に就職難易度は下がる。

GPR職は倍率30倍、難易度は「やや難」

GPR職

GPR職(ジェネラルプロフェッショナル地域限定職)の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

前述のGP職(総合職)は全国転勤が存在する一方、GPR職はエリア限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。

したがって、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

女性社員の割合は大きいが、総合職よりは応募者数は少ないと見込まれる。

ただ、銀行に就職したいと考えている人も、ずっと支店で勤務は敬遠する人が少なくない。GPR職は基本的に支店勤務。

ゆえに、就職難易度は「やや難」、倍率は約30倍と判断。

BP職も倍率30倍、難易度は「やや難」

BP職

BP職(ビジネスプロフェッショナル職)の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

こちらは「一般職」に相当する職種。業務内容は下記の通り。

  • 事務・オペレーション業務全般
  • 営業サポート、アシスタント業務、等
  • 顧客対応業務(営業活動含む)
  • システムサポート業務

同様に女性社員の割合は大きいが、総合職よりは応募者数は少ないと見込まれる。

就職難易度は「やや難」、倍率は約30倍と判断。

他行と比較して

新生銀行はメガバンクほど人気の銀行ではない。新卒採用で学生たちがまずエントリーするのはメガバンク3行。

とはいえ、一般的な上場企業と比較すれば遥かに知名度のあるところであるのは確か。

少なくとも大手銀行への就職を目指している学生なら9割以上は知っているはず。

大手3行にはエントリーしたが、新生銀行にはしなかったという学生はそう多くはない。

ゆえに、就職難易度の違いはないと考えてよいだろう。

ゆうちょ銀行、りそな銀行と同レベル

新生銀行と同じくらいの就職難易度はゆうちょ銀行やりそな銀行ではないか。

いずれも、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行よりは難易度は下がるものの、地銀よりは確実に応募者数が殺到。新生銀行もここに該当。

なお、新生銀行とメガバンクを併願していて、どちらも内定を獲得していた場合、ほとんどの学生はメガバンクを選ぶ。

おすすめ記事