【就職難易度】資生堂の新卒採用の倍率とは!? 総合職は超難関!

資生堂

資生堂の新卒採用の倍率は理系総合職(研究開発系)が約30倍、文系総合職(事務系)が約100倍、美容職が約30倍と推定。就職難易度は「やや難」から「最難関」に該当。

採用人数はここ数年は50人前後(資生堂本体)。化学メーカーとしてはふつうだが、誰もが知っている大手企業としては少なめ。

美容職を採用する「資生堂ジャパン」が約100名ほどだが、入社希望者に対して多いとは言えない。

化粧品メーカー、化学メーカーでも特に有名な企業の1社で、製造業全体でも就職先人気度はかなり高い。「具体的にどんな製品を作っているメーカーなのか?」という点でも、ほとんど学生が何となくわかるだろう。

書類選考では応募者の過半数は落とされると思われ、さらに1次面接から最終面接まででも残りの半分以上は落とされ、内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
文系総合職(事務系) ★★★★★+ 100倍、最難関
理系総合職(研究開発系) ★★★★ 30倍、やや難
美容職(資生堂ジャパン) ★★★★ 30倍、やや難

資生堂の理系総合職(研究開発系)、文系総合職(事務系)の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職に相当し、院卒、大学などを対象とする。

理系を対象とする研究開発系総合職は専攻分野が指定されているため、文系ほど応募者が大幅超過にはならないため、就職難易度も相対的に低い。

文系総合職は誰でも制限なしに応募できる事務系の場合は、さらに採用人数が少ないこともあって、就職難易度は上がる。

《参考:<偏差値表>化学・素材メーカー業界の就職難易度をランキング化

理系総合職

研究開発を行う理系総合職

資生堂の理系を対象とする理系総合職の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

エントリーできる対象者が限定されることで、文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

応募者数に関しては、会社の規模や知名度、事業内容、理工系学部に在籍する学生数を考慮すると、およそ1,000~2,000人になるのではないかと考える(あくまでも私見)。

ゆえに、倍率は約30倍ほどが目安、就職難易度は「やや難」と判断。

なお、技術系総合職(理系限定)では「学校推薦」の制度が使える。自由応募とは違って、教授の指名があることで内定獲得がしやすくなるのは確か。

>>資生堂の採用大学を公開! 学歴フィルター有り

文系総合職

文系総合職

一方の文系を対象とするマーケティング系総合職の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。一般的な企業では「事務系」に相当する職種で、理系とは対照的に内定獲得が難しい。

応募者数は2,000~3,000人程度になるのではないかと推定。誰でも応募できるという条件に加え、採用人数が少ないため、その分倍率が上がる。最大では100倍くらいになることもあり得る。

正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。上場企業の中でも特に入社が難しい。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。応募方法は「自由応募」のみ。他の巷の企業と同じく、「学校推薦」方式は事務系は対象外。

このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など。いずれも文系だが、これらだけでもかなりの数になる。

さらに、化粧品という分野を取り扱うため、女子学生が多い応募。文理構成では、女子に限ると圧倒的に文系が多数派なこともあって、文系向けの総合職は特に応募者が殺到。

こうした事情から、資生堂の事務系の倍率は100倍と推定。就職難易度は「最難関」との表現が妥当と判断。

採用人数

新卒採用の選考を受ける大学生たち

資生堂グループ(資生堂+資生堂ジャパン)では過去3年間の採用人数が公表されている。

2017年  2018年  2019年
————————————————-
採用数  149名  143名  163名

技術系は毎年150名程度で推移。文系、理系それぞれの内訳は非公開となっているが、グループ全体ではこのような人数。

ただし、ここには資生堂本体に加えて、資生堂ジャパン(美容職)も含まれる。

本社採用の総合職のみに限ると、文系と理系を合計しても50名前後にとどまる。

まとめ

blank

資生堂では毎年ほぼ欠かさず新卒採用を行っているが、倍率はどのくらいになるのか。

超大手の人気企業ということで、難易度が高いことは誰でも予想できるだろう。

就活の世界が売り手市場の状況であったとしても、資生堂という会社に限れば完全な買い手市場ではないか。

 

事務系と技術系は、40~50人ほどの採用を行っている。

100倍くらいになると予想

資生堂にて新卒採用を行っている事務系と技術系があるが、中でも文系の方は100倍程度の倍率になると予想。

事務系は文系、理系を問わず全学部全学科を対象としていて、技術系は理系が中心となっている。

他の化学メーカーでも同じことが言えるが、事務系と技術系では、圧倒的に事務系の職種の方が倍率は高くなりやすい。

全学部全学科を対象としていることから、不特定多数の応募がある。これにより、競争も激しくなっている。

技術系の方は、応募者が少ないわけでは決してないものの、応募できる学部学科には限りがある。

理学系や農学系の学生が選べることから、競争はあくまでも一部のグループの中で行われることとなる。

いわゆる学歴フィルターについて

資生堂のような超大手企業に共通することだが、これくらいの規模の会社の新卒採用においては、大学名によって有利不利になることがある。

特に重要視される可能性が考えられるのが、ESの書類選考の段階である。ここでは、ESの内容というよりは、所属する大学の名前が見られることがある。

出身校で採用・不採用が決定される仕組みのことを「学歴フィルター」というのだが、資生堂でもこれが存在する可能性はゼロではないと思われる。

学歴フィルター

内定者の出身校については、難関大学の人が多い。もちろん、無名の大学から採用された人も完全ゼロというわけではない。しかし、割合的には偏差値が高い学校の学生が多く採用されている。

国公立大については、県庁所在地にある大学であれば特に学歴フィルターではじかれる対象とはならない可能性が大きい。私立大については、MARCH、関関同立辺りがボーダーラインかもしれない。

もちろん、学歴フィルターは明確に存在する制度ではないため、正確には分からない。とはいえ、目安としては地方の国公立、MARCH、関関同立クラスの可能性が一番大きい。


広告

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソー大陽日酸DIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産昭和電工関西ペイントJSR日亜化学三菱ガス化学クラレエア・ウォーターADEKAアイカ工業日油アース製薬
化粧品 コーセー資生堂マンダムノエビア

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。