商工中金の新卒採用の倍率は30倍、就職難易度はやや難

商工中金

商工組合中央金庫(商工中金)の新卒採用の倍率は総合職で約30倍になると予想。フリーコース・特定エリアコースいずれもほぼ同じ。就職難易度は政府系金融では比較的低いものの、金融機関の中では高い。

採用人数は総合職では毎年150名ほど。多いわけではないが、極端に少ないわけでもない。

一方、特別民間法人ということで政府系金融に近い存在。ゆえに、応募者数が数千人には達するはず。ESの段階では30倍ほどに到達する可能性が考えられる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
フリーコース(総合職) ★★★★ 30倍、やや難
特定エリアコース(総合職) ★★★★ 30倍、やや難
担当職 (採用なし)

商工中金の総合職のフリーコースと特定エリアコースの就職難易度はこのような形になる。

どちらも業務内容そのものに違いはほとんどなく、就職難易度もまた違いはない。どちらも相当の倍率になる。

メガバンクである三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などと同じ程度。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

フリーコースは30倍、難易度は「やや難」

総合職フリーコース

総合職の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍前後と推定。

全国転勤があって海外への赴任もあり、将来的な幹部候補となる職種。

公務員から銀行などの金融業界を志望する学生が多くは応募。大学生の間いでは、知名度こそはそれほど高くないものの、特殊民間法人という立ち位置から「安定している」とのことで大人気。

エントリーシートを提出したほとんどの応募者は第一志望になるのではないか。

ゆえに、倍率は30倍にはなると考えられる。就職難易度は「やや難」。内定を獲得するのは相当優秀な人材のみ。

なお、給料水準こそは大手メガバンクと大差はない。報酬にメリットあることで人気の就職先となっているわけではない。

>>商工組合中央金庫の平均年収は推定800万円、賞与は5ヶ月分

特定エリアコースも30倍、難易度は「やや難」

特定エリアコース

特定職の就職難易度も「やや難」。倍率は約30倍と推定。

仕事内容はフリーコースとほとんど変わりない。違う点は、上級管理職への登用の有無くらいに限られる。

勤務地は下記から選択する。

  • 首都圏エリア:埼玉県・千葉県・東京都及び神奈川県内の営業所
  • 近畿エリア:京都府・大阪府・兵庫県及び奈良県内の営業所
  • 静岡エリア:静岡支店・浜松支店及び豊橋支店を勤務地とする営業所
  • 名古屋エリア:名古屋支店・岐阜支店及び四日市支店を勤務地とする営業所
  • 広島エリア:広島支店・福山支店及び岡山支店を勤務地とする営業所
  • 福岡エリア:福岡支店・北九州支店・久留米支店及び佐賀支店を勤務地とする営業所

ただ、相対比較では首都圏エリアと近畿エリアが大人気。静岡エリア、広島エリアは比較的容易。

とはいえ、就職難易度はいずれも表現に違いが出るほどではなく、「やや難」が妥当と考える。倍率は約30倍ほどになると推定。

他社と比較して

一般的な銀行

商工中金は、就職市場では商工中金はメガバンク並み。

世間一般では「銀行=三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行…」と想像するかもしれないが、商工中金もこれくらいの難易度には達する。

ただ、応募者層は民間の銀行とは若干異なる。

金融業界を目指している学生も商工中金を受ける学生はそれなりにいるものの、特殊民間法人ということで、公務員や独立行政法人を目指している学生も多く応募。

政府系金融機関の中では簡単

政府系金融機関の代表格である日本銀行

政府系金融またはそれに準ずる金融機関としては、他に以下が挙げられる。

  • 日本銀行
  • 国際協力銀行
  • 農林中央金庫
  • 日本政策金融公庫

日銀は中央銀行として誰もが知っているところだが、それ以外は有名というほどではない。

ただ、政府の強い影響下に置かれていることもあって、政府系金融を目指す学生はほぼ必ずと言っていいほど応募。

また、民間銀行のように厳しい営業がないというイメージが大きく、「仕事が激務ではない」と考える学生も多い。

上記の中で比較的内定獲得が簡単なのは農林中央金庫。採用人数が100人以上と多いことが理由。

商工中金も政府と民間の共同出資により設立した金融機関という点では同じだが、中小企業を相手にしている性質もあって、学生の間では絶大なほど人気ではない。

したがって、政府系金融機関の中では最も就職難易度が低い。

それでも、地銀や信用金庫と比較すると大幅にハイレベルなのは確か。あくまでも政府系金融機関の中で比較した場合の話に過ぎない。

過去の採用人数

年度 採用人数
2019年度 118名
2018年度 137名
2017年度 131名
2016年度 167名
2015年度 145名

ここ最近の過去の採用人数の実績は上記の通り。


広告

おすすめ記事