商工中金の採用大学を公開、職種別の学歴フィルターも有り

商工組合中央金庫(商工中金)の採用大学は、東大、一橋大、京大、阪大、神戸大、名大、九大、東北大、北大、筑波大、横浜国大、千葉大、東京都立大、埼玉大、広島大、金沢大、静岡大、滋賀大、早稲田大、慶応義塾大、上智大、明治大、青山学院大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、成城大、東京女子大、日本女子大、津田塾大など。

他の政府系金融や大手金融機関と同じく、出身大学名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」が完全に存在すると判断。

フリーコース、特定エリアコース、担当職のうち、最初のフリーコースは難関大学への偏りがあり、主流層は旧帝大と早慶、GMARCH・関関同立、上位勢の国公立大。

特定エリアコースも総合職の一種のため、ある定地のレベルの大学に集中しやすい。日東駒専・産近甲龍が下限。

窓口業務がメインの担当職だけは完全に学歴不問。


主な採用大学

商工中金

主な大学の就職先実績で「商工中金」と掲載されているところを探したところ、以下の大学で確認された。

採用大学は下記の通り。

商工中金の主な採用大学
東京大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、大阪市立大学、大阪府立大学、名古屋市立大学、東京都立大学、埼玉大学、広島大学、金沢大学、静岡大学、滋賀大学、新潟大学、山形大学、福島大学、富山大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、熊本大学、小樽商科大学、早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、成城大学、東京女子大学、聖心女子大学、日本女子大学、津田塾大学、専修大学、京都産業大学、南山大学、福岡大学

採用人数が毎年150名前後があり、政府系金融機関では多い方だが、「安定している」という性質から応募者数は殺到する。大手の銀行・保険・証券に匹敵する。

とはいえ、就職先としてはかなり人気が高く、倍率は上がりやすいのは確か。さらに、政府系金融機関のため、旧来の学歴社会が浸透。より高学歴への偏りが大きくなりやすい。

>>商工中金の新卒採用の倍率は30倍、就職難易度はやや難

大学別採用人数

  • 慶応義塾大学:12名
  • 同志社大学:9名
  • 横浜国立大学:6名
  • 神戸大学:5名
  • 早稲田大学:5名
  • 中央大学:5名
  • 学習院大学:5名
  • 明治大学:5名

上記の表は、2016年度入庫の日本政策金融公庫の大学別採用人数を示した表。

(出典:ヒューマンデザイン総合研究所)

なお、上記はあくまでも全体の抜粋に過ぎない。同一大学からまとまった数があるところのみを対象とした統計データではある。

地方国公立大学や小規模な私大はノーカウント。

100%学歴フィルター有り

学歴フィルターで優遇される難関大学の例

上記の採用実績校から、全体像ではGMARCH・関関同立以上のランク帯の難関大学なのがわかる。絶対的なボーダーラインは日東駒専・産近甲龍。

俗に言う「学歴フィルター」が確実に存在すると判断。

基本的には、採用されやすい大学を挙げるなら、下記のようになる。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • 東京外国語大学、筑波大学、お茶の水女子大学、横浜国立大学、横浜市立大学、東京都立大学、電気通信大学、大阪市立大学、大阪府立大学、広島大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生は、相当な確率で書類で落とされると考える。

特定エリアコースでは偏差値が低い大学からの採用も過去には確かにあるものの、それでも最も低いのは日東駒専・産近甲龍クラス。

いわゆる「Fランク大学」からは少なくとも採用例がなく、学歴フィルターで合否が決まる可能性は大いに考えられる。

私立は難関校ばかり

私立大学

商工中金で採用実績校のうち、私立大学は特に偏差値の偏りが大きい。

早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)とGMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、そして関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)が目立つ。

これらは世間的に「難関私大」に分類されるところだが、上記以外の偏差値ランク帯の大学となると一気に少ない。

学歴フィルターの有無の目安の1つになる日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラスでも、採用例があるのは一部のみ。

これらは中堅私大として、在籍する学生数が非常に多い大学であるが、採用がないということは、どこかで追い払われている可能性は否定できない。

日本大学、近畿大学は就職の実績が確認できなかったが、応募者がいないとは到底考えられない。

100%ではないまでも、主流層は「早慶上智+GMARCH+関関同立」と結論。

国公立大学は不問

国公立大学

国公立大学は、商工中金では全国各地から採用されている。偏差値上位のみで構成されているわけではない。

採用人数こそは旧帝大とそれに次ぐランク帯の一部の大学からが多いものの、地方国公立大学からもある程度は実績があるのは確か。

具体的には、埼玉大学、静岡大学、滋賀大学、新潟大学、山形大学、福島大学、富山大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、熊本大学、小樽商科大学など。

いずれも大都市圏の立地ではないものの、商工中金への就職実績が正式に公表されている。

もちろん、旧帝大+3(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、広島大学なども例外なく実績がある。

職種別の採用大学の傾向

商工中金では、以下の2種類の職種が新卒採用で用意されている。

  • フリーコース
  • 特定エリアコース
  • 担当職(窓口業務)

フリーコース、特定エリアコースは「総合職」に該当する職種。

給料の違いはあるが、これは引っ越しを伴う転勤と上級管理職への登用が存在するかどうかという点のみ

どちらもある程度の偏差値の大学が多いことは同じ。

>>商工組合中央金庫の平均年収は推定800万円、賞与は5ヶ月分

フリーコース

旧帝大と早慶上智が多めのフリーコース

フリーコースは早慶上智、旧帝大、GMARCH・関関同立、上位国公立が多い印象。

幹部候補という性質があり、さらに仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心。

特定エリアコースと比べても、採用人数そのものは少ないため、より偏差値が高い大学からの出身者の割合が高い。

どんなに低く見積もっても、6~7割は旧帝大+早慶上智の出身者になるはず。

商工中金の学歴フィルターの基準は、民間のメガバンクや大手証券会社、保険会社の全国転勤がある総合職並み。

特定エリアコース

特定エリアコース

特定エリアコースも学歴フィルターは存在。

フリーコースとの違いは、国公立大学全般と中堅私大からもある程度の採用がある点。

難関校だけでなく中堅レベルの大学も入っている。

毎年100名超の採用があることを考えると、100%難関校でというわけではない。

ただ、割合で見れば特定エリアコースでもGMARCH・関関同立以上のランク帯が多数派。

地方国公立大学でも、各校から1名程度の採用にとどまる。大都市圏のように同一大学から複数名いるわけではない。

おすすめ記事