<会社別>信号機メーカーの新卒採用の倍率、就職難易度を考察

新卒採用を実施する信号機メーカー

信号機メーカーの新卒採用の倍率は、日本信号が最大約100倍、京三製作所は約50倍、大同信号は約20倍と推定。各社で大きく異なる。就職難易度は「やや易」から「最難関」まで様々。

職種別では総合職のうち、圧倒的に「事務系>技術系」の構図。

採用人数はここ数年はいずれの会社も10~30人前後で推移している。上場企業としては少ない。


日本信号

日本信号
職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系 ★★★★★ 100倍、最難関
技術系 ★★★★ 30倍、やや難

日本信号の新卒採用の就職難易度は、事務系は「最難関」、倍率は約100倍ほどと推定。技術系は「やや難」、倍率は約30倍と推定。

信号機メーカーのみならず、製造業でもともにトップクラスの難易度になる。

鉄道に興味関心が多く応募する傾向にあるが、これに該当する学生が多いのが影響。さらに、採用人数が少ないのがこれに拍車をかける。

毎年の採用人数は、技術系総合職では20~30名、事務系総合職は5名で推移。上場企業では相当少ない。

文理別では、技術系の方が採用人数が多い上、日本国内の大学を見ると文系に分類される学部学科に所属する人の割合が高いため、倍率は圧倒的に事務系で高くなる。

事務系は文系全体が応募するものの、技術系は理系の一部のみという限られた学生だけが応募する構図。

理系の中でも工学系の学部学科に所属している学生のみ。生物、バイオ、農学系統は対象外。これにより、技術系職種の倍率は確実に下がる。

いずれの職種も倍率が高くて競争が激しくて内定が簡単に取れるレベルでないのは確かだが、文系・理系では天と地の差がある。

京三製作所

京三製作所
職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系 ★★★★★ 50倍、かなり難
技術系 ★★★ 20倍、ふつう

京三製作所の新卒採用の就職難易度は、事務系は「かなり難」、倍率は約50倍ほどと推定。技術系は「ふつう」、倍率は約20倍と推定。

製造業でも依然として高い倍率及び難易度だが、信号機メーカーでは日本信号よりは下がる。

同じように、鉄道に興味関心が多く応募する傾向。鉄道事業者と併願する学生が多い印象。一方、採用人数は少ない。技術系25名、事務系10名程度が毎年の相場。

事務系は文系全体が応募するものの、技術系は理系の一部のみという限られた学生だけが応募する構図。

技術系も採用人数は多くはないが、理系の中でも工学系の学部学科に所属している学生のみ。生物、バイオ、農学系統は対象外。これにより、技術系職種の倍率は確実に下がる。

大同信号

大同信号
職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系 ★★★★ 30倍、やや難
技術系 ★★★ 20倍、ふつう

大同信号の新卒採用の就職難易度は、事務系(営業職含む)は「やや難」、倍率は約30倍ほどと推定。技術系は「ふつう」、倍率は約20倍と推定。

製造業でも大手としては標準的な倍率及び難易度。信号機メーカーでは日本信号・京三製作所と比較してもかなり下がる。

JR・私鉄ともに国内のシェアが小さいことが影響し、より知名度が低いため、その分応募者数も減る。

一方、採用人数はかなり少ない。技術系10名、事務系5名程度が毎年の相場。

圧倒的に技術系の方が入社までのハードルは低い。

事務系は文系全体が応募することで供給過剰になるものの、技術系は理系の一部のみという限られた学生だけが応募する構図。

技術系も採用人数は多くはないが、理系の中でも工学系の学部学科に所属している学生のみ。生物、バイオ、農学系統は対象外。これにより、技術系職種の倍率は確実に下がる。

他業界と比較して

BtoB産業

信号機メーカーである日本信号、京三製作所、大同信号を他の業界と比較すると、以下のような共通点が見られる。

  • 製造業では会社の規模の割に大人気
  • 鉄道に興味関心がある人たちが集中
  • TVCMがないのに人気の就職先

特に鉄道に関連する事業内容を手掛けていることが、人気の就職先となっている最大の要因かもしれない。

BtoBでテレビCMを放映しない会社で、規模がそれほど大きくはない会社としては珍しいほど高倍率。

これにより、大学名だけで選考の有利・不利が決まる「学歴フィルター」も見られる。

信号機メーカーの採用大学を一覧化! 学歴フィルターの有無も

鉄道会社の総合職よりは若干容易

就職難易度がかなり高い鉄道会社の総合職

ただし、鉄道会社の総合職よりは就職難易度は下がると考える。

鉄道会社だと、誰もが知っている企業で、さらに応募者が殺到する。

事務系・技術系どちらも倍率が100倍超になるとも推定。

JR本州3社や大都市私鉄のみならず、JR北海道、JR四国、あるいは中小私鉄でさえも全国から多くの応募者が集まる。

>>鉄道会社の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

鉄道に興味関心がある人だけでなく、旅行が好きな人、公務員のような経営の安定性を求める人も多くエントリー。このような事情から、信号機メーカーよりもさらに競争が激しいのは確か。

それでも、製造業の典型例である自動車、総合電機メーカー、半導体などよりは就職難易度が高め。


広告

おすすめ記事