【倍率は?】三井住友銀行の就職難易度! 職種ごとに考察

三井住友銀行

三井住友銀行の新卒採用の倍率は総合職で約50倍、リテールコースで約30倍と推定。就職難易度はそれぞれ「かなり難」「やや難」に該当。

就職先としては誰もが知っている会社であり、毎年多くの学生がエントリーする企業である。応募者が殺到するため、当然ながら内定を取るまでの難易度はかなり高い。ほとんどの人が不採用になるのは目に見えている。

院卒・大卒いずれも大きな違いはない。大手メガバンクということで、就職難易度はかなりのレベルになる。

三大都市銀行の中での三菱UFJ銀行やみずほ銀行と並んで、三井住友銀行は金融業界を目指す学生であればだれもが応募する銀行であるといっても過言ではない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★★★ 50倍、かなり難
総合職リテールコース ★★★★ 30倍、やや難
クオンツコース ★★ 10倍、やや易
デジタライゼーションコース ★★ 10倍、やや易

総合職、リテールコースの就職難易度はこのような形になる。

どちらかと言うと、前者の総合職の方が人気度が高い。ゆえに、就職難易度はいずれも高く、かなりの倍率になる。

倍率および就職難易度は同じメガバンクである三菱UFJ銀行やみずほ銀行とほぼ同じ。

クオンツコース、デジタライゼーションコースは理系の一部のみを対象とするため、例外的に倍率は下がる。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職の倍率は50倍、難易度は「かなり難」

総合職

総合職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もある総合職の就職難易度は、三井住友銀行の花形となる職種であることからかなり高い。

金融業界の中でも代表的なメガバンクの1つが三井住友銀行であるため、この業界を志望する学生が真っ先に応募するところでもある。

銀行に就職したいと考えている学生だけでなく、金融業界全般を志望している学生も受けてくる。本当に優秀な人材しか採用されず、しかも運の要素も必要になる。

給料が最も高い職種であることも影響。40歳前後では1,000万円に達する。(1990年ごろのバブル期は30歳で1,000万円だったが)

こうした事情から、三井住友銀行の総合職の倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

なお、総合職でも理系の一部の学部学科を対象とする「ファイナンシャル・テクノロジー」「システム・デジタル」は難易度が若干下がる。

特定の専攻分野を学んでいる学生のみを対象としている分、就職難易度はやや易化。

>>【採用大学】三井住友銀行の出身校を公開! 学歴フィルター有り

クオンツコース、デジタライゼーションコース

クオンツコース、デジタライゼーションコース

総合職でも、「クオンツコース」と「デジタライゼーションコース」は別の採用区分。

こちらは金融工学やシステム工学などを大学院で専攻している学生のみを対象。

専門的な知識を持っていることが求められるため、そもそも応募できる人が少ない。

ゆえに、就職難易度は通常の総合職よりも低い。倍率も高くても10倍程度と考える。

リテールコースは倍率30倍、難易度は「やや難」

リテールコース

総合職リテールコースの就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

前述の総合職は全国転勤が存在する一方、リテールコースはエリア限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。

したがって、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

総合職よりは応募者数は少ないと見込まれるものの、採用人数も少なめのため、結果的に就職難易度はそれほど下がらない。

ただ、銀行に就職したいと考えている人も、ずっと支店で勤務は敬遠する人が少なくない。リテールコースは基本的に支店勤務。

ゆえに、就職難易度は「やや難」、倍率は約30倍と判断。

エリア限定採用でもは女性社員の割合は大きい。男性はかなり少ない。

まとめ

三井住友銀行のマイページを作成する学生は1万人は突破するのではないか。とはいえ、この時点では「プレエントリー」にとどまる。

実際の本エントリーはESを記入して送信した時点。ここで書類選考が実施され、通過した人たちだけが面接に通過できる。

書類選考で50倍超も

エントリーシートによる書類選考

倍率はエントリーシート提出の段階で50~100倍程度になると考えられる。

もちろん、これだけの人数がESを出すことから、大半の人は書類選考の時点で落とされる。面接まで進めるのはごく一部の優秀な学生に限られるのは言うまでもない。

なお、三井住友銀行は毎年大量に新卒の人を雇用するため、応募者数や倍率に関してはあまり年による変動がない。したがって、就職難易度もほぼ固定されている。

面接選考の倍率は?

面接選考

1次面接まで進むことができると、その時点で倍率は10倍くらいに収まるのではないだろうか。ほとんどの応募者はすでに不採用が確定しているが、面接に進めたからと言って内定が手元に近いわけではない。

三井住友銀行では4、5回面接が行われる。最終面接まで進めるのはわずかな割合の学生であり、その時点での倍率は1.5~3倍程度であると考えらえる。

最終面接では入行意志などを中心に聞かれる。志望動機や学生時代に頑張ったことなどは初期の段階で聞かれる内容であるが、役員面接まで行くと本格的に入行するにあたってその人が向いているのかどうかがみられる。

体育会系が多数?

三井住友銀行で重要視されやすい体育会系

ところで三井住友銀行の場合、ほかの銀行と比べて内定者は体育会系という印象が強い。スポーツが得意な学生が採用される傾向にあり、運動が苦手が人はあまり見受けられないという話がよく聞かれる。

就活全体として体育会系の人はきつい仕事やストレスに強い傾向あることから内定を獲得しやすいと言われている。三井住友銀行に限ったことではないがここ々の場合は特にスポーツ系の大学生が強いといえるのではないだろうか。

特に全国総合職の場合は体育会系が多い。地域総合職や一般職に関してはさまざまである。とはいえ、一番人気の職種は全国転勤ありのコースであるため、どうしてもそういったイメージがつく。

おすすめ記事