【就職難易度】三井住友カードの新卒採用の倍率は5~10倍

三井住友VISAカード

三井住友カードの新卒採用の倍率は総合職で約10倍、総合職(地域型)が約5倍と予想。就職難易度はそれぞれ「やや易」「易」に相当し、大手企業の中では入社は比較的容易な方。

採用人数は毎年50~80人ほどで推移。

募集人数は金融業界大手としてはやや少ない人数な一方、クレジットカード会社ということで大学生の間ではあまりなじみがない。ゆえに、倍率および入社までの難易度はそれほど高いものにはならない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★ 10倍、やや易
総合職(地域型) 5倍、易

総合職、総合職(地域型)それぞれの就職難易度はこのような形になる。

倍率および就職難易度はどちらも金融業界の中では低めの水準。クレジットカード(信販)業界そのものが銀行・保険・証券に比べて人気度で劣るのも確か。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

ただし、クレジットカード会社または信販業界という分類の中では確かに就職難易度は高い。

その理由は単純で、社名に「三井住友」という名称が付くためだと考えられる。

総合職の倍率は10倍、難易度は「やや易」

倍率が10倍の総合職(三井住友カード)

三井住友カードの総合職の倍率は約10倍と予測。就職難易度は「やや易」と判断。

全国転勤があって海外への赴任もあるこの職種。三井住友カードの中では最初に多くの学生が応募を検討するところ。

大学で学んでいる専攻分野や持っている知識等が問われない。応募者の主流層は文系の学部学科の学生たち。

クレジットカードに興味関心がある学生のみならず、銀行・保険・証券といった金融業界全般を志望している学生もエントリーする。

特に三井住友銀行や三井住友海上をエントリーした学生の併願先となりやすい。

ただ、三井住友カードはクレジットカード会社大手であるのも関わらず、人気度はそれほど高いものではない。合同企業説明会でも周囲の企業と比較して空席が目立つ。(ここは信販全体に当てはまる共通点)

こうした事情から、倍率は推定10倍、就職難易度は「やや易」との表現が妥当と判断。比較的入社しやすい。

上記の倍率は書類選考の段階での予測数値。1次面接では3~4倍、最終面接では1.5~2倍ほどと推定。

>>三井住友カードの平均年収は700万円と推定、賞与は5.5ヶ月分

総合職(地域型)の倍率は5倍、難易度は「易」

総合職(地域型)倍率は約5倍と予測。就職難易度は「易」と判断。

同様に、大学で学んでいる専攻分野や持っている知識等が問われず、応募者の主流層は文系の学部学科の学生たち。

採用人数は例年だと5~20名ほどとかなり少ないものの、総合職(地域型)は総合職よりもポジションが下という印象があってか、就活中の大学生の中での人気度はやや低い。

給料体系も低い水準にとどまる。同一労働であっても、総合職よりも基本給および賞与、各種手当は低い。

こうした事情により、総合職(地域型)の倍率は5倍前後になると推測。就職難易度は大手企業でも「易」と言える。

他社との比較

三井住友カードの就職難易度を他社と比較した場合、次のことが言える。

  • 他の金融業界よりは若干簡単か
  • JCB、三菱UFJニコスと類似
  • 三井住友フィナンシャルグループの中でも穴場

他の大手クレジットカード会社と事情はよく似ている。

三井住友フィナンシャルグループの中では穴場

三井住友フィナンシャルグループの主力企業である三井住友銀行

三井住友フィナンシャルグループの中では穴場と言える。

金融業を目指す学生たちは、第一志望とするのはメガバンク等の銀行、大手保険会社、証券会社になるだろう。

三井住友系列でいえば、「三井住友銀行」「SMBC日興証券」「三井住友海上」などになるはず。クレジットカード会社である三井住友カードを第一志望とする人はかなり少ない。

そんなこともあって、あくまでも銀行、保険、証券の選考で不採用になってしまった時の代わりの就職先の確保としてエントリーする傾向がある印象。

クレジットカード会社と比較

同じクレジットカード業界である三菱UFJニコス

競合他社の三菱UFJニコス

競合他社であるJCB、三井住友カード、イオンフィナンシャルサービス、オリエントコーポレーションと就職事情は類似。

特にJCB、三菱UFJニコス、三井住友カードは大学生からの人気度はほぼ同じ。

いずれもクレジットカード会社への就職を目指す学生たちは真っ先に志望する企業だが、それは知名度が高いからというだけが理由になりやすい。

どれも例外なく、銀行・保険・証券等の金融業界の滑り止めとしてエントリーするところではある。

一方、イオンフィナンシャルサービス、オリエントコーポレーションなどは金融業としてのイメージが薄かったり、会社名そのものの知名度が低いこともあって、三井住友カードの方がやや難易度は上がる。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。