SMBC日興証券の採用大学を公開、学歴フィルターも濃厚

SMBC日興証券の採用大学は、東大、京大、一橋大、東工大、北大、東北大、名大、阪大、九大、筑波大、横浜国大、神戸大、慶應義塾大、早稲田大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、東京理科大、学習院大、関西学院大、関西大、同志社大、立命館大、日本大学、駒澤大学、東洋大学、専修大学、東海大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大、京都産業大学、龍谷大学、甲南大学、近畿大学、福岡大、東京女子大学、日本女子大、津田塾大など。

他の大手の証券会社やその他金融機関と同じく、出身大学名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」が完全に存在すると判断。

総合コース全国型、総合職コース地域型、事務コースどれも偏差値50以上の大学への偏りやすい。

全国型ではさらに主流層は旧帝大と早慶、GMARCH・関関同立、上位勢の国公立大。


主な採用大学

SMBC日興証券

SMBC日興証券の採用大学は下記の通り。

SMBC日興証券の主な採用大学
東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、神戸大学、筑波大学、一橋大学、東京工業大学、国際教養大学、東京外国語大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学、広島大学、岡山大学、滋賀大学、和歌山大学、熊本大学、長崎大学、鹿児島大学、金沢大学、新潟大学、小樽商科大学、千葉大学、横浜国立大学、首都大学東京、電気通信大学、横浜市立大学、大阪市立大学、大阪府立大学、名古屋市立大学、奈良女子大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、明治大学、法政大学、青山学院大学、中央大学、立教大学、学習院大学、東京理科大学、兵庫県立大学、立命館アジア太平洋大学、南山大学、西南学院大学、弘前大学、秋田大学、山形大学、福島大学、茨城大学、高崎経済大学、埼玉大学、静岡大学、岐阜大学、島根大学、鳥取大学、山口大学、下関市立大学、愛媛大学、北九州市立大学、香川大学、高知大学、徳島大学、佐賀大学、宮崎大学、大分大学、琉球大学、津田塾大学、日本大学、駒澤大学、東洋大学、専修大学、東海大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、神戸市外国語大学、京都産業大学、龍谷大学、甲南大学、近畿大学、福岡大学、東京女子大学、日本女子大学、学習院女子大学、跡見学園女子大学、大妻女子大学、共立女子大学、昭和女子大学、聖心女子大学、白百合女子大学、フェリス女学院大学、東洋英和女学院大学、実践女子大学、神戸女学院大学、同志社女子大学、京都女子大学、武庫川女子大学、甲南女子大学

SMBC日興証券では新卒採用の募集要項を掲載するマイナビにて採用実績校を公表している。

採用人数が毎年300~400名があり、金融業界の中でも多い方だが、証券会社業界首位ということから応募者数は殺到する。大手の銀行(メガバンク)・保険に匹敵する。

学歴フィルターは濃厚

早稲田大学、総合コース全国型の学歴フィルターを余裕でクリア

学歴フィルターを通過できる大学の例(早稲田大学)

上記の採用実績校から、全体像ではGMARCH・関関同立以上のランク帯の難関大学なのがわかる。

俗に言う「学歴フィルター」が確実に存在すると判断。具体的な基準は下記の通り。

  • 国公立大学は全般可、下限なし
  • 私立大学は概ね偏差値50以上(日東駒専・産近甲龍クラス以上)

一部例外があるものの、ボリュームゾーンを見ればこのような条件になると判断。

地域型では偏差値が低い大学からの採用も過去には確かにあるものの、割合的に見ればかなり少ないだろう。

そして、全国型では少なくとも書類選考の段階での合否の判断基準になると思われる。

《参考:SMBC日興証券新卒採用の倍率は5~20倍、就職難易度も考察

職種別の採用大学の傾向

SMBC日興証券では、以下の2種類の職種が新卒採用で用意されている。

  • 総合コース〈オープン採用〉全国型
  • 総合コース〈オープン採用〉地域型
  • 総合コース〈部門別採用〉

職種によって採用大学は異なり、得に採用ターゲット校の有無はそれぞれで事情が異なる。

学歴も総合職は特にターゲットとされるレベルが高いのは、世間一般の大手企業でも同じ。

>>SMBC日興証券の平均年収は推定800万円、賞与は5ヶ月分

総合コース全国型

総合コース全国型

総合コース全国型は早慶上智、旧帝大、GMARCH・関関同立と上位国公立でほとんどが占められる。

幹部候補という性質があり、さらに仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心。

世間一般的にみて「偏差値の高い大学」に相当する大学が採用ターゲット校に設定されていると思われる。

どんなに低く見積もっても、7~8割は旧帝大+早慶上智+GMARCH(理科大含む)+関関同立の出身者になるはず。

SMBC日興証券の学歴フィルターの基準は、他の大手の証券会社、メガバンク、保険会社の総合職並み。

採用ターゲット校が全く存在しないとは到底考えにくい。

総合コース地域型

総合職地域型の面接で聞かれる大学名

総合コース地域型では学歴フィルターは比較的緩やか。それでも、下限は概ね存在すると推測。

上級管理職への登用がなく、出世のスピードも遅くて、幹部候補ではない職種のため、採用ターゲット校は全国型ほど厳しくはない。書類選考の段階から面接までであからさまな学歴重視の傾向は見られない。

それでも、入社した社員の出身大学は、難関大学から中堅までが主流層。少なくとも「Fランク大学」と呼ばれる偏差値40以下の大学は1人いるかいないかのレベル。

複数名の入社が同一年度であるのは日東駒専・産近甲龍クラス以上の大学になるだろう。

部門別採用

総合コース<部門別採用>には下記に細分化される。

  • 投資銀行部門
  • グローバル・マーケッツ部門
  • クオンツ部門
  • システム部門
  • コーポレート部門

採用大学に関しては、傾向はどれも同じだろう。原則として総合コース全国型に準ずる。

したがって、国公立大学全般と早慶上智、GMARCH、関関同立が多数になると思われる。

事務コース

事務コースは特に学歴フィルターはない。日東駒専・産近甲龍クラス未満の大学からも一定数の採用がある印象。

事務コースの業務内容は総合職を補完する役割が大きいこともあってか、学力の高さはまず必要とされない。

実際の入社が多い出身大学では、学習院女子大学、跡見学園女子大学、大妻女子大学、共立女子大学、昭和女子大学、聖心女子大学、白百合女子大学、フェリス女学院大学、東洋英和女学院大学、実践女子大学、神戸女学院大学、同志社女子大学、京都女子大学、武庫川女子大学、甲南女子大学などの女子大が多いと感じる。

偏差値40以下の大学でも採用例は複数あり、むしろ偏差値60以上の大学出身者が少数派。

おすすめ記事

業界別の各企業の採用大学(学歴事情)
業種 会社名
自動車 トヨタ自動車本田技研工業日産自動車マツダSUBARU三菱自動車工業スズキダイハツいすゞ自動車デンソーアイシン精機豊田自動織機ボッシュブリヂストン日立Astemo
電機、重機、工作機械 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機ファナック安川電機三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタ富士通東芝シャープ京セラリコー日本電産村田製作所東京エレクトロンオムロンキーエンスロームコニカミノルタミネベアミツミシマノ
鉄道 JR東日本JR東海JR西日本JR九州JR北海道、<鉄道車両メーカー>、<信号機メーカー
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
電力ガス 東京電力中部電力関西電力東京ガス大阪ガス
石油(資源エネルギー) ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石
製薬 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンク日立ソリューションズ
コンサル・シンクタンク 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティングみずほ情報総研富士通総研帝国データバンク東京商工リサーチ
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行ゆうちょ銀行三井住友信託銀行新生銀行三菱UFJ信託銀行横浜銀行千葉銀行福岡銀行静岡銀行京都銀行
保険 損保ジャパン東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券
信販 JCB三菱UFJニコス三井住友カード
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本取引所グループ日本証券金融農林中央金庫商工中金日本政策金融公庫住宅金融支援機構

上記では業界別に各企業の採用大学または出身者が多い大学について解説。学歴フィルターの傾向は濃いところと薄いところがある。