ソフトバンクへの就職に「学歴フィルター」は関係あるのか!?

ソフトバンクの新卒向けの就職では学歴フィルターは存在するのか。大手企業だとESによる書類選考の段階で手法で、インフラ業界は全般的にこれが広く浸透している。

出身大学そのものが専攻に有利・不利になる。それが学歴フィルターの特徴である。新興企業ともいえるソフトバンクでも大学名は関係あるのか。




ドコモ・KDDIよりは弱い

ソフトバンクの就職での学歴フィルターの傾向は業界内では緩やかな傾向にあるようだ。NTTドコモやKDDIのような他の携帯電話キャリアと比べて大学名はそれほど重要ではない。

偏差値が高い難関大学でもそうではないところでも書類選考や面接で有利になることもなければ不利になることもあまりないと考えられる。

普通の大手企業の場合、内定が取れやすいのは高偏差値かつネームバリューが高い大学だ。

国公立大学であれば東大・京大などの旧帝大レベル、都道府県の県庁所在地に立地する総合大学、私立大学であれば早慶上智、MARCH・関関同立クラスの上位ランクの有名校になる。

中堅レベル以下の偏差値の大学になると内定獲得の難易度がかなり上がる。これが学歴フィルターに当たる。ソフトバンクはこれが薄い。

それでも有名校出身者が多い

難関大学が有利になる学歴フィルター

ただし、実際に内定がもらえて入社するのは有名な大学を出身とする人が多いと感じる。選考で直接有利・不利にはならなくても、優秀と判断される学生とはどうしても偏差値が高い大学に所属する人になりやすい。

エントリーシートの内容や面接での振舞い方は学力が高い人ほど良い傾向にある。それにより、優秀な人材だとみられやすいのも結果として難関大学の学生になる。

ソフトバンクのボリューム層は、国公立大全般に加え、私立大ではMARCH・関関同立クラス以上の学生だろう。

ボーダーラインは日東駒専・産近甲龍クラスといえる。ここから下のランクだとなかなか内定者を見つけるのが難しい。

内定者数がゼロというわけではないものの、割合的には圧倒的に偏差値が高くて有名な大学の学生が多いことには違いない。




コース別でも違う

同じ総合職でもソフトバンクの場合は総合コース・営業コース・エンジニアコースの3種類が用意されている。

応募の際はこれら3つのうちのいずれかを選んで選考を受けるという形になる。

文理 人気度
総合 どちらも かなり人気
営業 主に文系 やや不人気
エンジニア 主に理系 ふつう

各コースの応募者数はそれぞれで違ってくる。これにより、学歴フィルターも各コースで状況が異なる。厳しいところもあれば、緩いところもある。

総合コースは全体的に高学歴化する。人気が高くて倍率が上がるため、人材の質も高い人が内定を獲得する。

一方の営業コースはやや不人気の職種となっている。学歴フィルターがまったくないと断定できないものの、他のコースと比べると緩やかになることが予想される。

おすすめ記事