ソフトバンクの平均年収は約750万円、賞与は年間5ヶ月分

ソフトバンク

ソフトバンクの平均年収は約750万円。過去3年間ではいずれも700万円台ほどで推移。3大携帯キャリアでは最下位。

賞与は年間約5ヶ月が支給。業績給+個人評価で支給額が決定。平均値こそは大手企業でも高い方だが、個人差があるのは確か。

職種別では、総合職が約900万円、アソシエイト職と販売職が約600万円程度と推定。

最終学歴別では、院卒では博士了が900万円、修士了が800万円、大卒(学部卒)が700万円、高専卒が600万円と見込む。


公式の平均年収は782万円

年収782万円の目安(上流階級)
ソフトバンクの平均年収
年度 平均年収
2020年 7,820,000円
2019年 7,820,000円
2018年 7,330,000円

ソフトバンクの従業員の平均年収は「有価証券報告書」にて公表されていて、2019年度では782万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも700万円台で推移。ここ最近は上昇傾向が見られる。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、住宅手当、家族手当、外務手当)などすべてが含まれている。

なお、持株会社である「ソフトバンクグループ」でも平均年収が公開されているが、こちらはまた別会社。

ソフトバンクグループの平均年収
年度 平均年収
2019年 13,893,952円
2018年 12,533,937円
2017年 11,647,660円
2016年 11,581,086円
2015年 11,643,307円
2014年 11,007,184円
2013年 11,463,644円

本当のソフトバンクの給料の目安ではない。

賞与は約5ヶ月分

ボーナス年間5ヶ月分

ソフトバンクの賞与は年間5ヶ月分

ソフトバンクの賞与は年間で約6ヶ月分が支給。会社業績と個人業績で支給額が決定。

製造業のように「〇ヶ月分」に完全固定されているわけではなく、業績連動型で年度ごとに変動。その年度の会社の売上高などにも影響される。

さらに、個人評価も考慮される。成績の良い社員は高めの賞与がもらえ、そうではない社員は下げられる。

総支給額の面では、携帯キャリア各社と大差ないものの、ソフトバンクは個人評価も問われるため、できない社員にとっては都合が悪いだろう。(KDDIも同じ)

勤続年数ごとの年収

ソフトバンクの勤続年数ごとの年収の目安は下記の通り。

  • 新卒採用3年目:500万円
  • 5年目:650万円
  • 7年目:750万円
  • 10年目:800万円
  • 15年目:900万円
  • 20年目:1,000万円

総合職の社員の場合、勤続年数別の年収ベースの金額はこのような感じになる。

ただし、一般的な日本企業のような年功序列型の傾向は小さく、実力主義の色合いが強い。

したがって、勤続年数はそれほど重要ではなく、各社員の能力で給料が決まると言っても過言ではない。

参考:【階級別】年収の目安とは!? レベル別に収入を偏差値化してみた!

年齢ごとの年収の目安

総合職

年収偏差値70

ソフトバンクの総合職の推定年収は平均で900万円と推定。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

年齢別では、20代は400~600万円、30代は600~1,000万円、40代及び50代は700~1,500万円になるだろう。

職種・部門は事務系、技術系の2種類があるものの、給料体系に関してはそれぞれの違いはない。

アソシエイト職、販売職

年収偏差値55
ソフトバンクのアソシエイト職、販売職(ソフトバンク クルー)の推定年収は平均で600万円と推定。

年齢ごとの年収は下記が目安。(事務系・技術系どちらも共通)

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-550万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,000万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

年齢別では、20代のうちは年収が300~550万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,000万円が相場。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

ソフトバンクの最終学歴ごとの平均年収は、院卒では博士了が900万円、修士了が800万円、大卒(学部卒)が700万円、高専卒が600万円と推定。

最終学歴だけで初任給が大きく異なる。賞与も基本給を基に計算されるため、それぞれで差が出る。

次に初任給について。

ソフトバンクの初任給

■総合職
博士了:月給274,800円~
修士了:月給264,200円~
大 卒・高専卒(専攻科):月給243,000円~
高専卒(本科):月給233,000円~
■アソシエイト職:月給205,000円
■販売職(ソフトバンク クルー):月給206,000円

出典:マイナビ2021「ソフトバンク(株)」

本当の基本給に対する初任給に限ってみれば、ソフトバンクは一般的な企業と大差ない。


広告

おすすめ記事

インフラ/総合商社業界の年収について
業種 会社名
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事双日豊田通商兼松
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力沖縄電力北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃日本原子力発電ユーラスエナジーHDSBエナジー三菱日立パワーシステムズイーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス静岡ガス京葉ガス北海道ガス広島ガス北陸ガス
石油 ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモ石油国際石油開発帝石伊藤忠エネクス

上記ではインフラ業界及び総合商社の平均年収および給料体系について解説。