ソニーグローバルソリューションズの採用大学と就職難易度(倍率)を公開

ソニーグローバルソリューションズ

ソニーグローバルソリューションズの採用大学は東大、京大、東工大、一橋大、阪大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横国大、千葉大、横市大、東京都立大、電通大、東京農工大、名工大、広島大、豊橋技科大、九業大、岩手県大、広島市大、芝浦工大、等。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」が大いに存在する判断。大多数派はMARCH、関関同立以上と国公立全般。

新卒採用の倍率は約20倍になると予想。就職難易度はそれぞれ数ある企業の中でも「ふつう」に該当するが、理系中心である点が理由。


主な採用大学

ソニーグローバルソリューションズの採用大学は下記の通り。

ソニーグローバルソリューションズの主な採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、東京都立大学、電気通信大学、東京農工大学、名古屋工業大学、広島大学、豊橋技術科学大学、九州工業大学、岩手県立大学、広島市立大学、芝浦工業大学、北陸先端科学技術大学院大学

上記はマイナビにて採用実績校として掲載されているのが確認できた大学。

採用人数が毎年20名前後があるが、上記の一覧から一部を除いてほぼすべての出身大学は誰もが知っている有名な大学が多いのが読み取れる。

参考:ソニーの採用大学を調査! 学歴フィルターの事情も考察

学歴フィルターが強め!?

学歴フィルターのボーダーライン

ソニーグローバルソリューションズの学歴フィルターのイメージ

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」がある程度存在すると読み取れる。

国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:偏差値60以上?(概ねMARCH・関関同立以上)

国公立大学の場合は偏差値の制限は特に読み取れない。旧帝大から地方国公立まで様々。

一方の私立大学は、概ねMARCH、関関同立以上が主流層。「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中、四工大が絶対的なボーダーライン。

偏差値55に満たない、俗に言う「Fラン」と呼ばれる大学からの採用例はない。大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴には少なからず当てはまる。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターの対象範囲

ソニーグローバルソリューションズにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍、四工大
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

大東亜帝国、摂神追桃クラスの大学からの採用実績は確認できなかった。

ソニーグローバルソリューションズが属するソニーグループの中核会社「ソニー」と比較しても、学歴フィルターの傾向は強め。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
理系 ★★★ 20倍、ふつう
文系

ソニーグローバルソリューションズの新卒採用を実施する職種はIS/ITエンジニアコースで大卒・院卒向け。

採用人数は例年20名前後となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約500人前後と思われる。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

学部学科について

エントリーシート

ソニーグローバルソリューションズは募集対象の専攻分野は「全学部全学科」とされている。

ただし、実際のところは内部の人員配置計画に沿って、文系・理系の区別があるものと思われる。

ほとんどの年度では、IS/ITエンジニアコースのみの採用となっている。ゆえに、採用ターゲットも基本的には理工系の人材と思われる。

理系の中では、専攻分野がプラスに働かないバイオ・生物系、農学系、医療系の学生の応募はかなり少ないと見込まれる。

文系の採用はほとんどないだろう。ソフトウェア開発などの知識を持っている人でない限り、単純な「事務系」としての採用は乏しい。

ソニーグループ本体と比較しても、事務系の採用はほとんどないため、文系の就職は非現実的で困難。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム豊田合成ジェイテクト大同メタル工業プライムアースEVエナジートヨタ九州愛知製鋼日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン芝浦機械キオクシア
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHIファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業ミネベアミツミコニカミノルタロームシマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。