ソニーLSIデザインの新卒採用の倍率は20~30倍、就職難易度も

ソニーLSIデザイン

ソニーLSIデザインの新卒採用の倍率は技術系が約20倍、事務系が約30倍と推定。就職難易度それぞれ「やや易」「かなり難」に該当。

採用人数はここ数年は100人前後、企業規模や知名度、事業分野を考慮すると応募者数は毎年2,000人程度になるのではないかと考える。

ソニーグループの傘下で、社名に「ソニー」が付くこともあって、新卒採用では特に人気の就職先。書類選考でほとんどの応募者が落とされ、その中で1次面接から最終面接まで進んで内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★★ 20倍、ふつう
事務系 ★★★★ 30倍、やや難

ソニーLSIデザインの技術系職種(ハードウェア設計、ソフトウェア設計、評価、測定、評価システム開発、設計環境構築)、事務系職種(管理、リソースマネジメント、人事総務)の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当。

募集状況から、理系が主力の技術と文系が主力の事務では応募者の傾向が異なる。事務は特に専攻分野の制限がないことで、常に供給過剰な傾向が見られる。

技術系は採用人数に対して応募者数は事務系ほど厳しい競争にはなりにくい。業務内容と関連する専攻分野を学ぶ情報工学系などに限られるため、事務系と比べて倍率が下がる。

とはいえ、いずれもエントリーシートによる書類選考から最終面接まで残ることはまったく容易ではない。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

技術系は倍率20倍、難易度は「ふつう」

SE(システムエンジニア)

ソニーLSIデザインの理系を対象とする技術系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍程度と推定。

仕事内容は言うまでもなく、ハードウェア設計、ソフトウェア設計、評価、測定、評価システム開発、設計環境構築など。

募集対象の学部学科に関しては基本的に情報系統の理工系学部。理系でも通常のバイオ・生物、農学系、医療系は対象外。

書類選考から面接まで、情報系や機械工学の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

ソニーLSIデザインは大学生にとっては比較的華やかな印象が大きい会社であるものの、入社時点で高い専門性を求められる分野であるため、応募できる学生は限られる。

社名こそは注目度が高いものの、エントリーする学生層が限定されるという理由から、就職難易度は「ふつう」、倍率はおよそ10倍と判断。

事務系の倍率は30倍、難易度は「やや難」

ソリューション営業

一方の文系を対象とする営業の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。理系の技術系とは対照的。

正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

その一方、募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。

このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、教育学部、社会学部、商学部、外国語学部などの文系全般だが、これらだけでもかなりの数になる。

理工系の学部学科に在籍する学生が中心の技術系職種とは違って、潜在的な応募者の母数そのものがまったく異なる。

その上、社名に「ソニー」が付くことでエントリー者数がより増える。

文系は特に自分の専攻分野を活かすことを前提に就職先を決める例は少なく、単に「社名に『ソニー』が付いているから」という理由で志望する学生も少なくないだろう。

こうした事情から、ソニーLSIデザインの総合職の倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

親会社と比較して

ソニーグループ本社

ソニーLSIデザインは前述の通り、総合電機メーカー「ソニー」の傘下の子会社。日立グループに属する。

親会社はテレビCMを放映する企業でもある。ゆえに、社名こそは知っているところ。

ソニーLSIデザインはその子会社のため、ソニーグループ本体よりは応募者数は確かに少ない。

参考:ソニーLSIデザインの採用大学を公開! 学歴フィルター有

理系は簡単、文系は大差ない?

理工系

ただし、職種によって簡単か難しいかは異なる。

理系を対象とした技術系職種は確かにソニーグループの技術系総合職よりは就職難易度は下がる。

情報工学関係、機械工学科関係を専攻分野とする学生そのものは少ない上、企業のポジション的にも「ソニー本体>ソニーLSIデザイン」となることが影響。

一方の文系を対象とした営業、管理部門スタッフは採用人数が大幅に少ないこともあって、ソニーLSIデザインもソニー本体も就職難易度の面では変わらない。

どちらも大手企業の中でも特に内定を獲得するのが難しい企業。運が良かった学生しか入社できない。

おすすめ記事