相鉄の採用大学と就職難易度および倍率の調査結果

相鉄

相鉄(相模鉄道)の採用大学は東大、京大、東工大、一橋大、名大、東北大、北大、早稲田大、慶應義塾大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、筑波大、横浜国立大、横浜市立大、千葉大、東京外国語大、東京都立大、電気通信大、埼玉大、日本女子大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、芝浦工業大、東京都市大、神奈川大、東海大等。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は、総合職ではがちがちに存在、エキスパート職はまったく存在しない。

新卒採用の倍率は、総合職は約100倍、エキスパート職は約30倍になると予想。就職難易度は、大手企業の中では「最難関」に該当。入社は極めて困難で、運で決まると言っても過言ではない。


主な採用大学

相鉄の採用大学は下記の通り。

相鉄の採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、筑波大学、横浜国立大学、横浜市立大学、千葉大学、東京外国語大学、東京都立大学、電気通信大学、埼玉大学、日本女子大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、芝浦工業大学、東京都市大学、神奈川大学、東海大学

上記はマイナビ「相鉄」にて掲載されている採用実績校の大学。先輩社員の出身大学を示す。

採用人数は毎年15名くらい(総合職:約5名、エキスパート職:約10名)だが、出身大学は様々・旧帝大や早慶のような「最難関大学」から、偏差値が著しく低い「Fランク大学」まである。

参考:鉄道会社への就職で有利/不利になる大学! 学歴フィルターを考察

総合職は学歴フィルター有り

総合職の学歴フィルターの範囲

総合職の学歴フィルターの範囲

相鉄の総合職の場合、採用されやすい大学とそうではない大学を一覧化すると、下記のようになるだろう。

有利/不利 対象大学
優勢 旧帝大+3(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)
早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)
筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、電気通信大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学、金沢大学など)
GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
中立
劣勢 上記以外

相鉄で優勢になるのは難関大学であるのは確か。

旧帝大(東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、東北大学、北海道大学)とそれに準じる一橋大学、東京工業大学、神戸大、そして早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)。

旧帝大に次ぐ難関国公立大学に該当する筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、名古屋工業大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学、金沢大学なども在籍学生数の割には多め。

次に、難関私立大学に該当するGMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)。

ここまでが、相鉄の総合職にて就職実績のある大学。

エキスパート職は学歴不問

学歴フィルター無し

相鉄のエキスパート職は学歴不問と思われる。大学名で有利・不利になることはないだろう。

有利/不利 対象大学
優勢 特になし
中立 特になし
劣勢 特になし

日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)などの中堅私大から、大東亜帝国(大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学)まで採用は確かにある。

総合職をはじめ、超大手企業となると「学歴フィルター」ではじかれる可能性ところ。

相鉄ではこのような、学歴フィルターでは引っかかる所の大学からも採用例が存在。

就職難易度と倍率

新卒採用を実施する相鉄
職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系総合職 ★★★★★+ 100倍、最難関
技術系総合職 ★★★★★ 50倍、かなり難
エキスパート職(乗務) ★★★★ 30倍、やや難
エキスパート職(車両技術) ★★★★ 30倍、やや難

大卒・院卒向けで新卒採用を実施する職種は総合職。事務系(文系)と技術系(理系)の2つがある。

採用人数は例年15名前後となっている。非常に少ない人数。応募者数に関しては、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

《参考:鉄道会社の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

総合職

総合職という括りでも、実際には理系限定の技術系と、文系を中心とする事務系で区分される。

就職難易度は「事務系>技術系」という構造。

技術系

技術系総合職

相鉄の理系を対象とする技術系総合職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍程度と推定。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

ただし、採用人数も若干名にとどまるため、倍率は相当な数値になる。

こうした背景を考えると、就職難易度は「かなり難」、倍率はおよそ50倍と判断。

事務系

文系を対象とする事務系

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

鉄道に興味関心のある学生だけでなく、インフラ業界などの安定した企業を目指す学生も殺到することもあって、数ある企業の中でも特に応募者数が多い。

こうした事情から、相鉄の事務系の倍率は100倍と推定。就職難易度は「最難関」との表現が妥当と判断。

エキスパート職

相鉄のエキスパート職

鉄道会社の現業部門にあたるエキスパート職は、下記のコースに分かれる。

  • 乗務(駅員・車掌・運転士)
  • 車両技術(保線、車両、電気、土木等)

就職難易度は「乗務>車両技術」という構造。

乗務(駅員・車掌・運転士)

相鉄のエキスパート職のうち、乗務(駅員・車掌・運転士)の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

事務系総合職と同じく、専攻分野の指定はない。全学部全学科を対象とする。

鉄道に興味関心のある理系学生はかなり多い。駅員・車掌・運転士などになりたいという学生は相当な数にのぼり、就職難易度は「やや難」、倍率はおよそ30倍と判断。

車両技術

車両技術の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。

電気系、土木系、建築系、機械系の鉄道技術部門に携わるコースだが、鉄道に興味関心のある学生はまだまだ多く、理系の多くは技術サービスに応募。

ただ、採用人数もかなり少ないことから、車両技術も倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

おすすめ記事