大鵬薬品の採用大学と就職難易度(倍率)を公開

大鵬薬品

大鵬薬品工業の採用大学は、東大、京大、阪大、神戸大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、青山学院大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、筑波大、千葉大、埼玉大、名市大、金沢大、岡山大、広島大、熊本大、長崎大、大分大、日大、駒大、近畿大、甲南大、工学院大、広島修道大、北里大、麻布大、京都薬科大、岐阜薬科大、帝京大、フェリス女学院大、武蔵大等。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は若干ながら存在すると判断。中堅私大からも多数の採用がある一方、偏差値が40以下の大学からも採用例があるが、主流派は中堅大学以上。

新卒採用の倍率は、MR職、コンシューマーヘルスケアMR職、学術職、開発職、CMC研究技術職(合成研究)、生産系技術職(生産技術・品質管理)いずれも約10倍になると予想。就職難易度は、上場企業と比較すると「やや易」に該当。


主な採用大学

大鵬薬品工業の採用大学は下記の通り。

主なの採用大学
東京大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、青山学院大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、筑波大学、千葉大学、埼玉大学、名古屋市立大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、長崎大学、大分大学、日本大学、駒澤大学、近畿大学、甲南大学、工学院大学、広島修道大学、北里大学、麻布大学、京都薬科大学、岐阜薬科大学、帝京大学、フェリス女学院大学、武蔵大学

上記はマイナビ「大鵬薬品工業」にて掲載されている採用実績校の大学。

採用人数は毎年50名前後だが、国公立大学全般と中堅私大以上がメイン。例外もいくつかあるとはいえ、主流派はある程度学力がないと入れないところばかり。

学歴フィルター:偏差値50以上

大鵬薬品工業の学歴フィルターの目安

採用大学のボリュームゾーンのイメージ図

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」があると読み取れる。

国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:偏差値50以上

国公立大学は地方立地のところからも採用例があり、特に制限はない。

私立大学も「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中に相当する偏差値50以上が中心。

偏差値50に満たない大学からも採用例はゼロではない(例えば、帝京大学、フェリス女学院大学)。とはいえ、その数は相当少ない。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターの対象範囲

難関大学

大鵬薬品工業における大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍、四工大
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランク帯で採用実績が空白となっている大学群はない。

他の製薬会社と比較して、特に大きな違いはない。業界問わず、大手企業の場合では、就職先としてある程度人気の会社だと、上記のようになりやすい。

日東駒専・産近甲龍クラスに満たない偏差値の大学になると途端に採用数は少なくなる。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
MR職 ★★ 10倍、やや易
コンシューマーヘルスケアMR職 ★★ 10倍、やや易
学術職 ★★ 10倍、やや易
開発職 ★★ 10倍、やや易
CMC研究技術職 ★★ 10倍、やや易
生産系技術職 ★★ 10倍、やや易

大鵬薬品工業にて新卒採用を実施する職種はMR職、コンシューマーヘルスケアMR職、学術職、開発職、CMC研究技術職(合成研究)、生産系技術職(生産技術・品質管理)。それぞれの就職難易度および倍率の目安は上記と考える。

採用人数は毎年50名前後で推移。会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約500人前後と思われる。

《参考:製薬業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

開発職、CMC研究技術職

開発職、CMC研究技術職は、理系の大学院卒を対象とする研究職の就職難易度は「ふつう」。倍率は約10倍程度と推定。

募集対象の学部学科に関しては基本的に薬学部、農学部、理工系学部。専攻分野の指定が職種ごとに設けられている。院卒(修士了)または6年制大学卒業(薬学部など)であることが条件。

募集の範囲が狭いほど、原則として応募者数は下がり、その分就職難易度は下がる。

生産系技術職

生産系技術職もまた、理系の院卒または学部卒を対象。就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

募集対象の学部学科に関しては基本的に機械系や化学系の理工系学部。同じく専攻分野の指定が職種ごとに設けられている。

文系を対象とはしないため、応募人数はそれほど多くはならない。

応募者層は主に機械工学系、化学系、物理系の専攻分野に携わる学生が多い。同じ理系という括りだが、開発職、CMC研究技術職とは専攻分野は異なる。

MR、学術職

文系を対象とするMR職とコンシューマーヘルスケアMR職、学術職の就職難易度も「やや易」。倍率は約10倍と推定。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。専攻分野は一切問われず、採用ターゲットとなる学部学科はない。

応募する人は確かに多いものの、募集人員もその分多いこともあって、倍率と就職難易度では大きな違いはないと考える。会社名の知名度に乏しいことも背景にある。

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業
   

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。