大陽日酸の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

大陽日酸

大陽日酸の採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、阪大、神戸大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、慶應大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横国大、千葉大、東京都立大、東京外国語大、電気通信大、お茶の水女子大、埼玉大、名古屋市立大、名古屋工業大、京都工芸繊維大、大阪府立大、大阪市立大、金沢大、岡山大、広島大、信州大、滋賀大、豊橋技科大、三重大、富山大、滋賀大、和歌山大、国際教養大、滋賀県立大、南山大、近畿大、甲南大、龍谷大、芝浦工業大、東海大など。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は存在すると読みとれる。

新卒採用の倍率は約20~30倍になると予想。就職難易度は数ある企業の中でも「ふつう」から「やや難」に該当。化学メーカーではやや低いものの、製造業としては決して低い水準とは言い難い。


主な採用大学

大陽日酸の採用大学は下記の通り。

大陽日酸の採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、東京外国語大学、電気通信大学、お茶の水女子大学、埼玉大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、京都工芸繊維大学、大阪府立大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、滋賀大学、熊本大学、弘前大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、東京学芸大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、三重大学、富山大学、福井大学、滋賀大学、和歌山大学、島根大学、香川大学、徳島大学、愛媛大学、九州工業大学、鹿児島大学、国際教養大学、滋賀県立大学、兵庫県立大学、高知工科大学、南山大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、芝浦工業大学、東海大学

上記は主な大学の公式ウェブサイトにて就職実績一覧に「大陽日酸」が掲載されているのが確認できた大学。

採用人数は毎年70~100名にも上るが、全体的には難関大学ばかり。例外もいくつかあるとはいえ、主流派はある程度学力がないと入れないところばかり。

《参考:〈学歴調査〉自動車メーカーの採用実績校、大学名を一覧化

学歴フィルターはある

学歴フィルター

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」があると読み取れる。

国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:日東駒専、産近甲龍、南愛名中、四工大以上

国公立大学は地方立地のところからも採用例があり、特に制限はない。

一方の私立大学は「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中以上。偏差値60に満たない大学からの採用例に乏しい。大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴が見られる。

学歴フィルターの対象範囲

大陽日酸における大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍、四工大
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、「日東駒専まで」と言える。

なぜこんなに難関大学ばかり?

そもそも大手企業で「学歴フィルター」の基準が緩いところの理由として下記がよくある。

  • 知名度が低いBtoB企業
  • 事業内容は不人気(大学生にとって魅力がない)
  • 経営状況が悪い

大陽日酸は知名度という点では確かに低いと言える(就労経験がない大学生の間での話)。ただ、業界マップでは「化学メーカー」のページは登場する。

そのため、住友化学、三菱ケミカルなどと併願する学生が殺到しやすい。

事業内容に関しても、化学メーカーということで、製造業の中でもイメージが沸きやすい。

こうした背景により、大陽日酸では応募者数が募集人員を大幅に超過し、より優秀な学生が集まる難関大学の在籍学生が内定を獲得すると考察。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系総合職 ★★★ 20倍、ふつう
事務系総合職 ★★★★ 30倍、やや難

新卒採用を実施する職種は大卒・院卒向けの総合職。文系・理系ともに同時に選考が行われる。

採用人数は例年50名前後となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約1,000人前後と思われる。

《参考:<偏差値表>化学メーカー業界の就職難易度をランキング化

技術系総合職

理系を対象とする技術系総合職

技術系総合職の倍率は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」と判断。

仕事内容はガス生産、プラント及び機器製作・メンテナンス、設計、セールスエンジニアなど。

工学部や理学部などの理系の中でも特定の学部学科に所属する学生の中での競争になる。

技術系の倍率は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」と判断。

事務系総合職

文系が主流の事務系総合職

事務系の倍率は約30倍と推定。就職難易度は「やや難」と判断。

主な業務内容は、国内・海外営業、資材調達、経理、人事、総務、経営企画、生産管理。特に大学での専攻分野は問われず、全学部全学科を対象としているため、応募者の大半は文系の学生である。

事務系へ応募するのは経済学部・法学部・文学部・教育学部・外国語学部などがほとんどだが、これだけでも募集人員に対して相当な人数に上る。

日本の学生の割合別で見ても文系が全体の7割を占めている。このため、他の一般的な企業と同じく事務系に応募する人数が多くなりやすい。

応募者数は500人以上には少なくとも達するだろう。倍率は30倍と推測。就職難易度は大手企業の間でも「やや難」。

採用人数

大陽日酸のこれまでの新卒採用者数は下記の通り。

  • 2012年4月  事務系/21名 技術系/20名 計41名(技術系内高専5名)
  • 2013年4月  事務系/15名 技術系/16名 計31名(技術系内高専5名)
  • 2014年4月  事務系/12名 技術系/10名 計22名(技術系内高専5名)
  • 2015年4月  事務系/13名 技術系/10名 計23名(技術系内高専5名)
  • 2016年4月  事務系/16名 技術系/16名 計32名(技術系内高専6名)
  • 2017年4月  事務系/16名 技術系/23名 計39名(技術系内高専6名)
  • 2018年4月  事務系/17名 技術系/28名 計45名(技術系内高専7名)
  • 2019年4月  事務系/30名 技術系/33名 計63名(技術系内高専4名)
  • 2020年4月  事務系/31名 技術系/31名 計62名(技術系内高専3名)

上記はマイナビに記載の統計状況。毎年、事務系・技術系ともにそれぞれ10~30名で推移。合計では20~60名となっている。

化学メーカーとしては少ない採用人数。


広告

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソー大陽日酸DIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産昭和電工関西ペイントJSR日亜化学三菱ガス化学クラレエア・ウォーターADEKAアイカ工業日油アース製薬
化粧品 コーセー資生堂マンダムノエビア

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。