武田薬品の新卒採用の倍率は50~100倍、就職難易度を考察

武田薬品工業

武田薬品工業の新卒採用の倍率は総合職(MR)が約100倍、開発職、技術開発職、生産技術職、研究職、研究技術職が約50倍と推定。就職難易度それぞれ「最難関」「かなり難」に該当。

採用人数はここ数年は30人前後、以前こそは100名程度あったものの、近年は特に少なく、その分競争率が激化。

製薬業界では首位に君臨し、誰もが聞いたことがある企業。書類選考でほとんどの応募者が落とされ、その中で1次面接から最終面接まで進んで内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職(MR) ★★★★★+ 100倍、最難関
開発職 ★★★★★ 50倍、かなり難
技術開発職 ★★★★★ 50倍、かなり難
生産技術職 ★★★★★ 50倍、かなり難
研究職 ★★★★★ 50倍、かなり難
研究技術職 ★★★★★ 50倍、かなり難

武田薬品工業の総合職(MR)、開発職、技術開発職、生産技術職、研究職、研究技術職の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

製薬会社では基本的に理系の職種よりも文系向けのMRの方が倍率こそは高くなりやすいものの、武田薬品工業はそもそも採用人数が全職種にわたって少ないため、難易度はほとんど同じと考えてよいだろう。

いずれもエントリーシートによる書類選考から最終面接まで残ることはまったく容易ではない。

《参考:製薬業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

理系は倍率50倍、難易度は「かなり難」

武田薬品工業の研究職

武田薬品工業の理系を対象とする開発職、技術開発職、生産技術職、研究職、研究技術職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍程度と推定。

仕事内容は言うまでもなく、薬品の研究・開発とその生産設備の構築等。

募集対象の学部学科に関しては基本的に薬学部、農学部、理工系学部。

具体的には下記の通り。

研究職:薬学、工学、農学系(分析化学、物理化学、薬剤学、創剤/製剤工学、生物薬剤学等の専門性を有すること)

技術開発職:薬学、理学、工学、農学系などの分野を専攻された方(特に、有機化学、物理化学、分析化学、生物化学等の専門性を有すること)

生産技術職:薬学系 、理学系、工学系、農学系

薬事職:薬学系、生物系、生命科学系、医学系、歯学系、獣医学系、農学系、医療・保健学系

研究技術職:薬学、化学、工学、理学、農学系

開発職:薬学系、生物系、生命科学系、医学系、歯学系、獣医学系、農学系、医療・保健学系

出典:武田薬品工業「募集要項・選考プロセス

書類選考から面接まで、理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

武田薬品工業は大学生にとっては比較的華やかな印象が大きい会社であるものの、入社時点で高い専門性を求められる分野であるため、応募できる学生は限られる。

総合職(MR)の倍率は100倍、難易度は「最難関」

MR(医薬情報担当者)

一方の文系を対象とする総合職(MR)の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

総合職だけでも応募者数は2,000人近くになるのではないかと推定。正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

業務内容は「入社後、第一線でのMR(医薬情報担当者)としての経験をベースに、本部/グローバルファンクション/海外アサインメント等、短期間でのローテーションを経て、将来の経営幹部を期待するポジション」との事。

その一方、募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。

このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、これらだけでもかなりの数になる。

文系人口は理工系と比べても大幅に大きい。日本の大学生の文理比率は「文系:理系=7:3」で、圧倒的に文系が多い構造。

理系というグループに属する学生だけを対象とする研究職、開発職、技術職などとは事情はまったく異なる。

こうした事情から、武田薬品工業の総合職(MR)の倍率は100倍と推定。就職難易度は「最難関」との表現が妥当と判断。

大手製薬の中でも採用人数が少ない

武田薬品工業は大手製薬会社に該当するが、採用人数は大幅に少ない。

他社では同じ規模だと100名程度に上る。武田薬品工業は30名程度ということで、その3分の1に過ぎない。

一方、応募者数は大きく違わないと思われ、テレビCMを放映する企業でもあることを考えると、単純に他社よりも倍率は高めになると推定。

>>武田薬品工業の採用大学を公開! 学歴フィルターの事情も考察

理系・文系ともに難しい

就活中の文系・理系の大学生たち

理系を対象とした開発職、技術開発職、生産技術職、研究職、研究技術職でも、文系向けの総合職(MR)でも就職難易度には大きな差がない。

どちらも大幅に入社が難しいことには変わりなく、内定獲得には運の要素が必須。優秀な人材というだけでは選ばれないくらいのレベル。

所属する学部学科が薬学系、理学系、工学系、農学系であっても、これだけでも応募者数が募集人員に対して大幅に超過。

単に「理系だから」「対象の専攻分野に該当するから」というだけでは、内定はもらえない。

おすすめ記事