TBSの新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

TBSの新卒採用の就職難易度

株式会社TBSテレビの新卒採用の倍率もまた他局と同じく100倍以上でかなりの数値になると予想される。採用人数はどの職種でも若干名。それに対して応募者数は数千人規模になると思われる。

就職難易度はもはや「最難関」というレベルになる。内定獲得には運の要素も必要、単に何かの能力に優れているだけでは入社はできない。

関東広域圏放送局ということでTBSには多くの大学生・大学院生が集まる。テレビ業界を志望する人が多いのも倍率が高い理由でもある。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) レベルの目安
デザイナー職 ★★★★
技術職 ★★★★★ 最難関
アナウンサー ★★★★★ 最難関
一般職 ★★★★★ 最難関

TBSの職種ごとの就職難易度は、技術職と一般職は「最難関」、デザイナー職とアナウンサーはワンランク下がって「難」に該当する。

いずれも倍率がかなり高くて競争が激しいものの、入社の時点で高い専門的な知識を持っていることが求められる職種は若干難易度が下がる。

>>マスコミ業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

技術職・一般職の倍率は100倍以上か

TBSの職種でも技術職と一般職では倍率は100倍を超えるものと予想する。しかも正直に言うと、もはや無限大と言っても過言ではない。

採用人数がそれぞれで若干名として記載されていなく、実際の採用人数は年によって変わる。とはいえ、大手企業としては少ない人数にとどまる。

応募する学生数がカギを握るものの、TBSで人気のドラマやバラエティーが放送されると応募者数は一気に殺到する。

技術職と一般職は特に特定の分野の知識を持っていなくても新卒採用で応募できるのが特徴だろう。

技術職は情報系の学部学科に所属している学生がターゲットだが、それでも高度な専門性が問われるというほどとは考えにくい。

一般職は文系学部の学生が多く応募し、特に専門的な知識は問われず、入社後のポテンシャルだけが問われる。

限られた学生ではなく不特定多数の学生が応募できるため、倍率も上がる。結果として就職難易度も「最難関」になる。

デザイナー職とアナウンサーは若干下がることも

TBSのデザイナー職、アナウンサーの採用

同じTBSでもデザイナー職は新卒採用でも就職難易度はやや低い。応募する学生が特定の人たちに限られるためだ。一方のアナウンサーは逆に高い。

デザイナー職は主に映像・動画のクリエイトに関する知識や技術を持っている学生がターゲットになる。すなわち、応募するのも芸術系の学部学科に所属する学生になる。

普通の人にはできない仕事内容ということから、応募する人数が少ない。倍率も20、30倍くらいが目安になると予想する。

アナウンサーに応募するのもまた特定の学生に限られる。模範的な解説が口頭でできることが求められ、事務系や技術系とはまったく性質が異なる。

ただ、アナウンサーはテレビ局では代表的な職業であり花形でもある。採用人数も極端に少ないため、倍率は100倍以上には達する。500~1,000倍になることも予想される。

>>アナウンサーの新卒採用の倍率は1,000倍! 就職難易度を調査

出身大学はどこが多い?

TBSの内定者の出身大学

>>テレビ局への就職の学歴フィルター事情! どこの大学が多い!?

TBSでも他の関東広域圏放送局のように「学歴フィルター」も存在する可能性が大きい。出身大学で選考での有利・不利が決まる制度を指すが、膨大なESを効率よく振るいにかける手段として使われるだろう。

ボリュームゾーンはやはり偏差値が上位の難関大学になる。国公立大なら旧帝大クラス、私立なら早慶上智クラスになる。

MARCH、地方の国公立大もゼロではないものの、ボリュームゾーンからは外れる。割合としては一部に限られ多数派とは言い難い。

中堅以下の偏差値の学校に所属する学生にとってはよりハードルが上がると考える。ボリュームゾーンからは大きく外れる。

日東駒専・産近甲龍を参考にしても、実際に学生数が多い割にはテレビ局に入社する学生数が少ない。

もっともこれはTBSに限った話ではなく、大手企業全般に当てはまる共通点だろう。放送業界もその例外ではなく、民放各社も出身大学は特に書類選考での結果に影響を与えやすい。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?


広告

おすすめ記事