転職での学歴フィルターとは!? 大学名は中途採用でも重要だった!

転職での学歴フィルターの事情

転職の世界でも「学歴フィルター」は存在する可能性が大きい。出身大学だけで有利・不利が決まる目には見えない制度であり、学校名だけで選考の合否を決める仕組みである。

応募者が殺到する新卒採用の世界では、大手企業を中心に存在すると言われている。しかし、それは就活中の大学生や院生に限った話ではない。

中途採用で社会人経験者を募集している場合でも、応募者が多い会社では学歴フィルターがあるかもしれない。




転職での学歴フィルターの基準

具体的な大学別の「学歴フィルター」の基準は以下の表のような感じになる。国公立と私立それぞれで分けてみるとこうなる。

 国公立大学 私立大学
難関 旧帝大  早慶上智
上位 主要都市の国立大 MARCH・関関同立・東京理科
中の上 地方国公立
  <ボーダーライン>
 中堅 公立単科大学 日東駒専・産近甲龍
下位 該当なし 大東亜帝国・摂神追桃
Fランク 該当なし その他、無名大学

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

基本的には、新卒採用の時の学歴フィルターの基準と同じである。社会人経験があるからといって、ボーダーラインが下がるというのはあまり考えにくい。

偏差値が高くて入学が難しい大学ほど優遇されるだろう。また、ネームバリューのある有名な大学であることも重要になってくる。

旧帝大・早慶上智は楽勝

学歴フィルター(中途採用)

転職であってもやはり国公立大学なら旧帝大クラス、私立大学なら早慶上智あたりが有利になってくる。書類選考では通過できる確率が大幅にアップする。

東京大・京都大をはじめ、北海道大・東北大・東工大・一橋大・名古屋大・大阪大・神戸大・九州大は「旧帝大クラス」といわれる国立大になる。

いずれも学歴フィルターでは何の曇りもなく通過できるはずだ。

早稲田大・慶応義塾大・上智大は「最難関私大」にあたる大学であり、これらを知らない人はいないはず。

ビジネスマンならだれでも知っていて、少なくとも学歴フィルターの有無が心配される企業で働く人なら知っている。

中途採用においても、これらが出身校であれば学歴フィルターは余裕でクリアできる。

主要国公立・MARCH・関関同立も

大都市圏や主要都市を代表する国公立大学もまた、学歴フィルターはクリアできる。引っかかるということはないはずだ。

主要国公立とは、首都圏なら千葉・埼玉・横浜国立・横浜市立・首都大(東京都立大)などである。

私立大であればMARCH・関関同立・東京理科大がこのランクに入る。同じく学歴フィルターでアウトになることはないだろう。

旧帝大・早慶上智ほどの威力はないものの、上位レベルの大学を卒業としているということで、相当高い評価を獲得できるはず。

書類選考の段階でも出身大学に問題があるからという理由で不採用になることはまずないと考えてよい。

MARCHは就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

関関同立なら就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

地方の国公立大学も転職で有利

一方で大都市圏ではなく地方の県庁所在地にある地方の国公立大学はどうだろうか。

結論を言うと、こちらもまた転職でも学歴フィルターに引っかかることなく、有利に選考に進める可能性が大きい。

地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

国公立大学出身者は以下のような好印象を与えることが多い、

  • 勉強ができて知識がある
  • 社会人としてのマナーがある
  • 仕事にまじめに取り組む

こうした傾向から、地方の国公立大学であっても中途採用でも新卒採用と同じくらい有利に進めるだろう。不利になるということはまずないと考えられる。




不利になってくるのは?

 国公立大学 私立大学
微妙 公立単科大学 日東駒専・産近甲龍
やや不利に 大東亜帝国・摂神追桃
完全に不利 その他、無名大学

これらの偏差値レベルの大学になると、転職では学歴フィルターがあるところだと不利になる可能性が大きい。

実際には各企業によって異なるものの、それでも有名な大手だとあっさり書類で落とされることが大いに考えられる。

地方の公立単科大学も、国公立という区分ではあるものの、全国的に知名度がないため企業の採用担当者もイメージしにくい。難関大学を出ている人よりも評価が下がってしまいやすい。

特に文系の単科大学だと有利にはなりにくい。

参照:文系の転職は難しい!? 理系よりも大変になる理由とは?

日東駒専・産近甲龍も不利か?

日東駒専と産近甲龍の転職

さらに、私立大としては有名な日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学を指す「日東駒専」や近畿大学・京都産業大学・甲南大学・龍谷大学を指す「産近甲龍」でも不利になるかもしれない。

学生数が多い大学で知名度こそ高いものの、偏差値ではMARCHよりも下がるため、中途採用で有利に進むとは考えにくい。

新卒採用でも、学生数が多い割には大手企業への内定率が低い。転職でも傾向はこれと同じになるだろう。

ただし、圧倒的に不利というわけではない。多くの会社で書類でアウトになるのが濃厚といえるレベルでは決してない。

あくまでも上位レベルの有名な難関大学と比較した場合に過ぎない。これらの代諾出身者でも大手へ転職できる人が少ないわけではない。

おすすめ記事