就職でのTOEICの点数の目安! 有利になるのはいくつから?

TOEICのスコアの基準

大卒・院卒向けの新卒採用の就職において、TOEICの点数が有利になる目安について調査した。英語力が高いというアピールになる基準と、それに対して企業の採用担当者はどう見ているのか。

ビジネス英語の能力を図るテストがTOEICである。TOEFLは主に教育機関で使われるのに対して、TOEICは業務で使う英語力を測定するという性質がある。




就職とTOEICの点数の基準と目安

点数 評価 感想
400点台以下 英語できない 点数を書かない方がよい
500点~ ちょっと英語ができる 有利にも不利にもならない
600点~ やや英語ができる 少し有利になる
700点~ 英語ができる 有利
800点~ かなり英語ができる 海外業務にふさわしい
900点~ 英語力完璧 グローバル人材の第一候補

600点以上で有利に

600点以上というスコアは大卒・院卒の就職で有利になる1つの基準になる。企業の採用担当者からは、英語力が少なからずあると判断される。

少なくとも英語がまったく理解できないわけではないレベルには達している。海外進出していたり、日本語がわからない人とのコミュニケーションが必要になる企業や官公庁だと、最低でも600点は必要とするところが多い。

最近では大手企業を中心にTOEICの点数が最低でも600点はないと出世できないという例も出てきている。

ただし、600点さえあれば十分かというとそうではない。あくまでも英語力の最低限度と見られることが多く、大幅に有利に働くとは考えにくい。

700点以上は英語力ありと判断

就職で有利になるTOEIC700点以上

700点以上になると英語力が結構あると判断される。ビジネスの場でもそれなりに英語が使える人材と少なくとも一定程度は評価される。

海外業務がある会社でも700点あれば新卒採用で不利に働くことは基本的にはない。

履歴書やエントリーシートにTOEICの点数を記入することで得られるメリットは大きいだろう。

業種を問わず700点のスコアがあれば、海外業務に携われるチャンスが回ってくるかもしれない。当然ながら有利になるのは間違いない。

ただし、絶対に英語必須となる企業や部署だと700点では足りない可能性もある。100%英語を使うことを前提で採用している会社では、もっと高い英語力を持つ人を求めている。

800点以上はグローバル人材

TOEICの800点の目安

800点あれば高い英語力があると見られる。英語を使う機会が多い会社でもTOEICの点数が800点あればまず有利に働く。もはや不利になる理由はない。

グローバル人材としても評価される。諸外国へ駐在や出張に行く人に求められている英語力はひとまず完全にクリアしている。

履歴書やエントリーシートに「TOEIC=800点~」と記入すれば、業界を問わず「子の人は英語ができる!」と認識される。

英語のスキルが100%必須となっている企業や部署であっても、800点はその基準を満たす。ここに文系・理系の区別はなく、どちらも高い評価を受けるのは確か。

900点は神レベル

TOEIC900点なら英語力完璧のグローバル人材

900点以上になると、もはや英語力は完璧であると評価される。母語である日本語とほとんど同じくらい不自由なく英語が使えるというレベルに達し、就職の市場では最大限の評価を受ける。

近年は英語の勉強が盛んに行われていることから、TOEICで高い点数を取得する人が多くなっている。

それでも900点を超える人はかなり少数派である。英語ができるといわれる人でもほとんどが600~700点くらいに収まっていることから、900点というスコアの価値はかなり高いことがわかる。

TOEICで900点以上のスコアを持っていると、就職の書類選考だけでなく面接でも結構有利に進める。

英語のスペシャリストといっても過言ではない。そんな目安ともいえる。




理系のTOEIC高得点者はさらに有利

文系と理系を比較した場合、TOEICで高いスコアを獲得している学生の多くは文系となっている。

工学部や理学部、農学部などに所属する学生はTOEICの平均値で見るとそう高くはない。文学部や法学部、経済学部の方が高い。外国語学部や国際学部になるとさらに高い。

しかし、理系の職種の中心になる技術職で英語が必要ないかというと、まったくそうではない。むしろ英語力が求められる機会は文系の事務職よりも多いこともある。

理系学生でTOEICで高い点数を取得していると、就職ではますます有利に進む。評価の高さは、同じスコアであれば文系よりも高いとも考えられる。




500点台は英語力なしと判断

TOEIC400点台以下は就職で不利

ところで、600点未満で500点台以下になると、企業の採用担当者からはあまり英語力がないと判断される可能性が大きくなる。

特に400点台以下になると「英語ができない」という低い評価をされてしまう可能性が高まる。履歴書やエントリーシートにはこれくらいのTOEICの点数は書かない方がよいだろう。

応募者のデメリットと受け止められてしまい、就職の選考で不利に働く確率も高くなる。

少しでも有利になるのは600点以上となる。英語力で他者との違いを見せつけられる基準であり、これ未満はメリットになることはない。

おすすめ記事