TOEIC=600点の目安! 就職で多少は有利になるレベル

TOEICスコア600点のレベルの目安

TOEICスコアが600点という点数の目安はどのレベルに該当するのか。就職での有利・不利のどちらに働くのかも考える。

公開テストの受験者全体の平均となる点数が500~595点であることを考えると、600点は完全に「平均以上」にはなる。つまり、世の中では英語力は「やや上」ということとなる。

就職では、英語ができることが求められる海外事業に関係する部署だと「英語ができない」と低評価される可能性も否定はできない。それでも、英語があまり必要ではない部署であれば、TOEICのスコアが600点台ならある程度は評価されるかもしれない。

世間一般的見見れば、多少なら有利になると判断できる。

TOEICが600点~就職で有利になる場合

<TOEICスコア=600点台の就職および昇進の事情>
採用区分 有利・不利の目安
新卒(高卒) ★★★★ 高卒の範囲内なら有利に
新卒(大卒・院卒) ★★ 大手企業以外なら若干は有利
中途採用 評価のポイントにはならない可能性大
昇進 有利にはならない

就職や転職、昇進の際のTOEICスコアが600~695点の場合の有利・不利の目安は上のような感じになるだろう。

TOEICで600点しか取れなかったとして逆に不利になってしまう場合とは、海外事業に携わる仕事内容、あるいは海外赴任する社員として採用される場合だろう。

この場合だと常に高い英語力を持っていることが求められるため、700~800点かそれ以上の点数を取れることが重要になる。

高卒向けの新卒採用

新卒採用の場合は、高卒や高専卒の場合なら500点台と同じく有利に働く可能性がある。

TOEICの公開テストを受験する高校生は英語の勉学にある程度熱心に取り組んでいるとみなされることが少なくなく、高校卒業レベルというのは600~650点ほどである。

高校で勉強する英語はすべて完全にマスターしていると判断される基準点を満たすため、ここで有利になると判断できる。

大学生や社会人を含めた全体として見ればあくまでも平均的な点数よりやや高いくらいにしかならないが、これはより高度な教育を受ける大学生や英語を実際に仕事に使っている社会人を含めた場合の点数である。

高卒の採用なら不利には働かない。この点で大卒・院卒の新卒採用、あるいは社会人を対象とした中途採用とは違うポイントだろう。

高卒で就職する人は大学受験の勉強をしないため、英語力も全体的に低めになる。その中でTOEICのスコアが500点台になっていれば上位に入ってくる。

大卒・院卒向けの新卒採用

大卒・院卒の新卒採用とTOEIC

一方の大卒・院卒を対象とする新卒採用の場合、TOEICスコアが600点台となると有利に働く可能性はかなり低い。平均的な点数よりやや高いスコアに過ぎないのため、「英語ができる」人材だとは評価されにくい。

特に大手企業ではまだ厳しい状態になる。応募者が殺到しやすいため、英語ができる学生がかなり集まりやすい。TOEICで600点の点数というのは多数派に入るかもしれない。他の人たちと比較して高いことにはならない。

>>TOEICの大学生の平均点とは!? 大学別の一覧!

中でも文系の大学生になるとTOEICの点数は高めになりやすい。国際系、言語系の学部学科に所属する人が多くなる。どうしても600点だと埋没するような感じになってくる。

理系の場合も、全体的なTOEICの平均点は文系より低めになるものの、600点では「平均的」な水準にとどまる。700点以上のスコアを持っている学生が少なくない中、大手企業は特に厳しい状況に立たされる。

大手企業という分類でも、テレビCMを放映していない会社なら海外事業の有無を問わず英語ができる人だけが採用されるわけではない。その場合だと多少は有利になる可能性が期待できる。

それでも大卒・院卒の新卒採用でTOEICが600点というスコアだと有利に働く可能性は決して高くはない。

エントリーシートや履歴書にTOEICの点数を記入する場合、大卒・院卒向けの新卒採用で本格的に有利になるのは700点以上が1つの目安になる。

中途採用(社会人採用)

TOEICで600点では足りない中途採用

転職者を狙った中途採用においては、TOEICのスコアが600点というレベルはさらに有利になる可能性が下がる。社会人になると、英語ができる人はかなりできるため、相対的に評価が下がってしまいがち。

近年は特に英語ができる人材がどんどん増えている。600点はかつては有利に働いた時代があったものの、今では完全に劣勢に立たされる場面もある。

中でも海外事業に関する部署の募集となれば、TOEICのスコアは最低でも700点前後は取れるのが当たり前になってくる。ここで600点台は低すぎる。

国内事業に携わる場合であってもこのランクに対する評価は限定的。英語力はあくまでも「平均+α」程度としかみなされない。

英語を仕事で使う職場へ転職しようとしているのであれば、TOEICのスコアは800点クラスが標準になる。それ以外でも評価されるのは700点台から。

600点台なら履歴書等に記載できる基準を満たしている。それでも評価されるかされないかは完全に企業側に委ねられ、不透明さが残る。

>>【転職編】中途採用のTOEICのスコア目安! 基準とは!?

昇進とTOEIC=600点の関係

<昇進時に必要なTOEICスコアの最低基準>
TOEICスコア 企業
600点以上 横浜ゴム、マツダ、トヨタ自動車、日本IBM、富士通、NEC、日本ビクター、楽天、住友林業
650点以上 ブリヂストン、ソニー、双日
700点以上 キリンビール、ファーストリテイリング、シャープ、三菱商事、三井物産
800点以上 日立製作所、三井住友銀行、KDDI、サイバーエージェント、京葉銀行
860点以上 パナソニック、サムスン、NTTコミュニケーションズ、野村ホールディングス

昇進は採用とはまた別であるため、英語力が関係するかしないかは各企業の方針に大きく左右される。

もしTOEICの一定の点数のが定められている会社なら、600~695点だと出世できる基準には満たない可能性がある。

英語をあまり必要としない職場であれば、TOEICのスコアは全く考慮されず、あくまでも日ごろの仕事の評価だけになるだろう。

住友商事

一方で英語を理解することが求められる職場やグローバル化に対応することに情熱を燃やしている会社なら、昇進の基準としてTOEICのスコアが関わってくるかもしれない。

このようなTOEICスコアが昇進の条件になっている企業だと、多くの事例では700~800点前後が最低基準になっている。総合商社のような一部では900点台というケースもある。

いずれにせよ、TOEICのスコアが600点だと昇進でも有利には働かない。中途採用と同じくあくまでも平均より少し上というレベルにしかならない。

役職なしの平社員にも求められる英語力でもある。

上司や会社へ「TOEIC公開テスト:スコア600点」と記載した書類を提出すれば英語力が多少はあると判断されるかもしれないが、昇進の1つの判断材料には至らないと思う。

おすすめ記事