TOEIC=700点の目安! 就職でそんなに有利になるレベルか!?

TOEICスコア700点のレベルと就職事情

TOEICスコアが700点という点数の目安はどのレベルに該当するのか。就職ではそんなに有利になるのか、それとも以外に評価されないのか。

公開テストの受験者全体の平均となる点数が500~595点であることを考えると、700点だと英語力は「結構できる」というランクになる。

就職では、英語ができることが求められる海外事業に関係する部署でも条件をクリアできる事例が多い。「英語ができない」と低評価される可能性はないだろう。

それでも、TOEICで800~900点クラスに比べると劣る。完全に100%有利になるとは言い切れないのも確か。



TOEICが700点~どれくらい就職で有利に

<TOEICスコア=700点台の就職および昇進の事情>
採用区分 有利・不利の目安 感想
新卒(高卒) ★★★★★ かなり有利
新卒(大卒・院卒) ★★★★ 有利に
中途採用(一般) ★★★★ 有利に
中途採用(海外関連) ★★ ふつう
昇進 ★★★ 海外関連以外なら余裕でクリア

就職や転職、昇進の際のTOEICスコアが700~795点の場合にどれくらい有利になるのか示した目安は上のような感じになるだろう。

TOEICで700点しか取れなかったとマイナスな印象で捉えたとしても、不利になってしまう場合は基本的にはない。海外事業に携わる仕事内容、あるいは海外赴任する社員として採用される場合でも、絶対的に不利になることはまずないはず。

この場合では常に高い英語力を持っていることが求められるものの、700点でも評価は低く見積もっても「ふつう」には達する。「英語ができない」という印象にはなりにくい。

大手企業で海外に広く事業所が進出しているところでも、新卒採用ならTOEICで700点台は少なくとも足切りにはならないほどのスコアにはなる。

参照:就職でのTOEICの点数の目安! 有利になるのはいくつから?

高卒向けの新卒採用

高卒でのTOEICの点数

新卒採用の場合は、高卒や高専卒の場合なら700点台は普通の人と一線を画す。かなり英語ができる人材だと評価されるだろう。

そもそも高校生でTOEICの公開テストを受験する人は完全に英語の勉学に取り組んでいるとみなされる傾向がある。高校卒業レベルというのは600~650点ほどであるが、700点台だと難関大学を受験する人並みになる。

600点台と同じように高校で勉強する英語はすべて完全にマスターしていると判断される基準点を満たすため、ここで有利になると判断できる。

大学生や社会人を含めた全体として見ても、700点を超える点数は英語ができる方に入る。

高卒の採用だと仕事内容が大卒・院卒の新卒採用、あるいは社会人を対象とした中途採用と違う。英語を直接使わないことが多いが、TOEICで700点もあればそれだけでもプラスの印象につながりやすい。

加えて、高卒で就職する人は大学受験の勉強をしないことで英語力も全体的に低めになる。もしTOEICで700点台のスコアを持っているのであれば、履歴書には絶対に書こう。

大卒・院卒向けの新卒採用

大卒の新卒採用でのTOEICの目安

>>TOEICの大学生の平均点とは!? 大学別の一覧!

一方の大卒・院卒を対象とする新卒採用の場合、TOEICスコアが700点台となると有利に働く度合いはやや小さくなる。しかし、それでも平均的な点数よりは完全に高いスコアに入る。たいていの企業なら間違いなく「英語ができる」人材だとは評価されるだろう。

大卒の新卒採用でもTOEICで700点以上を獲得できる人はそう多くはない。最近はグローバル化などで英語ができる人が増えているといわれているものの、それでも割合の面では一部に過ぎない。

大手企業でも評価される可能性は高い。応募者が殺到しやすいため、英語ができる学生がかなり集まりやすいものの、TOEICで700点の点数というのは多数派にはならない。

TOEICの点数は高めな文系、特に国際系、言語系の学部学科に所属する人でさえ700点はそう多くはない。

理系の場合はさらに全体的なTOEICの平均点が文系より低めになる。700点以上のスコアを持っている学生はますます注目度が上がり、大手企業でも結構有利に働きやすい。テレビCMを放映しているような誰でも知っている会社でも低いとは判断されない。

ただし、大手企業かつ海外事業に携わる分野では、大卒・院卒の新卒採用でTOEICが700点というスコアだと有利に働く可能性は決して高くはない。

誰もがエントリーシートに「TOEICスコア=『700点~』」と記入するため、相対的にふつう以下になってしまうことも。

総合商社や航空会社、様々な外資系企業ではTOEICで700点だと足りない可能性も否定はできない。

中途採用(社会人採用)

中途採用のTOEIC700点の有利・不利

<中途採用でのTOEIC=700点の立ち位置>

  • 一般的には英語ができる人に分類
  • 海外事業関連だとやや低め
  • 大手企業だとふつうなレベル

>>【転職編】中途採用のTOEICのスコア目安! 基準とは!?

転職者を狙った中途採用においても、TOEICのスコアが700点というレベルなら基本的には有利になる可能性が高い。社会人になると英語ができる人はますます多くなるものの、それでも相対的に評価が下がることは少ない。

海外赴任を前提した採用や英語を常に使用する仕事でない限りは、社会人採用枠でも他の人と比べると優勢になる。上場する大手企業を含めても、情勢は新卒と同じ感じになる。

一方の海外事業に関する部署の募集となれば、TOEICのスコアは最低でも800点以上が相場になってくる。700点台だと低いとみなされる可能性もゼロではない。

英語力があくまでも「平均+α」程度と見られてしまって、内定までには至らないリスクも考えられる。

英語を仕事で使う職場へ転職であれば、そもそも英語ができる人しか集まらない。平均点を考えても800点超のようなクラスという想像がつく。

とはいえ、700点台なら履歴書等に記載する価値は大いにある。どんな職種であれ、転職の選考でアピールしないという選択肢はない。

諸外国とのビジネスに関わる仕事であっても、700点台というTOEICのスコアが「ふつう未満」と受け止められることはまずないだろう。

昇進とTOEIC=700点の関係

昇進でも採用と同じように英語力を必須とする企業が最近は多くなってきている。判断材料の1つになるのがTOEICの点数になるだろう。

もしTOEICの一定の点数のが定められている会社なら、700~795点は通常の職種であれば余裕でクリアできるランクになる。

アウトになってしまうのは海外事業に専門的な部署での出世の場合などに限られる。「グローバル〇〇」とか「海外〇〇事業」といった部署名がつくところくらいだ。

<昇進時に必要なTOEICスコアの最低基準>
TOEICスコア 企業
600点以上 横浜ゴム、マツダ、トヨタ自動車、日本IBM、富士通、NEC、日本ビクター、楽天、住友林業
650点以上 ブリヂストン、ソニー、双日
700点以上 キリンビール、ファーストリテイリング、シャープ、三菱商事、三井物産
800点以上 日立製作所、三井住友銀行、KDDI、サイバーエージェント、京葉銀行
860点以上 パナソニック、サムスン、NTTコミュニケーションズ、野村ホールディングス

英語を理解することが求められる職場やグローバル化を推進している社なら、昇進の基準としてTOEICのスコアが関わってくる。

それでも多くの事例では700点前後が最低基準になっている。総合商社のような一部では900点台というケースもあるが、これはあくまでも極端なケースに過ぎない。

TOEICのスコアだけが考慮されるわけでもない。あくまでも1つの選考過程でしかない。したがって、ちょっとだけ有利になるという感じに他ならない。

とはいえ、もし700点以上のTOEICのスコアを持っているのであれば、上司や会社へ「TOEIC公開テスト:スコア700点」と記載した書類を提出する価値はかなり高い。

職場で一言申し上げておくメリットは間違いなくゼロではない。

おすすめ記事