TOEIC=800点の目安! 就職は大手でも完全に有利なレベルに

TOEICのスコア800点のレベルの目安

TOEICスコアが800点という点数の目安はどのレベルに該当するのか。

結論を言うと、就職で有利になるのはもはや確実。知名度が高い大手企業でも「英語ができる人」という印象がつく。

700点台までならある程度勉強すれば達成可能だが、800点以上のレベルだと限られた人しか到達できない水準に入る。

英語ができることが大前提となる海外事業に関係する部署でも条件を完全にクリアできる。「英語ができない」と低評価される余地は全く残っていない。



TOEICが800点~就職はこんなに有利!

<TOEICスコア=800点台の就職および昇進の事情>
採用区分 有利の度合いの目安 感想
新卒(高卒) ★★★★★ 他の学生よりもかなり有利に
新卒(大卒・院卒) ★★★★★
中途採用(一般) ★★★★★ 非常に有利に
中途採用(海外関連) ★★★★ 他人に劣らないレベル
昇進 ★★★★★ ほとんどの企業でクリア

参照:就職でのTOEICの点数の目安! 有利になるのはいくつから?

就職や転職、昇進の際のTOEICスコアが800~895点の場合にどれくらい有利になるのか示した目安は上のような感じになるだろう。

不利になってしまうケースは間違いなくないレベルに達する。企業の規模に関係なく「英語ができる人」と見なされる。

海外事業に携わる仕事内容、あるいは海外赴任する社員として採用される場合でも、相対的に有利になる水準には達する。トップレベルとはいかなくても、英語に不自由がないようなランクには入る。

700点台と800点台では天と地の差があるといっても過言ではない。ふつうの人ではなかなか獲得できないスコアの領域に突入することで、評価もここで分かれる。

大手企業で海外に広く事業所が進出しているところでも、新卒採用・中途採用のいずれでもTOEICで800点台を獲得できているなら、英語力が原因で不採用になることはあり得ないと思う。もし落とされたとしたら、問題はこれ以外にあると捉える必要がある。

新卒採用(大卒・院卒)

新卒採用でかなり有利になるTOEIC800点

<新卒採用でのTOEIC=800点の立ち位置>

  • 英語がかなりできる人
  • 海外事業関連の第一候補級
  • 大手企業でも英語力は高いと評価

>>TOEICの大学生の平均点とは!? 大学別の一覧!

大卒・院卒を対象とする新卒採用の場合、TOEICスコアが800点台となると完全に「有利」といえるレベルになる。

外資系のように英語ができることが当たり前の世界でない限りは間違いなく「英語ができる」人材だとは評価される。外資系でも英語力が原因で不採用にはならない。

大卒の新卒採用でもTOEICで800点以上を獲得できる人はそう多くはない。英語ができる人が増えていて、それが当たり前のことである認識が広がりつつあるが、それでも結局のところは割合の面で一部に過ぎない。

応募者数が殺到する大手企業でも評価される可能性は高い。英語ができる学生がかなりやってくるものの、TOEICで800点の点数は少数派になるはず。

国際系、言語系の文系の学部学科に所属する学生でさえTOEICにて800点以上のスコアをたたき出せる人は割合的に小さい。例外はあるにしても、留学経験のある人とか本当に上位レベルの難関大学の人の一部だけが取れる。

理系の場合はさらに全体的なTOEICの平均点が文系より低め。800点以上のスコアを持っている学生は完全に少ない。テレビCMを放映しているような誰でも知っている大手の企業でさえ有利に見られる。

海外赴任やその他英語を仕事で常に使うような部署への募集であっても、新卒採用でTOEICが800点ということで不利になることは完全にない。

もしTOEICで800点以上のスコアを持っているのであれば、就活ではエントリーシートに100%絶対に「TOEICスコア=『800点~』」の故を記載しよう。

中途採用(社会人採用)

中途採用におけるTOEIC800点の有利の度合い

<中途採用でのTOEIC=800点の立ち位置>

  • 英語ができる人
  • 海外事業関連でも通用
  • 大手企業でも英語力は平均以上

>>【転職編】中途採用のTOEICのスコア目安! 基準とは!?

転職者を狙った中途採用も新卒と同じく、TOEICのスコアが800点というレベルなら確実に有利になるだろう。

社会人になると英語を使う人が多い世界に入るため、全体的なレベルが上になりやすいものの、800点クラスはそれでも高い。

海外赴任を前提した採用や英語を常に使用する仕事でもまた、他の人と比べると優勢になる。上場する大手企業を含めても、「英語ができる人」という印象がつく。

外事業に関する部署の募集ではTOEICのスコアが800点以上が相場になる。英語を仕事で使う職場へ転職というわけで、そもそも英語ができることが前提になる。そんな枠組みでは平均的な存在になり得る。

とはいえ、700点以下の応募者も実際には少なからずいる。そのような人たちとは差がつけられる。

もちろん、TOEICで800点を超えるスコアを持っているからといっても内定まで至るとは限らない。不採用になるリスクは十分にあり、あくまでも1つの採用の判断材料にしかならない。

それでも英語力という点で有利になるのは確か。履歴書等に記載する価値は大いにあり、書かない理由はどこにもない。どんな職種であれ、転職の選考では絶対にアピールポイントになるはず。

諸外国とのビジネスに関わる仕事であっても、800点台というTOEICのスコアが「ふつう未満」と受け止められることはまずないだろう。

昇進とTOEIC=800点の関係

昇進でも英語力を必須とする企業が最近では増加傾向にあり、それを調べる判断材料の1つになるのがTOEICの点数になるだろう。

TOEICの一定の点数のが定められている会社でも、800~895点は通常の職種ならまず余裕でクリアできる。

「グローバル〇〇」とか「海外〇〇事業」といった部署名がつくところ、つまり海外事業に専門的な部署では一部の企業で860~900点台の事例もある。

<昇進時に必要なTOEICスコアの最低基準>
TOEICスコア 企業
600点以上 横浜ゴム、マツダ、トヨタ自動車、日本IBM、富士通、NEC、日本ビクター、楽天、住友林業
650点以上 ブリヂストン、ソニー、双日
700点以上 キリンビール、ファーストリテイリング、シャープ、三菱商事、三井物産
800点以上 日立製作所、三井住友銀行、KDDI、サイバーエージェント、京葉銀行
860点以上 パナソニック、サムスン、NTTコミュニケーションズ、野村ホールディングス

英語を理解することが求められる職場やグローバル化を推進している社なら、TOEICのスコアが高いことが昇進時に追求されやすい。

TOEICのスコアだけが考慮されるわけでもない。あくまでも1つの選考過程でしかない。

それでも、英語に対して厳しい会社なら一定基準を満たす必要はある。そんな環境でも、800点クラスは基本的に問題ない水準に入る。

直ちに出世が検討されるような人物ではないにしても、もしTOEICで800点台かそれ以上を取ったのであれば、職場で一言申し上げておくメリットは大きい。

文系と理系のTOEICの有利度

文系と理系のTOEICの基準

新卒・中途のいずれでもTOEICのスコアによる有利度は文系と理系でやや違ってくる。

<TOEIC同一スコアでの文系vs理系>

  • 文系=あくまでも英語のみができる人
  • 理系=科学技術の専門的な知識+英語力が備わっていて優れた人材

同じ点数だった場合だと、どちらかと言えば理系の学部学科を出身とする人の方が有利になる。工学部や理学部を出た人は特に専門的な知識を持っている。それに加えて英語ができることは、一言で言えば「知識がダブル化」するわけだ。

一方の文系の場合だと、英語ができたとしてもその人にあるのはあくまでも「英語だけ」と捉えられてしまいがち。

中途採用なら前職での経験も人材としての価値に挙げられるが、新卒なら英語だけができるという若干マイナスな印象になる可能性が否定できない。

つまり、800点台をTOEICで獲得できたとしても、文系は理系よりも評価の大きさが下がりやすいというわけだ。日本の文理系統の違いの特徴でもある。

参照:【就活】文系だと就職に不利!? 内定の獲得が厳しいって本当?

おすすめ記事