東京海上日動の新卒採用の倍率は10~20倍、就職難易度を考察

東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険の新卒採用の倍率は、グローバルコースが約30倍、エリアコース(ワイドエリア)が約20倍、エリアコース(エリア)が約10倍と予想。就職難易度はそれぞれ「やや難」「ふつう」「やや易」に相当。

採用人数は毎年500~600名。保険業界の中でも大手企業である一方、募集人数が数百人単位という大量採用になっているため、倍率自体はそれほど高いものにはならない。

とはいえ、それでも応募する人の数が圧倒的に多いため、決して入社が簡単であるとは言えない。内定獲得をめぐる争いはかなり激しいものとなることが確実だ。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
グローバルコース ★★★★ 30倍、やや難
エリアコース(ワイドエリア) ★★★ 20倍、ふつう
エリアコース(エリア) ★★ 10倍、やや易

グローバルコース、エリアコース(ワイドエリア)、エリアコース(エリア)の就職難易度はこのような形になる。

最も人気度が高いのは全国転勤のあるグローバルコース。給料水準が最も高いことから、採用人数に対して多くの学生がエントリーする。

倍率および就職難易度は損保会社のあいおいニッセイ同和損保や損保ジャパン、三井住友海上などと類似。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

グローバルコースの倍率は30倍、難易度は「やや難」

グローバルコース

グローバルコースの就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もあり、東京海上日動火災保険の看板的な存在と言える。

グローバルコースは他社では「総合職」という名称が付く職種。

保険会社に就職したいと考えている学生だけでなく、銀行、証券といった金融業界全般を志望している学生も受けてくる。

給料が最も高い職種であることも影響。40歳前後では1,000万円に達する。

こうした事情から、東京海上日動火災保険のグローバルコースの倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

もちろん、同じ損保会社である三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、損保ジャパンを併願する学生がほとんど。

参考:東京海上日動の平均年収は700万円、賞与は8ヶ月分

エリアコース(ワイドエリア)の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

エリアコース(ワイドエリア)

エリアコース(ワイドエリア)の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

特定の地域内での引っ越しが必要な転勤がある一方、地域外への転勤はない職種。

例えば、首都圏でブロック限定で入社した社員は、県外への転勤はあっても、中部・関西・九州などへの転勤はない。

引っ越しが必要な異動があるが、転居先が本拠地よりそう多くないところには収まる。したがって、「気軽に実家に帰省できる範囲内で働きたい」と考えている学生が応募。

各ブロックごとに一定の採用人数があるため、全国的に見るとグローバルコースよりは採用枠が多く、その分倍率が下がる。

ゆえに、就職難易度は通常の総合職よりも低い。倍率も高くても20倍程度と考える。就職難易度は大手企業の中では「ふつう」に相当。

エリアコース(エリア)は倍率10倍、難易度は「やや易」

エリアコース(エリア)

エリアコース(エリア)の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

前述の2つはいずれも引っ越しが必要な転勤が存在する一方、エリア限定のエリアコースは完全に転居を伴う異動はない。

なお、エリアコース(エリア)は女性社員の割合は大きい。男性はかなり少ない。

自宅から通勤することが前提に考えられている職種。ゆえに、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

採用人数はグローバルやワイドエリアよりも多め。各都道府県またはブロックごとに採用計画がある。

ゆえに、全体での就職難易度は「やや易」、倍率は10倍と判断。

まとめ

東京海上日動火災保険では新卒採用にて毎年数百人の募集を行っている。その倍率は具体的に何倍になっているのか、これから就職のためエントリーする大学生にとってはかなり気になる疑問点であろう。

大手損害保険会社としては最大手クラスに位置する。それに伴って、これから就活に取り組む学生の間では人気企業の1つとなっていて、内定を勝ち取るまでの難易度は相当高いものなのは確かだ。

東京海上日動火災保険においては、正規の面接を進んでいるほかにリクルーターの制度がある。また、学閥や学歴フィルターと呼ばれるものが存在するのも否定できない。

そして、前述の通り、新卒採用での就職倍率は概ね10~20倍くらいだと予測。

損害保険業界としては最大手で年収も高いことから、多数の就活生が応募して選考を目指すが、毎年500人以上の人員を採用があり、政府系金融機関などように天文学的な数値にはならない。

もちろん、明確に損害保険会社を目指す人だけがエントリーするわけではなく、銀行や証券会社・生命保険会社を本命とする大学生も迷わず選考を希望する。

学歴フィルターもある?

学歴フィルター

金融業界の特徴として、多くの会社では大学名で採用の可否を決めるところが多いのが印象的だ。中でも書類選考の段階で学校名だけで分ける「学歴フィルター」というものが存在するといわれている。

参照:東京海上日動の採用大学を公開! 学歴フィルターは関係あり!?

学閥という言葉は有名であるが、選考の段階でレベルの高い難関国立・私立大学の学生を中心に面接に呼ぶ傾向にある。世間一般では名前が知られていない大学に所属する人にとってはかなり不利な内容だ。

また、東京海上日動火災保険ではリクルーター面談というものが正規ではないルートとしてある。これは、エントリーした学生を正式な面接の前に対面して採用の可否を決めるものである。

リクルーターが付くかどうかは各個人によって異なる。東京海上日動火災保険宛にエントリーシートを提出してもリクルーターが付かない学生もいる。

ここで、リクルーターが付くか付かないかの基準となるのが学校名である。東大京大をはじめとする旧帝大などの難関国立大、早慶上智などの私立大学に所属する学生は付きやすいようだ。

一方の地方の国立大やほれほど入るのが難しくない国公私立大学の学生となると正規の選考を進むことになる可能性が高い。

ただし、いずれにせよ東京海上日動火災保険への就職ができる確率はかなり高いことには変わりない。倍率が高い数値になって異常、内定を手にする人は一部の勝ち組なのは間違いのない事実ではないだろうか。

おすすめ記事