東京エレクトロンの採用大学を公開、学歴フィルターに関しても

東京エレクトロンの採用大学は、東大、東工大、京大、阪大、神戸大、九大、名大、北大、電通大、九工大、筑波大、横国大、横市大、東京都立大、同志社大、立命館大、慶應義塾大、早稲田大、明治大など。

実績校が公開されているが、総合電機メーカー及び製造業では比較的「学歴フィルター」の傾向が見られる。

国公立全般とMARCH、関関同立以上ランクの大学が多め。日東駒専・産近甲龍クラスとそれ未満の大学はいくつか掲載されているものの、数が多くはない。

○○大学という学校名だけでエントリーシートの審査等で有利・不利になると可能性は残る。


主な採用大学

東京エレクトロン

東京エレクトロンの主な採用大学は以下の通り。

<大学院>
茨城大学、岩手大学、大分大学、大阪大学、鹿児島大学、金沢大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都工芸繊維大学、熊本大学、慶應義塾大学、埼玉大学、静岡大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京大学、東京工業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、新潟大学、広島大学、法政大学、北陸先端科学技術大学院大学、明治大学、山形大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立命館大学、龍谷大学、和歌山大学、早稲田大学

<大学>
茨城大学、横浜市立大学、岩手大学、九州工業大学、慶應義塾大学、埼玉大学、山梨大学、芝浦工業大学、青山学院大学、静岡大学、専修大学、成蹊大学、早稲田大学、中央大学、東京電機大学、東北職業能力開発大学校(応用課程)、日本大学、法政大学、北海道大学、北見工業大学、明治大学、電気通信大学

出典:マイナビ2021「東京エレクトロン(株)」

上記の採用実績校はマイナビにて公開。

>>東京エレクトロンの採用倍率は約20倍、就職難易度も検証

学歴フィルターは多少存在

採用大学で多少関係がある学歴フィルター

総合職は毎年70~200人程度の採用人数があるが、そのほとんどが学力が求められる難関大学出身者。7~8割程度は有名な難関大学で占められていると推定。

偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生は、ES(エントリーシート)で落とされる可能性がある。

ボリュームゾーンの下限の目安となるのが「GMARCH」、「関関同立」。

ワンランク下の日東駒専・産近甲龍の各大学は少ないと感じる。おそらく採用ターゲット校が設定されていると考えられる。

採用の割合が多い大学リスト

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
  • 上位国公立(筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、電気通信大学、東京農工大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学)

※国公立は大都市周辺、私立はMARCH、関関同立以上

上記は採用されやすいと思われる大学の一覧。

GMARCH、関関同立以上が主流

東京エレクトロンの最低ボーダーのGMARCH、関関同立

東京エレクトロンの採用実績がある大学について、全体的な視点で見れば、GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)、そして東京理科大学などが下限。

日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)の中でも、採用実績校に掲載されているのは近畿大学のみ。

それ以外だと、各校から1名の採用があるかどうかというレベル。

本社は東京都ということもあって、首都圏の大学からの採用が多め。とはいえ、偏差値が高い大学であれば、全国各地からの大学の採用例がある。

私立大学の序列とは!? レベルごとの「階級」を順位化

国公立も上位勢が主流

東京エレクトロンの採用大学で人数が多い京都大学

国公立大学については地方の国公立大学まで採用例がある。下限となるような基準は特に見当たらない。

ただし、学生数から考えると、母数が多い旧帝大クラス(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)、その次のランク帯に該当する筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、電気通信大学、東京農工大学、大阪府立大学、大阪市立大学、京都工芸繊維大学、広島大学、岡山大学などが多め。

地方の国公立大学(駅弁大学と呼ばれるところ)でも、茨城大学、岩手大学、大分大学、鹿児島大学、埼玉大学、山梨大学、信州大学などがある。ただ、各校で1名の採用があるかないかという少なさ。

国立大学の序列とは!? レベルごとの「階級」を順位化

学部学科について

学部学科に関しては、事務系と技術系という2つの職種で異なる。

ただ、採用大学の偏差値的な事情は、どちらの職種でも大差ない。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

事務系

文系主流の事務系

事務系職種は文系が中心の職種。応募者の在籍する専攻は、法学部、経済学部、文学部、外国語学部、社会学部、商学部などのいわゆる「文系」全般。

「全学部全学科」のため理系学部でも応募は可能だが、実際にはほとんどが文系出身者。

学生数が特に多い産近甲龍クラスの大学からの採用は少なめ。国内全体で文系に属する学生がそもそも多いことで、供給過剰になっていることが影響。

採用人数も少ないことで、本当に優秀な人材しか内定を出せない事情があることもこれに拍車をかける。

参考:学歴フィルターは学部・学科で異なります!

技術系

理系限定の技術系総合職

技術系は理系を対象とした職種。

募集対象は理系の中でも工学部、理学部(物理系)、情報学部などの「理工系」に該当する学生のみ。機械系の専攻に限られ、同じ理系でも農学部、看護・保健学部、生物系は対象外。

事務系とは違って、技術系は募集の段階で対象の学部学科が限定。募集要項では「エンジニアに関しては、理工系学部学科のみ」と記載されている。ここで言うエンジニアとは、営業と管理部門を除いた職種で、すなわち技術系を意味する。

芝浦工業大学、東京電機大学のような工業系の中堅私大があるが、人数では少数派。さらに、日本大学、専修大学、成蹊大学、東海大学も理系の学部出身者と推定する。

供給過剰気味の文系の事務系で採用されているとは考えにくい。

まとめ~各大学ごとの有利・不利判定

東京エレクトロンの各大学ごとに、書類選考等での学歴フィルター上で有利・不利になる基準を示すと、結果は以下のようになる。

大学群 判定(総合職) 具体的な該当大学
東大、京大 多数あり 東京大学、京都大学
旧帝大 多数あり 大阪大学、神戸大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、一橋大学、東京工業大学
早慶上智 多数あり 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
筑横千、大阪公立大学 多数あり 筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、大阪公立大学(大阪府立大学、大阪市立大学)
駅弁大学 若干あり 地方国立大学
GMARCH 多数あり 明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学
関関同立 若干あり 関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学
成成明学 少数 成城大学、成蹊大学、明治学院大学
東京女子大御三家 ほとんどなし 津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学
日東駒専 少数 日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学
産近甲龍 ほとんどなし 京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学
工業系中堅私大(四工大など) 少数 芝浦工業大学、東京都市大学、工学院大学、東京電機大学、東京農業大学、大阪工業大学

採用人数の関係から各年度によってやや事情が異なるものの、全体的には上記になると考える。


広告

おすすめ記事