東京海上日動の採用大学を公開! 学歴フィルターは関係あり!?

東京海上日動火災保険の採用大学は、北大、小樽商科大、東北大、筑波大、東大、一橋大、東工大、慶應大、早稲田大、上智大、ICU、立教大、明治大、中央大、法政大、青山学院大、学習院大、名大、南山大、京大、阪大、神戸大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、広大、九大、西南学院大など。

出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」は若干見られるものの、基準は決して厳しいものではない。

ただし、グローバルコース(総合職)だけは高学歴に偏りやすい。早慶上智+旧帝大が大多数。

エリアコース(ワイドエリア・エリア)は中堅大学からも多数の採用があり、偏差値が高い大学でないと面接まで進めないといったことはない。


主な採用大学

東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険の採用実績校は下記の通り。

東京海上日動の採用大学
東京大学、京都大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、横浜市立大学、大阪市立大学、埼玉大学、静岡大学、新潟大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、お茶の水女子大学、東京都立大学、東京農工大学、名古屋市立大学、東京女子大学、日本女子大学、津田塾大学、実践女子大学、フェリス女学院大学、聖心女子大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、西南学院大学、福岡大学、東海大学、帝京大学、金城学院大学、大阪経済大学、北海学園大学、広島修道大学、東北学院大学、小樽商科大学、北海道教育大学、釧路公立大学、青森公立大学、岩手県立大学、宮城大学、群馬県立女子大学、高崎経済大学、滋賀県立大学、兵庫県立大学、北九州市立大学、広島市立大学、弘前大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、福島大学、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、山梨大学、信州大学、岐阜大学、三重大学、富山大学、福井大学、滋賀大学、奈良女子大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、山口大学、香川大学、愛媛大学、徳島大学、高知大学、佐賀大学、長崎大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学

上記は主な大学の公式ホームページにて東京海上日動火災保険への就職が確認できた大学の一覧。全域社員、地域社員(ワイドエリア)、地域社員(エリア)いずれも含む。

続いて、東洋経済新報社「就職四季報」では、下記が掲載。

北海道大学、小樽商科大学、東北大学、筑波大学、東京大学、一橋大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、立教大学、明治大学、中央大学、法政大学、青山学院大学、学習院大学、名古屋大学、南山大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、広島大学、九州大学、西南学院大学、他

出典:東洋経済新報社「就職四季報」

こちらは一部抜粋で、すべての新卒採用者の出身大学が掲載されているわけではない。グローバルコースの採用実績校のみを掲載しているものと推測。

>>東京海上日動の新卒採用の倍率は10~20倍、就職難易度を考察

私立の下限は日東駒専・産近甲龍

中堅私大の代表である日大

東京海上日動火災保険では毎年500人超の採用人数があるが、全体では学歴フィルターは薄い傾向。

全体的には「日東駒専」「産近甲龍」以上の偏差値ランク帯の大学からの入社が多い。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

日東駒専未満のランク帯の大学も採用実績校には掲載されていて、東海大学、帝京大学、金城学院大学、大阪経済大学がその例。

ただ、俗に言う「Fランク大学」と呼ばれるところからの採用例がない。

したがって、「旧帝大+早慶上智+GMARCH・関関同立+一部のその他国公立」ほどではないとはいえ、まとまった数の採用がある下限は日東駒専・産近甲龍クラス。

また、グローバルコースは早慶上智とMARCH・関関同立の一部に偏りやすいのも確か。

国公立大学は下限なし

国公立大学

国公立大学については、偏差値に関する下限は特にない。

巷では「底辺国公立」と言われている北海道教育大学、釧路公立大、青森公立大学、あるいは秋田大学、島根大学、宮崎大学などからも採用実績がある。

駅弁大学と呼ばれる地方国立大学からも全国各地から採用があり、大都市圏に限られているといったことはない。

ただし、グローバルコースはやはり旧帝大またはそれに準ずる大学ばかりではある。これだけは、駅弁大学からの採用はかなり少ないのは現状。

特に地方部の大学はほとんどがエリアコースと推定。

職種ごとの学歴

グローバル(総合職)とエリアコース(エリア限定職)

東京海上日動火災保険では「グローバルコース」という転勤ありの総合職と、「エリアコース」という地域限定型の職種の募集が行われている。後者は一般職といわれることもある。

企業名こそは同じとはいえ、採用対象とする相手は両者では異なる。

給料面のみならず、「学歴フィルター」の有無は完全に職種ごとで違う。

《参考:東京海上日動の平均年収は700万円、賞与は8ヶ月分

グローバルコースは偏差値が高い

グローバルコース

東京海上日動火災保険の総合職に当たるグローバルコース従業員となると、偏差値が高い大学出身の人が多いのが現状のようだ。

大手の保険会社だけでなく金融業界全体に言える共通点だが、転勤ありの総合職では難関大学の学歴が大きな割合を占めている。

具体的には旧帝大クラスに入る国立大学と早慶上智クラスに入る私立大学である。

上位国公立大学(筑波大学、横浜国立大学、千葉大、大阪市立大学、東京外国語大学など)、MARCHと関関同立に分類される大学からも内定をもらっている人は少なくない。しかし、学生数が多い割にあ少ないといった印象を感じる。

総合職といえば、会社の根幹に携わる職種という性質が大きい。さまざまな仕事にかかわることで経歴を身に着けていく。

将来的には会社の重要なポストに就くことを有望視されて採用されるため、優秀な学生であることが求められる。

それを判断するための一部の要素が所属する大学名、すなわち学歴フィルターとなりやすいのは否定できない。

エリアコースはあまり関係ない

エリアコース

一方のエリアコースと呼ばれる勤務地限定型の一般職の採用では、大学名が重要とは言えない。

エリア従業員の数はかなり多く、グローバルコースの総合職よりも採用人数が大幅に多い。それにより、大量採用の性格がある。

すでに一社員として働いている人もみんなが難関大学の出身者では決してなく、さまざまな学校の人が集まっている。

中堅レベルの大学を出ている社員も多い。学生数が日本国内でトップクラスの日大や近大出身の社員も一定の数はいる。

学閥のような結びつきもなく、学歴フィルターのような概念が薄いのが特徴といえるだろう。

ただし、全体的に見ると一般的な企業と比べると一般職でも偏差値の高い大学を出ている人が多いように感じる。

大手保険会社であることには変わりないため、結局のところは学力の高い学生が優秀だと判断され、どうしても選考で有利に進む。

おすすめ記事

業界別の各企業の採用大学(学歴事情)
業種 会社名
自動車 トヨタ自動車本田技研工業日産自動車マツダSUBARU三菱自動車工業スズキダイハツいすゞ自動車デンソーアイシン精機豊田自動織機ボッシュブリヂストン日立Astemo
電機、重機、工作機械 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機ファナック安川電機三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタ富士通東芝シャープ京セラリコー日本電産村田製作所東京エレクトロンオムロンキーエンスロームコニカミノルタミネベアミツミシマノ
鉄道 JR東日本JR東海JR西日本JR九州JR北海道、<鉄道車両メーカー>、<信号機メーカー
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
電力ガス 東京電力中部電力関西電力東京ガス大阪ガス
石油(資源エネルギー) ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンク日立ソリューションズ
コンサル・シンクタンク 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティングみずほ情報総研富士通総研帝国データバンク東京商工リサーチ
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行ゆうちょ銀行三井住友信託銀行新生銀行三菱UFJ信託銀行横浜銀行千葉銀行福岡銀行静岡銀行京都銀行
保険 損保ジャパン東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券
信販 JCB三菱UFJニコス三井住友カード
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本取引所グループ日本証券金融農林中央金庫商工中金日本政策金融公庫住宅金融支援機構

上記では業界別に各企業の採用大学または出身者が多い大学について解説。学歴フィルターの傾向は濃いところと薄いところがある。