東京メトロへの就職の難易度とは!? 総合職・エキスパート職の採用

東京メトロの就職難易度

東京メトロの就職の難易度はどれくらいのレベルなのか。倍率が数百倍となる中で、内定までの道のりが長いのは確実。総合職・エキスパート職ではそれぞれ難しさに違いはあるのか。

大卒および院卒向けの新卒では総合職・エキスパート職のいずれも募集を行っている。ただし、採用人数には大きな違いが見られる。

エキスパート職は100~200人程度の募集となっているが、総合職はたったの20人程度とかなり少ない。応募する学生数はかなり多いため、倍率は特に総合職で天文学的な数になる。

中途採用ではエキスパート職の募集が多く見られる。多くの人手を必要とするため、転職者向けの社会人採用にも力を入れている。




総合職のレベルはMAX、倍率=100倍超

東京メトロの総合職は大手企業、あるいはインフラ業界としてもかなりの高い難易度に達する。鉄道会社の中でもJR本州3社並みのレベルに当たる。

新卒での倍率は100倍は軽く超える。200~300倍程度になることも決して珍しくはないと予想される。

内定をもらえるのは運の良い人といっても過言ではない。中途採用もあまりないため、新卒で採用に至らなければ東京メトロの総合職に就職する夢はほぼ消える。

東京メトロの総合職の学歴フィルター

学歴フィルターと呼ばれる制度もあると考えられる。難関大学出身の人しか採用されない可能性が大きい。

鉄道会社の総合職では学歴フィルターの傾向がかなり強い。東京メトロもその例外ではない。

具体的には東大・東工大・一橋大などの旧帝大とそれに準ずるレベルの国立大学、私立大学は早稲田・慶應・上智のようなところばかりになる。

MARCHや地方の国公立大学のレベルの出身者でも東京メトロの総合職となると就職が難しいことが予想される。




エキスパート職は中位、倍率は30倍ほどか

東京メトロのエキスパート職は、他の鉄道会社では現業職と呼ばれる分野の職種である。総合職は主に本社勤務で事業全体に関わる業務内容なのに対して、エキスパート職は鉄道の運行や管理に携わる専門職になる。

エキスパート職は、JR各社では「プロフェッショナル職」に該当する職種でもある。

東京メトロのエキスパート職の就職

新卒の採用人数はその年によって多少違ってくるものの、大卒は100~200人ほどで毎年推移している。

応募者数が多いことには変わりないものの、採用者数も多いため倍率は20~30倍程度に収まると予想される。

就職の難易度はそれほど高くはない。書類選考で落とされる人も多くはなく、面接まで到達できる確率が高い職種である。

難易度のレベルは中位クラスといえるだろう。学歴フィルターのようなものもない。自分の所属する大学の偏差値に関係なく採用を行っている。

この点で総合職とは対照的ではないか。もちろん、中途採用においても学歴フィルターは特にないと考えてよい。

東京メトロ、新卒エキスパート職の倍率は? 大卒は難しい?

おすすめ記事