東京メトロの電車の車内にトイレはまったくない!?

東京メトロで車内のトイレの有無

東京メトロの地下鉄の電車の車内にはトイレがまったくないのかという質問に対する答えは、99%はトイレなしとなる。

逆に言うとほんの一部の車両にはトイレが付いている。副都心線と有楽町線がこれに該当する。

西武40000系で運転される列車にはトイレが設置されている。東京メトロの区間内でも利用可能である。




車内トイレの設置の有無

あり なし
車両 西武40000系 それ以外
路線 副都心線・有楽町線

(S-Trainの全列車とそれ以外の一部)

<省略>

基本的にはトイレなし

東京メトロを走る車両では、基本的には車内にトイレが設置されていない。JRの近郊車両のような路線がないからである。

私鉄各線との相互直通運転を行っていて、1本の電車が走る総距離は長いところもあるが、乗客はその半分も乗らない人がほとんどである。

東京メトロでも、あくまでも地下鉄の区間のみ乗るという前提で車両を導入している。そのため、トイレなしでもOKという考えが浸透している。




西武40000系は例外

トイレが付いている西武40000系

西武40000系には例外的にトイレが設置されている。これは、座席指定制の有料列車として運転されるために導入されたからである。

座席定員制の「S-Train」はすべてこの西武40000系で運転される。平日は豊洲~所沢、土日祝日の休日ダイヤでは元町中華街~西武秩父で運転される。

特に土日の元町中華街~西武秩父間は非常に距離が長く、所要時間も2時間30分程度になり、特急列車並みのレベルになる。

こうした背景のため、西武40000系には例外的にトイレがすべての編成で設置されている。

参照:Fライナーにはトイレは付いていない!? 設置ありの車両とは?

電車に乗る前にトイレへ

トイレは電車に乗る前に

東京メトロの地下鉄を利用するのであれば、電車に乗る前にトイレに行っておくことを強くおすすめする。

もし電車に乗っている最中にどうしてもトイレに行きたくなってしまったら、途中の駅で降りるしかない。

ただし、どこの駅でも改札内には必ずトイレが設置されている。改札の外へ出る必要はまったくない。支払う運賃が割高になることもない。

しかも、地下鉄はどの路線も駅間距離が短い。東西線の快速、副都心線の急行は区間によって5分程度走り続けるところも確かにあるが、それ以外は発車して2分も走れば次の駅に到着する。

駅間距離が長いことでトイレを心配する必要はないと言えるレベルではある。

おすすめ記事