東京理科大学でさえ就職の「学歴フィルター」でアウトに!?

東京理科大学の就職での学歴フィルター

東京理科大学の就職事情について。学歴フィルターが存在する大手企業においては、書類選考で無事に通過できるのか、それとも引っかかってアウトになるのか。

ネームバリューが高くて有名な大学であれば学歴フィルターで通過できる。私立大学だと早稲田・慶應義塾・上智の3大学が代表的だ。

その次にMARCHクラスが来るが、この辺りだと上位私大と認められることもあれば、認められないこともある。東京理科大は「早慶上理」と扱われることもあれば、MARCHレベルとみなされることもある。




東京理科大と学歴フィルターの基準

安全度 主な私立大学
余裕でクリア(旧帝大クラス) 早稲田・慶應・上智
(この間) 東京理科大
概ねクリア 明治・青学・立教・中央・法政

関大・関学・立命館・同志社

アウトかも 日東駒専・産近甲龍の各校

最難関私立大学に分類される早慶上智の場合は、学歴フィルターでアウトになることはまずない。余裕でクリアできるレベルである。

どんなに有名な大手企業であっても、このクラスの大学に所属する学生であれば、「学歴フィルター」が原因で落とされることはまずないと考えてよい。

上位私立大に入るのは、明治・青山学院・立教・中央・法政のMARCHの各校である。大手でも基本的には学歴フィルターをクリアできるものの、一部の超大手になるとアウトになる可能性が否定できない。

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

東京理科大学はこの間に入ってくる。理科系の大学では、最上位の私立大学になる。早慶上智でも一応理工系の学部学科が存在するが、メインは文系の学部である。

理工系の研究が盛んな私立の大学では、やはり東京理科大がトップとなる。当然ながら、学歴フィルターの基準にも原則としてクリアできるだろう。




理系の学生を対象とする募集なら強い

理系の学歴フィルターの基準

文系の学部がメインである早慶上智だと、文系の学生は確かに強い。学歴フィルターをクリアでき、しかも学閥があるような企業でも書類選考や面接で有利に進みやすい。

文系だと、私大では圧倒的に早慶上智の3校が極めて優勢になる。怖いもの知らずと言えるレベルでもある。

東京理科大学の場合は、理工系を専門とする学校のため、理系の学生を対象とする企業および職種では相当有利になる。

確実に早慶上智並みの扱いになるだろう。どんなに消極的に見積もっても、MARCHに負ける要素はまったくない。

理工系出身者だと製造メーカーをはじめとした技術職の募集がある会社へ就職する例が多いが、こういう会社では大手でも有利に進める。

ライバルは旧帝大

東京理科大学は勝てない旧帝大

ただし、理系の中で「東京理科大学=最強」といえるのはあくまでも対象を私立大学に限った場合の話である。

実際の新卒採用の市場では国公立大学に所属する学生もいる。理系の世界だと、私立よりも国立の方が優勢になりやすい。

中でも「旧帝大」と呼ばれる難関国立大学は東京理科大学の学生にとっては最大のライバルとなるだろう。

東大・京大・北大・東北大・名大・阪大・九大の7帝大に加え、東工大・神戸大辺りは就職に強い。学歴フィルターも余裕でクリアする。

学歴フィルターでアウトになる可能性は低いものの、その後の選考ではこれらの旧帝大レベルの学生と争うこととなり、しかも不利な立ち位置になる可能性がある。

おすすめ記事