東大の学部ごとの序列とは!? ヒエラルキーを順位化!

東京大学

東京大学の学部間の序列ランキングについて調査してみた。優劣関係を表したヒエラルキー、あるいはカースト制度ともいえるものだが、今回はすべての学部を順位化。

同じ大学であるとはいえ、実際には入試の難易度を示す偏差値、世間一般のイメージ、キャンパスの場所はそれぞれの学部学科で大きな違いがみられる。

東大のみならず、早稲田大学・慶応義塾大学にもある共通点。基本的には入試の段階の分類で決まる。


東京大学の学部間の序列

順位 学部
1位 医学部 理科三類
2位 薬学部 理科一類、理科二類
3位 法学部 文科一類
4位 工学部 理科一類、理科二類
5位 理学部 理科一類、理科二類
6位 経済学部 文科二類
7位 農学部 理科二類
8位 文学部 文科三類
10位 教育学部 文科三類
11位 教養学部

東京大学の学部ごとの序列関係は上記のようになる。もはや「カースト」制度のような感じであるが、偏差値や伝統・歴史、就職の優劣によってはっきりとした差が見られる。

基本的には、政界や経済界にて活躍する人が多い学部ほど序列の順位も上位に入る。社会的な影響力が小さい学部は下位になりやすい。

参考:大学の「学部カースト」の全容! 序列の順位を付けると

医学部

医学部

日本国内のすべての大学において、医学部はどこも他学部よりも入試の偏差値が高く、入るのが難しい。

医学部に所属しているというだけで「頭がいい」「才能がある」と評価される。

東大もその例外ではない。最高学府なのはどの学部学科でも同じだが、その中でも特に医学部は最もレベルが高い。

受験の段階でも医学部は「理科三類」に属し、国内で最難関の入試方式。理科一類・二類とは大差をつける。

薬学部

薬学部

薬学部は医学部の次に難易度が高い大学がほとんど。

東大の場合は、入試は理科一類・二類いずれも対象となるため、理工学部などとの違いは薄いものの、評価としては医学部の次くらいに高い。

専門的な知識を獲得して資格取得に直結した学部のため、就職先としてもいつの時代でも安定。そんな点が受験生から人気になる要因で、世間一般の評価を獲得している。

ただし、その分大学入学後も勉強ができないと卒業するのが難しい。

法学部

法学部

文系の最高峰といえば法学部。入試の段階では文科一類に属する。

国公立・私立大学のいずれでも大半の大学では、文系の看板学部=法学部というケースがほとんど。

東大法学部といったら日本国内の文系の頂点。大物政治家、官僚を多く輩出する伝統もある。

入試の段階でも、文科一類は二類・三類と比べて難易度が高い。

工学部

工学部

医薬系以外の理系の中でトップなのが工学部。

入試の段階では理科一類、理科二類のいずれでも適用されるが、世間一般で活躍する人が多いこともあって、工学部が理工系の看板的な存在。

東大ということで、日本を代表する製品を設計・開発した技術者を多く輩出。

大手企業の技術職では、東大の工学部出身者なら優秀と判断されやすい。

就職でも東大ブランドのみならず、大学で学んだ知識も活かしやすい。

理学部

理学部

工学部の次に来るのが理学部。同じく入試の段階では理科一類、理科二類のいずれでも適用される。

ノーベル賞を数々輩出している。それ以外の科学技術に関する多くの賞を取っている。

ただし、特に民間企業ではどちらかというと工学部の方が目立つこともあって、理学部の方が影が薄い。

結果的に序列でも理学部の方が若干下がる。

経済学部

経済学部

経済学部は文系では法学部の次にヒエラルキーの頂点に立つ。入試の段階では文科二類に属する。

法学部は官公庁や法曹界で活躍する人が多いのに対して、経済学部は民間企業で活躍する人が多い印象。

法学部に比べると学ぶ知識を活かせる分野が乏しいこともあって、魅力はあまり大きくはない。

東大のみならず、基本的に法学部がある大学内では、序列は「法学部>経済学部」になりやすい。

農学部

農学部

農学部は東大の理系の学部の中では序列が最下位。入試方式は理科二類。

日本は工業国ということで、どうしても農業があまり重要視されにくい点が影響している。

就職の面でも同じ理系という括りでも理工系よりは劣る。

魅力に乏しい点から、東大でも農学部のヒエラルキーは低めの立ち位置。

文学部

文学部

文学部は文系の主要学部ではどこの大学でも下がる傾向。東大も例外ではない。

入試の段階では文科三類に属する。一類・二類と比べると難易度は下がる。

社会で役に立つ学問ではないことから、就職には弱いと言わざるを得ない。

世間一般でも重要視されにくい学問の分野のため、ヒエラルキーも低め。

教育学部

教育学部

教育学部も文学部と同じように文系の中でもヒエラルキーは下に位置する大学が多数派。

入試の段階では文科三類に属し、一類・二類と比べると難易度は下がる。

教員、つまり学校の先生を目指すには教育学部を目指すのが好ましいが、実際問題として教員の需要には限りがある。

その一方、官公庁、法曹界、財界で教育学部出身者が少ないため、受験生からも人気度が低い。

教養学部

入試方式を問わず、東大1年生と2年生は「教養学部」に即する。3年次進級時から各学部学科に分かれる。

一方、3年次からも教養学部に所属することもできる。他の事例とは違って文理融合型の学部という位置付け。

しかし、世間一般では学問の分野がイメージしづらいこともあって、評価はそう高くはない。

そんな事情から、教養学部は学部間ヒエラルキーとしては立場が低い。

「類」の序列

東大の類

東大の入試方式である「類」を序列は以下の通り。

理科三類>理科一類≧文科一類≧理科二類>文科二類>文科三類

入試難易度はもちろんのこと、世間一般で評価もこの順番に影響。

理科三類はもはや天才

理科三類に合格できる人は国内の天才のような存在。

東大そのものに合格するのが難しいことは疑いのない事実だが、その中でもさらにエリートと呼べるのが理科三類の合格者。

理科三類に合格したのなら、それは一生の実績になるはず。他の「類」とは完全に一線を画す。

理科一類、理科二類、文科一類は看板学部

理科一類、理科二類、文科一類は東大の中でも比較的看板的な存在。

医学部以外の学部としては完全に日本でトップレベル。

現実的に東大を目指す受験生が最初に志望するのもこれら3つのどれかになるはず。

文科二類、文科三類は穴場

あえて東大の穴場を挙げるなら文科三類。文学部・教育学部が主体の「類」だが、元々不人気の学部ということで、前述の「類」よりは難易度が下がる。

文科二類はその年度によって異なる。傾向としては、好景気の時期は文科一類とほとんど差がない一方、その中全体が不景気になると差が開く。

経済学部の人気度は不況時に落ちるため。専門的な領域になりやすい文科一類(法学部)は経済状況に左右されにくい。

おすすめ記事