【ヒエラルキー】東芝グループの序列を大公開! 各々の身分を考察

東芝グループの序列は、「東芝、キオクシア>東芝デバイス&ストレージ、東芝エネルギーシステムズ、東芝インフラシステムズ、東芝テック、東芝三菱電機産業システム>その他…」という順番。

会社規模や事業内容、社名の認知度を考慮すると、このような形になる。

詳細については、各階級に並べる。基本的に誰もが知っている東芝グループの企業ほど上のランクに入り、完全に「下請け」のようなイメージが強くて知名度がない企業は下のランクとなる。


東芝グループの序列(ヒエラルキー)

東芝グループの序列表

東芝グループの序列を示したピラミッド

階級 企業名
東芝、キオクシア
貴族 東芝デバイス&ストレージ、東芝エネルギーシステムズ、東芝インフラシステムズ、東芝テック、東芝三菱電機産業システム
上流階級 東芝プラントシステム、東芝エレベータ、東芝ライテック、東芝キヤリア、東芝デジタルソリューションズ、芝浦機械、芝浦メカトロニクス、東芝情報システム
平民 SBS東芝ロジスティクス、東芝ライフスタイル、東芝データ、原子燃料工業、東芝マテリアル、ニューフレアテクノロジー
二級市民 東芝ホクト電子、西芝電機、東芝電波コンポーネンツ、加賀東芝エレクトロニクス、東芝ホームテクノ
奴隷 その他

上記は、東芝グループに属する各企業を階級別に分けた場合のもの。あくまでも個人的な私見ではあるが、こうなると考える。

「神」「貴族」「上流階級」くらいまでであれば、多くの人はなんとなく知っている会社が多いのではないか。

「平民」以下となると、あまり知られていない企業がほとんど。「東芝」と付けば、大手企業の子会社ということがわかる程度だろう。

なお、給料体系は各企業で別々に設定されている。基本的に、階級が上の方の会社ほど社員の平均年収が高い模様。

参考:【給料比較】東芝グループの平均年収を一覧化!

神~もはや頂点

グループ頂点に立つ東芝

東芝グループの中で「神」といえる存在はもちろん東芝である。また、半導体メーカーであるキオクシアもここに君臨。

東芝は誰もが知っている企業の1社で、総合電機メーカーでは業界トップに君臨するほど。世界的にも非常に有名で、グループ各社を引っ張る主役である。

当然ながら、東芝に対して逆らえる子会社はいない。

従業員の働く環境に関しても、平均年収は常に800万円を超え、賞与は年間6ヶ月分以上が支給。これに勝る企業は国内ではかなり少数派。

キオクシアは社名こそは知らない人もいるところではある。ただ、半導体メーカーとしては最高峰の1社。年収が極めて高いことで有名。

ゆえに、東芝グループの序列ではトップと判断。

貴族~重役のようなポジション

貴族

東芝グループの中で「貴族」といえる存在は、下記の5社。

  • 東芝デバイス&ストレージ
  • 東芝エネルギーシステムズ
  • 東芝インフラシステムズ
  • 東芝テック
  • 東芝三菱電機産業システム

東芝デバイス&ストレージはメモリ事業を除く、HDDをはじめとするストレージ、LSIなどのデバイス事業を手掛ける。

あらゆるハードウェアによって必要不可欠な物を製造するメーカー。

東芝エネルギーシステムズは原子力、火力などの大型発電設備、水力・地熱・太陽光・風力などの再生可能エネルギー発電システムを手掛けるメーカー。事業内容からして序列では上位に入るだろう。

東芝インフラシステムズは鉄道システム事業などを手掛けるシステムインテグレーター。情報通信事業の中でも公共性が高く、その分序列でも上位。

東芝テックは単独で上場。オフィス関係の製品を手掛けるため、社会インフラ勢ほど重要な産業とは言えないかもしれないが、上場企業のために知名度が高く、今回はここにランクイン。

東芝三菱電機産業システムはプラントエンジニアリングとシステムエンジニアリングを手掛ける会社で、三菱電機との合弁会社。

社名に「三菱」が付くインパクトが大きく、ここにランクイン。

当然ながら、東芝グループ内での序列も上の方にランクイン。

上流階級

上流階級

東芝グループの中で「上流階級」といえる存在は、下記の8社。

  • 東芝プラントシステム
  • 東芝エレベータ
  • 東芝ライテック
  • 東芝キヤリア
  • 東芝デジタルソリューションズ
  • 芝浦機械
  • 芝浦メカトロニクス
  • 東芝情報システム

東芝グループの中でも事業内容が大きいが経営状況があまり良くない、もしくは東芝と完全な主従関係ができているものの売上高が大きい、もしくは独自性が大きい重要な企業がここにランクイン。

東芝ライテックは照明器具などを手掛けるメーカー。事業内容の面で、社会インフラ勢よりはステータスとしてイマイチなどこともあって、今回は上流階級に分類。

芝浦機械は工作機械メーカー。旧社名は「東芝機械」。事業分野の面であまり知られてないため、今回はここに分類。

東芝情報システムは東芝デジタルソリューションズのIT子会社で、デンソー系列でもある。規模は小さいが、デンソー関連会社ということもあって、今回は上流階級に分類。

平民

平民

東芝グループの中で「平民」といえる存在は、下記の12社。

  • SBS東芝ロジスティクス
  • 東芝ライフスタイル
  • 東芝データ
  • 原子燃料工業
  • 東芝マテリアル
  • ニューフレアテクノロジー

東芝グループの中では完全に主従関係の「従」に属する会社、企業名の知名度がない企業、事業分野が業界トップ級ではない会社のいずれかが入る。

最も多いパターンは、東芝グループの「子会社の子会社」というポジションの企業。誇れる事業分野であるものの、資本関係の都合上、上流階級以上とは言えない会社がここに入る。

二級市民

二級市民

東芝グループの中でも「二級市民」となるのが下記の会社。

  • 東芝ホクト電子
  • 西芝電機
  • 東芝電波コンポーネンツ
  • 加賀東芝エレクトロニクス
  • 東芝ホームテクノ

いずれも、東芝グループの中でも知名度が低く、事業分野も大手他社では似たような部門を持っているところ。

就職市場でも、あまり人気がなく、「東芝」と付くことで応募者が辛うじて集まっているという印象。

いずれにせよ、東芝のブランド力に押し上げられている印象が大きいため、完全に主従関係の「従」に値する。

そんなこともあって、「二級市民」というポジションと判断。

奴隷

上記で登場した東芝グループ以外は「奴隷」と判断。

規模の面では完全に中小企業。東芝グループの中でも、上位勢の会社の「下請け」の印象が強いところになる。

実際のところ、人件費削減や節税の都合から別会社とされたところ。事業分野には特徴がないところがほとんど。

ゆえに、完全に親会社のお手伝いを行う企業という性質から「奴隷」と判断。

まとめ

まとめ

東芝グループを構成する企業の序列をまとめると、下記のように言える。

神(東芝、キオクシア):グループ全体をけん引する会社。世界的に名が知られ、これに勝てるグループ会社など存在しない

貴族:東芝に次ぐくらいの知名度を誇る。それぞれの事業分野はグループトップで、業界としても上位勢に入る。

上流階級:知名度は低いが、事業分野には何かしらの特徴がある。なくてはならない存在。

平民:知名度が低く、特に大きな特徴がない企業。ライバル他社も存在し、激戦のため輝に欠ける。

二級市民:「東芝」が社名に付くだけで、何をやっているのかよくわからない企業。類似の会社が他社グループにもある。

奴隷:東芝グループ会社の完全な下請け。単に「モノを作るだけ」または「モノを売るだけ」の会社。

グループの統廃合について

M&A

東芝グループを構成する各企業は、よく統廃合が行われる。他の企業連合と合併することもよくある。

例えば、東芝ファイナンスがみずほフィナンシャルグループ系列の企業と経営統合してみずほ東芝リースとなったような出来事。

社名に「みずほ」が追加されると、世間一般のイメージとしてはアップすることがある。

このように、他の企業と合併したことで、序列のランクが上がる可能性はある。

ただし、「貴族階級」よりも上になることはないだろう。

おすすめ記事