東芝テックの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

東芝テックで勤務する社員

東芝テックの採用大学は京大、名大、九大、早稲田大、明治大、中央大、法政大、法政大、東京理科大、関西学院大、同志社大、千葉大、電通大、大阪府立大、静岡大、宇都宮大、群馬大、山梨大、三重大、山口大、九工大、佐賀大、兵庫県立大、成蹊大、津田塾大、日本大、東洋大、専修大、京都産業大、近畿大、南山大、名城大、芝浦工業大、工学院大、東京都市大、福岡大、APU、金城学院大、國學院大、帝京大、武蔵大、神奈川大、東海大。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は若干存在するようだ。地方国公立以上またはMARCH・関関同立以上が多数の採用がある一方、偏差値が55以下の大学からの採用はかなり少ない。

新卒採用の倍率は、技術系総合職は約10倍、事務系総合職は約20倍になると予想。就職難易度はそれぞれ数ある企業の中でも「やや易」「ふつう」に該当。


主な採用大学

東芝テックの採用大学は下記の通り。

東芝テックの採用大学院(院卒-修士了)
大阪府立大学、神奈川大学、九州大学、京都大学、群馬大学、工学院大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、東海大学、東京都市大学、東京理科大学、名古屋大学、日本大学、福岡大学、法政大学、三重大学、名城大学、山口大学
東芝テックの採用大学(学部卒)
宇都宮大学、関西学院大学、九州工業大学、京都産業大学、近畿大学、金城学院大学、工学院大学、國學院大學、静岡大学、芝浦工業大学、成蹊大学、専修大学、千葉大学、中央大学、津田塾大学、帝京大学、電気通信大学、東洋大学、同志社大学、南山大学、日本大学、兵庫県立大学、福岡大学、法政大学、武蔵大学、明治大学、山梨大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学

上記はマイナビ「東芝テック」にて掲載されている採用実績校の大学。先輩社員の出身大学を示す。

採用人数は毎年100名にも上るが、全体的には難関大学または有名大学ばかり。例外もいくつかあるとはいえ、主流派はある程度学力がないと入れないところばかり。

学歴フィルターの基準は偏差値55

東芝テックを志望する難関大学の学生たち

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」があると読み取れる。

国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:偏差値55以上

国公立大学は地方立地のところからも採用例があり、特に制限はない。

私立大学も「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中、四工大などがボーダーライン。これに満たない大学からの採用例には乏しい。

偏差値50に満たない大学からは採用例がゼロ。俗に言う「Fラン」と呼ばれる大学からの採用例はない。大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴には少なからず当てはまる。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターの対象範囲

学歴フィルターの範囲

東芝テックの学歴フィルターの範囲のイメージ

東芝テックにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍、四工大
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランク帯で採用実績が空白となっている大学群はない。

東芝テックが属する東芝グループの中核会社「東芝」と比較しても、学歴フィルターの傾向はあまり違いがない。

大手企業の中でも特に有名なところ並みの学歴フィルターが厳しいことが読み取れる。

国公立大学に関しては、旧帝大やそれに次ぐ難関国公立、さらには地方国立大学からの採用がある。特に最低限のボーダーラインのような基準はない。

私立大学にに関しては、早慶上智、MARCH・関関同立(理科大含む)、日東駒専、産近甲龍、四工大からの採用でほとんどを占める。

「MARCH・関関同立以上only」のような難関私大に偏ったものではないものの、偏差値の下限は明確に現れている。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系総合職 ★★ 10倍、やや易
事務系総合職 ★★★ 20倍、ふつう

新卒採用を実施する職種は大卒・院卒向けの総合職。文系(事務系)・理系(技術系)ともに同時に選考が行われる。

採用人数は例年100名前後となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約1,500人前後と思われる。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

なお、事務系・技術系それぞれの仕事内容は下記のように募集要項では記載。

・事務系:国内営業、支社管理スタッフ
・技術系:開発(ソフト・ハード)、SE、商品企画

引用:マイナビ2022「東芝テック(株)」

技術系総合職

理系を対象とする技術系総合職

技術系総合職の倍率は約10倍と推定。就職難易度は「やや易」と判断。

仕事内容は研究開発、生産技術、設備技術など。

募集対象の学部学科に関しては理工系学部。特に機械工学、電気工学、電子工学、情報工学などが主流。

理系でも理学部生物学科や農学部のような物理・化学以外の分野の学生もターゲットではない。

したがって、工学部や理学部などの理系の中でも特定の学部学科に所属する学生の中での競争になる。応募できる学生の対象範囲が限られている点から、就職難易度は低め。

なお、技術系は面接は回数が2回のみ。推薦応募は1回のみとなっている。事務系よりも少ない。グループ面接は行われない。個人面接のみなのが特徴。

事務系総合職

事務系総合職(文系が主流)

事務系総合職の倍率は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」と判断。

仕事内容は、人事、総務、経理、調達、営業、生産管理など。

事務系の募集対象の専攻分野は「全学部全学科」とされているものの、実際に応募するのは商、法、経済、社会、文学、外国語などがほとんど。

応募できない学生がいないこともあって、不特定多数のエントリーがある。ゆえに、同じ総合職であっても、理系限定の技術系よりも就職難易度は高め。

面接回数は3回。事務系では「グループ面接」がある。

採用人数

東芝テックの過去3年間の新卒採用の採用人数は下記の通り。

2018年   2019年   2020年
─────────────────────────
大卒文  49名     48名    50名
大卒理  50名     53名    45名

事務系(文系)、技術系(理系)どちらも概ね50名で推移。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI新日鉄住金ファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業シマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。