トヨタ自動車の就職者の出身大学を調査! 学歴フィルターも

トヨタ自動車

トヨタ自動車の採用大学は、東大、京大、一橋大、東工大、北大、東北大、名大、阪大、九大、神戸大、筑波大、横浜国大、千葉大、新潟大、金沢大、静岡大、静岡県大、豊橋技科大、名古屋市大、愛知県大、愛知教育大、岡山大、広島大、慶應義塾大、早稲田大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、東京理科大、学習院大、関西学院大、関西大、同志社大、立命館大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、成蹊大、成城大、明治学院大、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大、南山大、名城大、東京女子大、日本女子大、津田塾大、共立女子大、聖心女子大など。

学歴フィルターと呼ばれる制度は存在。社員全体を見ると、技術系(理系)、事務系(文系)どちらも総合職では、社員の出身大学は難関校ばかり。

具体的には、旧帝大と呼ばれる大学(東大・京大・阪大・北大・東北大・名大・九大)と東工大・一橋大・神戸大、早慶上智といったところが割合的に多い。

古くからある歴史の長い企業ではよくある例だが、例外では決してない。

学歴フィルターとは、一定の偏差値を下回る学校の学生だと、エントリーシートや履歴書に自分の所属する学校名を書いた時点で不採用またはそうなる確率がかなり高くなるような制度のことを指す。

多くは書類選考の段階で用いられる手法だが、大学名だけで面接にすら進めないというケースも中にはあるようだ。


採用大学

トヨタ自動車の採用大学は下記の通り。

トヨタ自動車の主な採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、横浜市立大学、大阪市立大学、大阪府立大学、京都工芸繊維大学、埼玉大学、静岡大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、お茶の水女子大学、東京都立大学、東京農工大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、東京女子大学、日本女子大学、津田塾大学、成蹊大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、西南学院大学、福岡大学、大阪工業大学、東海大学、帝京大学、金城学院大学、東海大学、亜細亜大学、神田外語大学、國學院大學、名古屋外国語大学、関西外国語大学、京都外国語大学、高崎経済大学、弘前大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、福島大学、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、山梨大学、信州大学、静岡県立大学、豊橋技術科学大学、愛知県立大学、愛知教育大学、岐阜大学、三重大学、富山大学、富山県立大学、福井大学、滋賀大学、奈良女子大学、和歌山大学、滋賀県立大学、兵庫県立大学、神戸市外国語大学、広島市立大学、鳥取大学、島根大学、香川大学、愛媛大学、徳島大学、高知大学、高知工科大学、山口大学、北九州市立大学、九州工業大学、佐賀大学、琉球大学、名桜大学

上記は主な大学の公式ウェブサイトにて就職先として「トヨタ自動車(株)」の社名の掲載が確認できた大学を示す。

子会社であるトヨタ自動車北海道、トヨタ自動車東日本、トヨタ自動車九州などは含まない。

大学別就職者数

学歴フィルター

まずは大学別就職者数。

週刊ダイヤモンド「トヨタの新卒採用大学ランキング、3位京大・2位大阪大、1位は?」に基づく情報では、トヨタ自動車へ就職した新卒採用者の出身大学で多い学校をまとめると以下のような表になる。

国公立大学、私立大学ともに2016年の3実績を示す。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

国公立大学の大学別就職者数

トヨタ自動車の大学別採用人数(国公立大学)

トヨタ自動車の大学別採用人数(国公立大学)

トヨタ自動車の大学別就職者数(国公立大学)
大学名 採用人数
東京大学 31名
京都大学 37名
大阪大学 38名
東北大学 20名
名古屋大学 47名
九州大学 29名
東京工業大学 21名
名古屋市立大学 1名
名古屋工業大学 28名
愛知県立大学 3名

上記の表は国公立大学各校ごとの採用人数。

本社のある愛知県をはじめ、首都圏と関西を加えた地域の難関大学が多い傾向。

特に多いのが東大、東工大、名大、名工大、京大、阪大、九大が多い。

東北大と九大が多いのは、それぞれの地域に「トヨタ自動車東日本」「トヨタ自動車九州」があることが関係している。

それにしても国公立ですら難関大学への偏りが激しい。総合職の採用が多いことを考えると、事務系・技術系いずれも「学歴フィルター」があると判断。

私立大学の大学別就職者数

トヨタ自動車の大学別採用人数(私立大学)

トヨタ自動車の大学別採用人数(私立大学)

トヨタ自動車の大学別就職者数(私立大学)
大学名 採用人数
早稲田大学 33名
慶應義塾大学 32名
南山大学 4名
愛知大学 2名
名城大学 2名
中京大学 3名
豊田工業大学 10名
愛知学院大学 1名
愛知工業大学 2名
愛知淑徳大学 6名
金城学院大学 5名
名古屋外国語大学 2名
名古屋商科大学 1名
椙山女学園大学 4名

上記の表は私立大学各校ごとの採用人数。

私立大学は早慶以外では愛知県に立地する大学ばかりで占める。

南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学といったところが登場。ただ、学生数が多いこと、地元愛知県にあるにしては各大学は軒並み少ない。

地域的には遠く離れている首都圏の早稲田大学、慶応義塾大学で30名以上が採用されていることを考えると、学歴フィルターがあると判断。

「南愛名中」の4校でも偏差値上は日東駒専、産近甲龍のランクになる。トヨタ自動車ほどの超大手企業になれば、これらからの採用が少ないのは推測できる。

したがって、総合職は私立大学では早慶上智レベルが主流と捉えてよい。事務系・技術系の2系統あるが、どちらも同じ。

なお、業務職は大学の偏差値の違いによる採用実績校の特色が特にない。学歴フィルターは薄いと言われている。偏差値が低い大学からの採用では、総合職ではなく業務職の可能性が高い。

職種ごとの採用大学の傾向

トヨタ自動車の職種

次に各職種ごとの採用大学の傾向について。

特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルター。

大手インフラ企業では大学名だけで面接まで進ませるか、その場で不採用にするか決める方法となっているケースが多いのが現状。

>>【トヨタ自動車】新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

総合職

総合職の出身者の多い大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、北海道大学
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、東京理科大学

前述の通り、トヨタ自動車の新卒採用の職種の中でも総合職は特に難関大学出身の人が内定者の多数派。

出身大学には明確な傾向が出ている。東大・名大・京大・阪大ような国立大学旧帝大クラスや早稲田大、慶應大といった最難関私立大学が主流派。

一方、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)以下の内定者は少ない。多く見積もっても、学生の総数が多い大学の割には採用人数が少ない。

愛知県内にある南愛名中(南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学)も同様。

こうした傾向から学歴フィルターの疑いが否定できないと読み取れる。

製造業の中でも日本を代表する企業であって応募者数が数千件にものぼり、より効率的に選考を行うために学歴で選別しているとも考えられる。

事務系コース

事務系コース

  • 商品企画、マーケティング・営業企画
  • 販売事業支援
  • カスタマーサービス企画
  • 資材・部品調達戦略
  • 新車プロジェクトマネジメント
  • 物流企画
  • 生産企画
  • 原価企画
  • 経理・財務
  • 企業法務、海外事業体支援、渉外広報、人事

→いずれも難関大学からの採用が中心

上記は事務系コースの業務分野。文系の学部学科の出身者かつ旧帝大または早慶上智クラスの大学出身者が中心。

法学部、経済学部、文学部、外国語学部、社会学部、商学部などのいわゆる「文系」全般。

「全学部全学科」のため理系学部でも応募は可能だが、実際にはほとんどが文系出身者。この点では大学名は関係ない。

技術系総合職

技術系コース

  • 先端研究
  • 先行開発
  • 量産開発
  • 生産技術開発
  • 生産ライン設計・導入
  • 製造・品質管理
  • デザイン
  • 品質保証
  • カスタマーサービス
  • 情報システム
  • 知的財産
  • 建築設備技術

→いずれも難関大学からの採用が中心

上記は技術系総合職の業務分野。

技術系総合職は理系の学部学科の出身者かつ旧帝大または早慶上智辺りが占める。

理系の中でも工学部、理学部(物理系)、情報学部がほとんど。

業務職

業務職の仕事内容

  • 一般事務
  • 会計簿記
  • 秘書
  • CADオペレーター
  • 定型・サポート業務(英語必須)

上記は業務職の業務分野。他の企業で言う「一般職」に該当。

出身大学では総合職のような偏りはない。よって、「学歴フィルター」も薄いと判断

一般事務がメインの事務系とCAD等を取り扱う技術系の2種類のコースがあるが、大学名による選考が薄いのはどちらも同じ。

愛知県内の私大もここでは多く採用される傾向。南愛名中(南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学)、愛知工業大学、豊田工業大学もここが主力。

業務職の出身者の多い大学

南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、愛知学院大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、金城学院大学、名古屋外国語大学、名古屋商科大学、椙山女学園大学
日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学

結論:トヨタは学歴フィルターがあると判断

学歴フィルター(トヨタ自動車)

トヨタ自動車の場合、内定者を見ると有名な大学を出ている人が多いように感じる。偏差値が高くて入試の難易度が高い学校が出身校の中ではメジャーな存在となっている。

旧帝大・早慶上智クラスまで限られた世界ではないものの、Aランクの国公立大学やMARCH、関関同立程度のレベル以上の大学がボリュームゾーンとなっている。

日東駒専や産近甲龍を出ている人もいるが、学生数が多い学校であることを考えると少ないと判断できる。

こうした傾向を考慮すると、トヨタ自動車の新卒採用の際には学歴フィルターが少しはあるものと私は感じる。

さらに、トヨタ自動車にはリクルーター面談も一部の学生をターゲットとして存在する。リクルーターが付くのは有名な学校の学生に限られているようだ。

リクルーターが付くと選考は裏ルートで進むことができる。うまくいけば、正式な面接の回数は1~2回程度で内定がもらえる。正規ルートよりも入社の難易度は下がるのは間違いない。

学校名だけでリクルーター面談の有無が決まるため、少なくとも裏ルートとなると学歴フィルターが存在するといえるだろう。

○○大会という学閥も

名古屋大学の学閥

入社後も出身大学ごとの派閥のような集まりがあるところも多い。「○○大会」という名称のグループがあり、定期的に同じ大学の出身者で食事会などを開くこともあるようだ。

これは、簡単にいえば学閥のようなものだといえる。出身大学ごとの集まりがあるということは、それだけ学校名が社内では重要だということを表している。

もちろん、同一大学の出身者がまとまった数がいなくて○○大会のようなグループが存在しない学校もある。

しかし、少なくとも全国的に誰もが知っているような学校となると同じ大学の社員が最低でも数年に1回は集まりを開くような団体があると考えてよい。


広告

おすすめ記事