トヨタ自動車の採用でTOEIC点数はある? そして何点以上!?

トヨタ自動車

トヨタ自動車でのTOEICの点数(スコア)は、採用時は特に問われない一方、昇進時(係長)には最低600点が必要。

もちろん、新卒および中途採用の書類選考の際にも高いスコアを持っていればその分有利になる。グローバル企業ということで、内定の獲得や出世の際に英語力は重要視される。具体的には、800点以上あると優遇されると感じる。

海外に多くの拠点を持っている会社では、最近は採用や昇進の際に900点以上の高得点を求めるところもある。

商社などでは、この傾向が強い。高い英語力を求めている会社は年々増えている。

自動車業界の中でも、トヨタ自動車は最もグローバル化が進んでいるといわれている。そのため、社内で高い英語力が必要とされているのは間違いない。


新卒採用では条件なし

新卒採用

大卒・院卒向けの新卒採用においては、TOEICの点数による条件は設けられていない。TOEICを取得していない学生であっても、自由に応募することができる。

ただし、インターネット上の情報によると600点以上は持っているのが好ましいようだ。表面的には、TOEICの点数が必要はないとはいえ、英語力を示す資格があると選考で有利になるといわれている。

技術系でも事務系でも、TOEICに関する条件は記載されていないものの、もしTOEICを取ることを考えているのであれば、是非挑戦することをおすすめする。

なお、TOEICの点数によって給料に違いが表れるというわけではない。あくまでも、書類選考などで有利に進める可能性が高まるという程度に限られる。

800点以上なら有利か

TOEICスコア800点

TOEICスコアが800点あると、英語力がある人材としてプラス評価を獲得しやすい。

募集要項等で明記されていないものの、トヨタ自動車の採用時に有利に働くTOEICスコアは800点以上と予想。

800点以上あれば、英語でのコミュニケーションで特に不自由なく行えて、英文の読み書きも問題なく行える目安。

部署によって英語の使用頻度は全く異なるものの、選考時には「英語ができる人」として評価の対象になるのは間違いない。

もちろん、この点では理系・文系の違いはなく、技術職でも事務職、総合職でも業務職でも同じ。

>>【トヨタ自動車】新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

700点未満だと不利かも

逆に、TOEICスコアが700点未満の場合だとトヨタ自動車の新卒・中途採用どちらも不利になる可能性が出てくると個人的には考える。

TOEIC公式サイトでは「「800点以上」は「海外赴任できる」を、「600-800点未満」は「取引先/海外支店とメールでやり取りが出来る」を、「600点未満」は「挨拶ができる」を、現在の英語力に最も近いスキル」

引用:一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会「英語活用実態調査2019まとまる~企業・団体の英語の位置づけ・ビジネスパーソンの英語に対する意識等を発表~」

700点は海外の部署と簡単なやり取りができる程度だが、海外赴任ができるほどのレベルではないことを意味する。

トヨタ自動車はグローバル企業で、世界各地へ進出していることもあって、大卒および院卒であれば高い英語力はあるのが好ましい。

一般的な企業の就職であれば、就職難易度は決して高いわけではないことから、TOEICスコアが700点でも有利になることがあるものの、トヨタ自動車は超大手自動車メーカーで大人気の就職先。求められる英語力もその分高いのは確実。

そんな中で、TOEICスコアが700点未満しかないとなると、「この人は英語があまりできない!」として評価が下がってしまうことが懸念されると感じる。

昇進の際にはTOEICが必須

採用時とは対照的に、昇進の際にはTOEICで一定の点数を獲得することが要求される。

これを満たさないと、無条件に出世することができない仕組みになっている。

最終学歴は関係なく、院卒・大卒のみならず、高卒や高専卒もTOEICスコアの最低水準(=600点)がないと係長以上にはなれない。

係長昇進時は最低600点が必須

トヨタ自動車の係長昇進時に必須のTOEICスコア600点

TOEICスコア600点、係長昇進時は絶対必須

係長へ昇進するには、600点以上のTOEICスコアがなければならない。これは、ビジネス英語がある程度できるというレベルだが、出世するには英語を理解できないといけないことを示す。

ただし、英語力を求める大手企業の中では決して高いハードルとは言えない。会社によっては、昇進の際に700~900点以上のスコアを要求しているところもある。

製造業の中でも、トヨタ自動車のように海外に進出しているところであれば、600点程度のTOEICスコアを取ることを条件にしているケースは珍しくはない。

かつては、日本国内が市場の中心であったため、英語力はそれほど重要ではなかった。しかし、今では海外がメインになりつつある。

どんな業務に携わるとしても、世界共通語である英語が理解できて、日本語がわからない外国人従業員とのやり取りができることが、社内全体で強く推奨されている。

TOEICの各スコアごとのレベル

※各々の記事にて社会的な評価について解説。

基幹職3級(課長相当)以上について

高い英語力が要求される基幹職3級(課長相当)

トヨタ自動車の基幹職3級(課長相当)以上ではTOEICスコアの条件は特にない。

ただ、ここからは中間管理職に当たる。部署によって差異はあるが、やはり高い英語力があるのが望ましいのは確実。

海外の部門とやり取りする機会がある部署では、TOEICスコアの目安として800点以上は持っているのがよいと感じる。

実際のところ、上司という立場になればさらに円滑に英語でのコミュニケーションを取ることが求められる。十分な英語力がなければ、周囲からの評価は落ちてしまい、その後の昇進に悪影響を及ぼすこともあり得る。

おすすめ記事