豊田通商の採用大学を調査! 学歴フィルターの傾向あり

豊田通商

豊田通商の採用大学では、早稲田大、慶応義塾大、上智大、阪大、東北大、名大、神戸市外大、名市大からの採用が多い。

ランク別で旧帝大をはじめとする国公立大学から早慶上智、MARCH、関関同立までが主流。

一方、愛知県内の中堅私大からの採用もある。難易度の面では日東駒専、産近甲龍クラスだが、学生数が多いこと、立地が地元であることを考えると少ない。

採用の選考での学歴フィルターが強い傾向。大学名だけでES審査や面接で有利になったり不利になったりするかもしれない。


大学別就職者数

学歴フィルター

まずは大学別就職者数。採用大学のうち、特に人数が多い大学を列挙。

週刊ダイヤモンド「トヨタ、JR東海…愛知が本社の15社、新卒採用大学ランキング!」に基づく情報では、豊田通商へ就職した新卒採用者の出身大学で多い学校をまとめると以下のような表になる。

国公立大学、私立大学ともに2016年の実績を示す。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

国公立大学の大学別就職者数

国公立大学
豊田通商の大学別就職者数(国公立大学)
大学名 採用人数
東京大学
京都大学
大阪大学 3名
東北大学 4名
名古屋大学 1名
神戸市外国語大学 3名
名古屋市立大学 3名
愛知県立大学 1名

上記の表は国公立大学各校ごとの採用人数。

大阪大学、東北大学が多いが、いずれも一桁にとどまる。

国公立ですら難関大学への偏りが激しい。総合職の採用が多いことを考えると、事務系・技術系いずれも「学歴フィルター」があると判断。

私立大学の大学別就職者数

私立大学
豊田通商の大学別就職者数(私立大学)
大学名 採用人数
早稲田大学 10名
慶應義塾大学 10名
上智大学 8名
関西学院大学 7名
同志社大学 6名
立命館大学 6名
青山学院大学 5名
南山大学 2名
愛知淑徳大学 1名

上記の表は私立大学各校ごとの採用人数。

私立大学は早慶の2校が突出して多い。早稲田大学、慶応義塾大学いずれも10名と二桁。

MARCH、関関同立からの採用も目立つ。関西学院大学、同志社大学、立命館大学、青山学院大学からの採用がある。

愛知県内だと南山大学、愛知淑徳大学が登場。ただ、学生数が多いこと、地元愛知県にあるにしては各大学は軒並み少ない。

地域的には遠く離れている首都圏の早稲田大学、慶応義塾大学で多めに採用されていることを考えると、学歴フィルターがあると判断。

したがって、豊田通商の採用大学に関して、私立大学では早慶上智レベルおよびMARCH、関関同立レベルが主流と捉えてよい。事務系・技術系の2系統あるが、どちらも同じ。

職種ごとの採用大学の傾向

豊田通商の職種

次に各職種ごとの採用大学の傾向について。

特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルター。

大学名だけで面接まで進ませるか、その場で不採用にするか決める方法となっているケースが多いものと考えられる。

>>豊田通商の平均年収は約1,000万円! 職種・年齢ごとでも算出

総合職(グローバル職)

例年の豊田通商の採用大学では以下のような傾向が見られる。

総合職の出身者の多い大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、東北大学、九州大学、北海道大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、東京理科大学

前述の通り、豊田通商の新卒採用の職種の中でも総合職(グローバル職)は特に難関大学出身の人が内定者の多数派。

出身大学には明確な傾向が出ている。東大・名大・京大・阪大ような国立大学旧帝大クラス、名古屋工業大学、名古屋市立大学のような愛知県内の上位校、早稲田大、慶應大といった最難関私立大学が主流派。

一方、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)未満の内定者は少ない。

多く見積もっても、学生の総数が多い大学の割には採用人数が少ない。

愛知県内にある南愛名中(南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学)も同様。

南山大学からは複数人の採用があるものの、早慶上智、MARCH、関関同立に属する大学がこれを上回る。

地元の大学より関西圏の方が多く入社しているのがわかる。

こうした傾向から学歴フィルターの流れがあると判断。

総合商社で日本を代表する企業であって応募者数が数千件にものぼり、より効率的に選考を行うために学歴での選別が実施されることは不思議ではない。

給料体系が特に高い花形の職種であるため、より学歴フィルターの傾向が強い。

一般職(地域限定職)

豊田通商の実務職

地域限定職の出身者の多い大学

  • 南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学
  • 名古屋学芸大学、名古屋学院大学、中部大学、日本福祉大学
  • 愛知淑徳大学、金城学院大学、名古屋外国語大学、椙山女学園大学
  • 愛知工業大学、豊田工業大学

地域限定職は他社では「一般職」に該当する職種。

総合職に比べて転居を伴い転勤がなく、地元に住む人達を採用。ゆえに、全国区での採用になりやすい総合職よりも学歴フィルターの傾向は薄め。

他の会社にも共通する点だが、一般職では難関大学のみならず、中堅大学からの採用も目立つ。

愛知県内であれば、南愛名中(南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学)、名名中日(名古屋学芸大学、名古屋学院大学、中部大学、日本福祉大学)からの採用も多め。

さらに愛知淑徳大学、金城学院大学、名古屋外国語大学、椙山女学園大学、愛知工業大学、豊田工業大学なども実務職、生産関係職の主流派。

グローバル職は首都圏や関西の難関大学出身が多いのに対して、地域限定職は地元の私大(主に愛知県内)からの採用が多い傾向。

参考:公式の採用実績校

豊田通商ではマイナビ2021にて採用実績校を掲載。

<大学院>
大阪府立大学、東京大学、東北大学、鳥取大学、同志社大学、名古屋工業大学、慶應義塾大学、京都大学、九州大学、北海道大学、上智大学、神戸大学、東京理科大学、東京工業大学、筑波大学、千葉大学、立命館大学、早稲田大学、一橋大学、大阪大学、近畿大学
<大学>
青山学院大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、小樽商科大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都大学、近畿大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、滋賀大学、首都大学東京、上智大学、静岡大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、東京大学、東京外国語大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、国際基督教大学、名古屋大学、名古屋工業大学、南山大学、長崎大学、明治大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学
University of Oxford、University of Manchester、 King’s College London 等

引用:マイナビ2021

いずれも有名な大学が並んでいる。全体的に国公立大学全般と偏差値が高い私立大学ばかり。中堅私大とそれ未満の偏差値の大学がほとんどない。

最後に登場するUniversity of Oxford、University of Manchester、King’s College Londonはイギリスの大学だが、いずれも名門校。

なぜ学歴フィルターの結果に?

なぜ、学歴フィルターというものが存在しているのか。

理由は、円滑に採用活動を進められるようにするため。優秀な人材を確保するという目的を達成するため、応募人数が多いことそのものは優秀な人材に出会える確率も上がるという観点から企業には好都合なのは確か。

ただ、採用担当者にとっては選別の作業が大変。書類選考や会社説明会の段階で、一律に優秀な人材な可能性がより高い難関大学の学生に絞り込む「学歴フィルター」がここで活躍する。

豊田通商も応募人数が最低でも数千人にものぼる。現実的に一人一人の就活生を吟味すること困難。中でも総合職は学生が過剰に集まる。

国公立大学や難関私大のような偏差値が一定以上の難関大学に在籍する学生にスタートの時点から絞り込み、そこから少数精鋭で人材の選考を行いたい思惑があると考えられる。