関東(首都圏)の国公立・私立の序列! 偏差値ごとにランク分け

関東地方

首都圏を中心とする関東地方の国公立大学・私立大学の序列を順位化。

入試難易度を示す偏差値ごとに各大学をランク分け。学力だけでなく、研究レベル、所在地によって上下関係が決まる。

日本の首都東京を中心とする地域のため、かなり多くの大学が立地。しかし、序列は明暗分かれて、学歴ヒエラルキーが出来上がっている。


国公立大学・私立大学の序列

大学の序列
階級 総称 大学名
旧帝大 東京大学、一橋大学、東京工業大学
貴族 早慶上智 東京外国語大学、お茶の水女子大学、千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学、筑波大学

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、国際基督教大学

上流階級 準難関大学 電気通信大学、東京農工大学、東京都立大学(旧首都大学東京)、東京藝術大学、埼玉大学

明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学

平民 中堅大学 東京学芸大学、東京海洋大学、宇都宮大学、茨城大学、群馬大学、高崎経済大学、群馬県立女子大学、前橋工科大学

日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、獨協大学、國學院大學、武蔵大学、芝浦工業大学、津田塾大学、日本女子大学、東京女子大学、聖路加国際大学、東邦大学、北里大学、順天堂大学

二級市民 下位大学 大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学、國學院大學、工学院大学、東京工科大学、東京電機大学、東京都市大学、東京経済大学、武蔵野大学、淑徳大学、産業能率大学、聖心女子大学、共立女子大学、実践女子大学、東京農業大学、二松学舎大学、デジタルハリウッド大学、立正大学 、拓殖大学、玉川大学、創価大学、日本歯科大学、昭和薬科大学、東京家政大学、神奈川大学、神田外語大学、千葉工業大学
奴隷 Fランク大学 上記以外

全国の国立大学・公立大学・私立大学を「階級」ごとに分類すると、上記のような一覧になる。

なお、上記は偏差値を基に序列化したもの。

社会的な評価や受験科目の数などで実際の体感的な難易度ごとに順位化した場合、国公立大学を中心にワンランク上がる。

神(旧帝大レベル)

旧帝大+3

序列では最高位になる神レベルに該当するのは、国公立では東京大学、一橋大学、東京工業大学。

私立では医学部で有名な日本医科大学。

日本の最高学府である東大は言うまでもなく神レベル。首都圏だけでなく、全国でも序列では最高位。

文科1・2・3類、理科1・2・3類のいずれも超優秀。

偏差値ランキングでは医学部の理科3類が突出しているものの、大学全体で見てもすべての学部学科で他大学に劣らない。

一橋大・東工大も東大に次いで偏差値が高い大学。こららもまた「神」レベル。

前者は文系、後者は理系でどちらも「旧帝大」ではないが、それに準ずるほどの学校。大学の序列では最高ランクなのは確か。

貴族(早慶レベル)

早慶

東京大学、一橋大学、東京工業大学の次に来るのが「貴族」。最難関私大である早慶上智がここにランクイン。

国公立では、東京外国語大学、お茶の水女子大学、千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学、筑波大学。

私立では早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、国際基督教大学。早慶上智+ICUと捉えてよい。

旧帝大ほどの難易度ではないため、「神」レベルではない。

偏差値は学部学科ごとに異なるものの、一部では旧帝大に分類される大学と同じくらいのレベルになるところもある。

その一方、すべての学部学科で旧帝並みではない。受験科目も私大では3教科、国公立でも一部では軽量入試となっているため、このクラスが妥当と判断。

なお、大学名はいずれも世間一般で上位校と見なされる。就職等では大学名は有利に働く。

上流階級(上位国公立・MARCHレベル)

貴族レベルの次に来るのが「上流階級」。関東地方の大学の序列ではMARCHが代表格。

国公立では、電気通信大学、東京農工大学、東京都立大学(旧首都大学東京)、東京藝術大学、埼玉大学。

私立では明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学。

早慶上智ほどの難易度ではない。その一方、中堅大学よりが難易度が高い。

偏差値は学部学科ごとに異なるものの、一部では早慶レベルに分類されるところもある。しかし、平均すると劣るため、貴族レベルのワンランク下が妥当と判断。

旧帝大、早慶上智の滑り止めとして受験する人も結構多い。国公立でも早慶上智の滑り止めとして出願する事例が多い。辞退者が結構見られるのはこのため。

社会的な評価に関してはまだまだ高い。大学名は世間一般で上位校と見なされ、就職等でも一部の大手総合商社などを除けば大学名は有利に働く。

平民(中堅大学)

日東駒専

上流階級レベルの次に来るのが「平民」。名前の通り、上位でもなければ下位でもない中堅大学に当たるランク。「標準」「ふつう」と表現できる。

関東地方の大学の序列では日東駒専、成成明学が代表格。

国公立では、東京学芸大学、東京海洋大学、宇都宮大学、茨城大学、群馬大学。地方国公立大学(駅弁大学)がここに該当。

私立では、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)、成成明学(成蹊大学、成城大学、明治学院大学)が該当。

偏差値は学部学科ごとに異なるものの、平均すると難関大学ではない。

社会的な評価に関しては人によって分かれる。就職では特に私立大学は有利にはなりにくい。(不利にはならない)

国公立大学は同じ偏差値帯ではあるものの、ある程度学力がないと受験で合格できない制度もあって、幾分有利にはなりやすい。

平民レベルでは国公立と私立で天と地の差があるといっても過言ではない。

二級市民(下位大学)

いよいよ下位レベルに突入。中堅大学に満たないのが「二級市民」。名前の通り、大学の難易度で下がる。

「Fランク大学」ほどではないが、「D/Eランク」と表現にはなってくる。

関東地方の大学の序列では大東亜帝国が代表格。大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学などが該当。

国公立大学では「二級市民」に該当する大学はない。

社会的な評価に関しては世間一般では下がる。就職では有利にはまずならない。大手企業では不利に働く可能性が大きい。

奴隷(Fランク大学)

そして「Fランク大学」。今回の大学の序列での表現は「奴隷」。

上記の表には入っていない大学はここに該当すると考えてよい。

偏差値が40以下の大学は基本的にFランク大学。

無名の私立大学のほとんどがここに当たる。

社会的な評価は下がる。「勉強ができない」「頭が悪い」というイメージが付きやすい。

就職では大手企業を中心に不利に働きやすく、学歴フィルターでも引っかかる。

文系・理系のいずれもこの点では同じ。

どこからが難関大学?

難関大学

関東地方にて「難関大学」と見られる大学は、MARCH以上が目安。

国公立大学・私立大学ではそれぞれ次の通りになる。

難関国公立大学

東京大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学、お茶の水女子大学、千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学、筑波大学、電気通信大学、東京農工大学、東京都立大学(旧首都大学東京)、東京藝術大学、埼玉大学

難関私立大学

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学

同じMARCHの中でも各大学や学部学科によって入試の合格難易度を示す偏差値こそは異なるものの、大学ごとに考えるとほぼ同一。

国公立大学は特に首都圏(東京通勤圏内)ではほとんどが難関大学に該当。

日東駒専は難化しているが

ところで、最近では合格定員の厳格化によって日東駒専の各大学にて偏差値が上昇して難化する傾向が見られる。

特に著しい成長を見せているのが東洋大学。

近年では偏差値は60近くになりつつあり、学習院大学や法政大学に迫っている。

ただ、世間一般のイメージではまだまだ「中堅大学」と見なされる。

GMARCHの各大学のワンランク下との見方が一般的。「難関大学」という印象はない。

そのため、大学の序列としても東洋大学をはじめ日東駒専とGMARCHとの差は幾らか存在する。

Fランク大学はここ

Fランク大学

Fランク大学とは、目安としては「大東亜帝国」辺り未満のレベルのところ。

大学群としては以下が該当。

  • 関東上流江戸桜
  • 中東和平

さらに、規模がやや大きめの大学だが「Fランク」に該当するのは以下。

Fランク大学(関東地方)

関東学園大学、上武大学、流通経済大学、江戸川大学、桜美林大学、中央学院大学、東京国際大学、和光大学、平成国際大学、明星大学、大正大学、白百合女子大学、跡見学園女子大学、東京未来大学、日本社会事業大学、東京家政学院大学、文京学院大学、高千穂大学、東京富士大学、日本文化大学、多摩大学、城西国際大学、神奈川工科大学、東京工芸大学、 敬愛大学、了徳寺大学、麗澤大学、千葉商科大学、千葉経済大学

偏差値で「BF(ボーダーフリー)」にはなっていなくても、難易度が極めて低くて不合格になる受験生がほとんどいない。