【収入調査】WakatteTVの年収は約1,520万円、配分も考察

wakkattetv

学歴系YouTuber「WakatteTV」の年収は850万円と推定。広告収入のみで576万円から1,200万円の範囲には入る見込み。

ここから各種経費を差し引くと、高田ふーみん、びーやま(山火武)の2人でそれぞれ198~510万円になる。

動画の撮影および編集は外部の業者を利用しているため、実査の手取りは結構少なめになる。


過去3年間の年収の一覧

年月 推定年収
2020年 1,520万円
2019年 775万円
2018年 104万円

WakatteTVの各年度ごとの年収の目安は上記の通り。(1pv当たり0.25円と計算)

2020年は1,520万円と推定(チャンネル登録者数は約14万人)。再生回数は毎月約500万pvほどで推移し、近年は一貫して上昇傾向である。

順調にチャンネル登録者数を伸ばせば、2021年には1,500~2,000万円を超える見通し。

参考:【レベル別】YouTubeの再生回数と収入の目安とは!? ランクごとに

手取り額は590万円

WakatteTVの経費差引後の手取り額は約590円になる見込み。

上記の年収はあくまでも総収入であり、実際にはYouTube活動を行っていく上であらゆる出費がある。

これらは所得とはカウントされない。自由に使えるお金となるのが590万円である。

配分と経費

経費

WakatteTVの代表的な経費は以下だろう。

  • 動画撮影・編集:180万円
  • 交通費:50万円
  • 衣服代:2万円
  • 視聴者プレゼント:40万円
  • コンサルティング料:450万円(広告収入の30%)

合計すると約872万円程度の必要経費がかかっているものと考えられる。

WakatteTVは株式会社Suneightという外部業者に撮影および編集を委託している。1回の動画当たり10,000円ほどの出費があると推測。

動画の投稿頻度は原則2日に1回のため、年間で180回ほど。合計180万円の経費がここで発生。

さらに、交通費や衣服代、視聴者へのプレゼントの経費がかかる。

そして、コンサルティング料が加わる。ここでは、広告収入の30%くらいが取り分ではないかと考える。

もっとも、WakatteTVは音畑プロヂューサーの元で活動していることもあり、上記とは計算式が異なることが想定される。

 

高田ふーみん:375万円

WakatteTVの中心的な人物である高田ふーみんの手取り年収は約375万円。

WakatteTV全体の年間収入から必要経費を差し引き、さらに2等分した金額が手取りになるだろう。

月収に換算すると31万円。25歳前後の一般的な会社印の給料1ヵ月分程度に当たる。(年収÷12で計算した場合)

ただし、高田ふーみんの本業はYouTuberではなく武田塾での塾講師。YouTubeはあくまでも副業という位置づけ。

実際には個人の年収はもっと多い見込み。武田塾での年収が600万円と仮定すると、合計で1,000万円は超える計算になる。

《参考:【解説】出身大学別の平均年収を一覧化! 全体の傾向も

びーやま:375万円

WakatteTVのツッコミ担当のびーやま(山火武)の手取り年収も約375万円。

同様に、WakatteTV全体の年間収入から必要経費を差し引き、さらに2等分した金額が手取りになるはず。

高田ふーみんと同じく本業は武田塾での塾講師。ゆえに、実際には個人の年収はもっと多い見込み。

武田塾での年収が600万円と仮定すると、合計で1,000万円は軽くこえる計算になる。

カメラマンは固定給

ところで、WakatteTVの撮影と編集を担当しているカメラマン(北海学園大学出身)の収入は固定給。

株式会社Suneight所属のため、ここでの勤務による給与所得になる。

WakatteTVの再生回数やチャンネル登録者数の増減を問わず、収入は基本的に一律に固定。

収入源

WakatteTV単体での収入源は完全に動画再生による広告収入のみ。すなわち、Google Adsenseからの収益のみで活動している。

メンバーこそは武田塾での勤務による給与所得があるものの、WakatteTVはあくまでも独立したYouTubeチャンネル。

したがって、武田塾関連からの収入はWakatteTVの収入には計算しない。

広告収入

YouTube広告収入

Googleからの広告収入は1pv当たり0.25円になると予想。

WakatteTVの動画はほほすべてにおいて再生時間が10分以上。動画の途中にも広告を挿入できることから、10分未満の動画よりも格段に収益が上昇。

一般的なYouTubeでは0.07~0.3円と言われているものの、WakatteTVは比較的高い方に分類される。

なお、YouTubeでの広告配信による収入は取り扱うジャンルによって大きく異なる。動画の内容が高収益なビジネスに関連するものであると高い一方、ビジネスに直結しない内容だと低い。

WakatteTVは扱うのは大学受験や塾・予備校に関連したもの。教育ジャンルはやや高い傾向もあって、平均的なYouTuberよりは単価が高めになりやすいだろう。

企業とのタイアップについて

企業タイアップ

近年はYouTuberが企業とのタイアップを行う事例が増えている。企業の商品やサービスを紹介する内容の動画を投稿することで、その謝礼として依頼主から報酬を獲得する仕組み。「アフィリエイト」とも呼ばれる。

WakatteTVの場合は、このような企業とのコラボ企画はまったくない。

動画の内容が、偏差値の高い難関大学を称える一方、そうではない大学を見下すような内容で、一部の人が不快感を示すものであることが影響。

実際のところ、「法政大学第一志望ゼロ人説」を代表するような炎上事件もあるYouTubeチャンネルである。

ゆえに、今後も収入源は広告収入のみで続く可能性が大きい。


広告

おすすめ記事