ホワイト企業の残業時間の目安、月20時間が1つの基準に!?

残業時間月20時間の目安

ホワイト企業の残業時間の目安について、1か月当たりの時間外労働が合計で20時間未満であるかが1つの基準になる。従業員や社員の健康・体調を気遣う会社であれば、これくらいが1つの判断基準になるだろう。

実際問題として、毎日定時退勤を実現するのは難しい。ときには業務で急ぎを要する案件が発生することもあるだろう。そんな時は終業時刻を過ぎても居残りする必要が出てくる。

これらを含んだ場合の残業時間の許容範囲として、特に不満なく認められるのは月20時間ではないか。




残業時間=月20時間の目安

残業時間が1か月当たり20時間ということは、1日当たりで計算すれば約1時間程度の時間外労働ということになる。

出勤日数は完全週休二日制の会社であれば20日前後で推移する。実際にはその日その日で残業時間の長さは変わってくるが、30分~1時間半程度であればこの基準を満たすだろう。

多くても2時間程度が限度になる。3,4時間も残業して、自宅に帰るのが夜遅くの時間帯になるということはゼロにならないと達成できない。

残業時間が少ない会社

帰宅してからも家族と時間を過ごしたり、自分の趣味に時間を費やすことができるレベルになる。体力的に疲弊する可能性も低い水神に抑えられる。

自分の生活を一切犠牲にすることなく会社員として働けるのが月20時間以下の残業時間の目安ではないか。




月20時間以下の企業はある?

さて、木になるのが月20時間以下になるような企業は存在するかという疑問だ。残業時間の長さを基準にすれば、間違いなくホワイト企業に分類されるが、本当にそんな会社があるのか疑ってしまうかもしれない。

傾向としては、特に製造業や専門商社に目立つ。製造業の現場といえば工場であるが、ラインの稼働時間はしっかりと決まっているところが少なくない。

稼働時間に合わせて社員も出退勤する。メンテナンスなどがある場合は別だが、特に異常等がなければラインの稼働が終了したら帰宅できる可能性が大きい。

時間の管理がしっかり決まっていることで、勤務時間も延びにくいという性質を持っている。

参照:製造業はホワイト、それともブラック!? 働きやすい業種なのか?

専門商社についても、得意先の営業時間が決まっているため、比較的出退勤時間が安定しやすい。

スケジュールの調整もある程度は確定していて、夜遅くまで対応するというケースはあまりない。これにより、残業時間も短くなりやすい。

残業時間の目安のまとめ

残業時間の多さとその目安については、以下の表のようにになる。

残業時間(1か月) レベル 概要
10時間 ホワイト企業 かなり少なく、ホワイト企業
20時間 少しだけ忙しいことも 特に問題はなし
30時間 やや多め 帰宅時間が毎日遅め
40時間 多い 定時退勤はほとんどない
45時間 法律上の限界 36協定の上限

今回のテーマであるホワイト企業の基準を満たせると判断できる月20時間というのは、「少しだけ忙しい場合もあるが問題はない」というレベルに当たると考える。

参照:【階級別】残業時間の目安とは!? あなたはどのレベルになる?

おすすめ記事