ヤフーの平均年収は約750万円、賞与は年間5ヶ月分+α

ヤフー

ヤフーの平均年収は約750万円。賞与は年間約5ヶ月が支給。半期ずつベースが2.5ヶ月分+個人評価で支給額が決定。大手企業では一般的な水準。

職種別では、エンジニア、デザイナー、ビジネス(営業、事務等)いずれも約750万円になる模様。

最終学歴別では、院卒(修士了)が約800万円、大卒(学部卒)が約700万円。

全体としては情報通信業界、業界の中では若干低めの方に分類。


公式の平均年収は750万円

年収750万円の目安(上流階級)
ヤフーの平均年収
年度 平均年収
2019年 11,053,036円
2018年 7,651,473円
2017年 7,668,946円
2016年 6,822,859円
2015年 7,141,828円
2014年 6,517,011円
2013年 6,773,218円

ヤフーの従業員の平均年収は「有価証券報告書」にて公表されていて、2019年度では1,105万円(Zホールディングスで計算、ヤフー本体ではない)だが、それ以外の年度は700万円前後という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも600万円台後半から700万円台前半で推移。ここ最近は上昇傾向が見られる。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、住宅手当、家族手当、外務手当)などすべてが含まれている。

賞与は約5ヶ月分

賞与年間5ヶ月分

ヤフーの賞与は年間5ヶ月分

ヤフーの賞与は年間で5ヶ月分が支給。会社業績と個人業績で支給額が決定。

ベース2.5ヶ月分×評価係数(0.5〜1.4)が年2回(4月と10月に支給)という計算。

製造業のように「〇ヶ月分」に完全固定されているわけではなく、業績連動型で年度ごとに変動。その年度の会社の売上高などにも影響される。

さらに、個人評価も考慮される。成績の良い社員は高めの賞与がもらえ、そうではない社員は下げられる。

ただし、ベースが決まっている。評価が低い社員でも、このベース分は支給。評価が高い社員ほど追加でもらえる感じの仕組みとなっている。

勤続年数ごとの年収

ヤフーの勤続年数ごとの年収の目安は下記の通り。

  • 新卒採用3年目:450万円
  • 5年目:600万円
  • 7年目:700万円
  • 10年目:750万円
  • 15年目:850万円
  • 20年目:1,000万円

営業の社員の場合、勤続年数別の年収ベースの金額はこのような感じになる。

参考:【階級別】年収の目安とは!? レベル別に収入を偏差値化してみた!

年齢ごとの年収の目安

年収偏差値70

ヤフーで勤務する社員の年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

年齢別では、20代は400~600万円、30代は600~1,000万円、40代及び50代は700~1,500万円になるだろう。

職種・部門はエンジニア、デザイナー、ビジネスの3種類があるものの、給料体系に関してはそれぞれの違いはない。

したがって、全社員の給料体系の違いは特になく、勤続年数や役職が高い・低いを左右する要素となる。

管理職となれば、年収1,000万円は軽く超える。一般社員では最高でも800万円くらいが限度だろう。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

ヤフーの最終学歴ごとの平均年収は、院卒が800万円、大卒(学部卒)が700万円と推定。

最終学歴だけで初任給が大きく異なる。賞与も基本給を基に計算されるため、それぞれで差が出る。

次に初任給について。ヤフーは最終学歴ごとに金額が出ている。

ヤフーの初任給

  • 大学卒: 21.7万円
  • 修士卒: 23.4万円
  • 博士卒: 26.8万円

出典:マイナビ2021「ヤフー(株)」

本当の基本給に対する初任給に限ってみれば、ヤフーは一般的な企業と大差ない。


広告

おすすめ記事