Yahoo!ニュースを見るだけでウイルス感染!? 原因はこれだ!

ウイルスに感染したという表示

Yahoo!ニュースを見ただけでウイルスに感染したような画面が登場することが最近は多いようだ。

ヤフーニュースはポータルサイト会社であるヤフージャパンと新聞社やテレビ局から提供されている記事で構成されているため、悪質な業者が入れる余地がない。

それなのにスマートフォンやタブレット、パソコンからアクセスした途端にウイルスに感染したとかいう表示が現れる。




Googleを装ったウイルス

良くに目立つのがGoogleを利用した後に出てくる次のような文言である。

  • 「お使いのシステムは…のウィルスから極度なダメージを受けています」
  • 「お使いのバッテリーが有害な…のウィルスによって破損しています」
  • 「お使いのブラウザは重く…ウィルスによって破損しています」

こうした意味不明な言葉が並んでいて、画面の上の方にGoogleのロゴが入っている。もちろん、このグーグルのマークは偽物である。

スマホの場合はandroidでもiPhoneでもよく表示される事例は多発している。

この謎のウイルスの侵入源は広告媒体のようだ。グーグルもヤフーも広告媒体はほとんど同じ仕組みになっていることから、ウイルスもこれをうまく駆使して侵入していると考えられる。




Yahoo!ニュースは関係ない

ヤフーニュース

このようなウイルスに関する画面が表示された原因が、Yahoo!ニュースを見たからであるとは考えられない。

ヤフーは最大手クラスのポータルサイトということで、セキュリティ対策はしっかりとしているニュース記事を読んだからといって変なウイルスに端末が幹線するリスクはかなり小さい。

あくまでもニュースと連動している広告に問題がある。現在のところ、グーグルやヤフーではこのような悪質な発信者への対策を検討しているようだ。

もちろん、バッテリーやブラウザ、システムが破損しているとか書かれている画面が表示されたからといって、実際にはそうなっていない。完全なウソである。

もし画面が表示されたらどうする?

もしスマホの画面に○○が破損しているといったページに飛んでしまったらどうすればよいのか。

ウイルスの画面が表示された時

基本的には無視するのがベストである。ウイルスに感染したと感じた場合でも、一度ブラウザやアプリを閉じてみよう。そして、その後の対応は以下がよい。

  • ブラウザ・アプリのキャッシュの削除
  • インターネットの閲覧履歴の削除
  • 本体端末の再起動

できればこれまでの履歴やキャッシュも同時に削除するのが好ましい。こうすることで、スマホとインターネットがつながった状態がリセットされる。

ウイルスの発信源とのつながりも遮断できる。スマホやタブレット、パソコン本体を再起動させるのも1つの方法だろう。

おすすめ記事